調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 購買力平価

「購買力平価」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2014年12月3日日本総研フィードバック数:0社会/政治

為替相場展望2014年12月号:プラザ合意以降の購買力平価の経験則が通用しなくなったドル円相場。バランスシート拡大目標を公式に宣言したECBとユーロ相場

為替相場展望2014年12月号:プラザ合意以降の購買力平価の経験則が通用しなくなったドル円相場。バランスシート拡大目標を公式に宣言したECBとユーロ相場

2013年12月27日日本生産性本部★★フィードバック数:0ビジネス

国際比較も含みます。

日本の生産性の動向 2013年版

日本生産性本部(理事長:松川昌義)は「日本の生産性の動向2013年版」をまとめた。本書は、経済成長に向けた生産性の現状のほか、2012年度の日本の労働生産性の動向、OECDデータなどを用いた労働生産性の国際比較、主要国の全要素生産性(TFP)の動向をまとめたもの。主な内容は以下の通り。1.2012年度(年度ベース)の日本の名目労働生産性は756万円。実質労働生産性上昇率は+1.2%となり、前年度(+0.6%)を0.6%ポイント上回った。・2012年度の日本の名目労働生産性水準は756万円。実質労

2013年9月24日日本銀行フィードバック数:0社会/政治

(論文)購買力平価を利用したわが国のインフレ予想の計測の有用性について

日本銀行は、物価の安定と金融システムの安定を目的とする、日本の中央銀行です。 購買力平価を利用したわが国のインフレ予想の計測の有用性について2013年9月20日鎌田康一郎*1中島上智*2要旨本稿の目的は、購買力平価に基づいたインフレ予測の計測手法を紹介し、その性質について、理論と実証の両面から検討を加えることにある。購買力平価が成立するもとでは、自国の予想インフレ率は、外国の予想インフレ率に名目為替レートの予想減価率を加えたものに等しい。本稿では、この関係を用いて、5か国(米、英、豪、加、スウェ

2013年4月1日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

日本経済/円安はどこまで進むのか~産業平均均衡レートから得られる示唆~

 日本経済円安はどこまで進むのか─ 産業平均均衡レートから得られる示唆 ─日米の販売物価を基準にした購買力平価と、生産コストを基準にした均衡為替レートは、1990 年代終盤以降大きく乖離した。デフレ下における低価格競争の中、日本企業が利益マージンの圧縮により対応してきたことが背景にある。デフレから脱却し、日本企業が米国企業並みの適正な利益マージンを確保できるようになった環境下においては、1ドル=100円を超える円安水準も正当化されうると考えられる。の物価水準を均衡させる為替レートを計算するもの為

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
 

お知らせ