調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 購買力平価

「購買力平価」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2014年12月3日日本総研フィードバック数:0社会/政治

為替相場展望2014年12月号:プラザ合意以降の購買力平価の経験則が通用しなくなったドル円相場。バランスシート拡大目標を公式に宣言したECBとユーロ相場

為替相場展望2014年12月号:プラザ合意以降の購買力平価の経験則が通用しなくなったドル円相場。バランスシート拡大目標を公式に宣言したECBとユーロ相場

2014年2月20日日本総研フィードバック数:0社会/政治海外

ジレンマを抱えるユーロ ~ユーロの高止まり解消には、自助努力も必要

Research Focushttp://www.jri.co.jp2014 年 2 月 20 日No.2013-038ジレンマを抱えるユーロ~ユーロの高止まり解消には、自助努力も必要~調査部 研究員 井上肇《要 点》ユーロの堅調な推移が続いている。2012 年夏以降、ECBや域内各国による危機対応策が進展し、欧州債務問題に対する過度な懸念が薄らいだほか、2013 年夏以降は、ユーロ圏の景気が最悪期を脱したとの見方が広がった。こうしたなか、①域外からの対ユーロ圏投資が持ち直したこと、②域内金融

2013年12月27日日本生産性本部★★フィードバック数:0ビジネス

国際比較も含みます。

日本の生産性の動向 2013年版

日本生産性本部(理事長:松川昌義)は「日本の生産性の動向2013年版」をまとめた。本書は、経済成長に向けた生産性の現状のほか、2012年度の日本の労働生産性の動向、OECDデータなどを用いた労働生産性の国際比較、主要国の全要素生産性(TFP)の動向をまとめたもの。主な内容は以下の通り。1.2012年度(年度ベース)の日本の名目労働生産性は756万円。実質労働生産性上昇率は+1.2%となり、前年度(+0.6%)を0.6%ポイント上回った。・2012年度の日本の名目労働生産性水準は756万円。実質労

2013年9月24日日本銀行フィードバック数:0社会/政治

(論文)購買力平価を利用したわが国のインフレ予想の計測の有用性について

日本銀行は、物価の安定と金融システムの安定を目的とする、日本の中央銀行です。 購買力平価を利用したわが国のインフレ予想の計測の有用性について2013年9月20日鎌田康一郎*1中島上智*2要旨本稿の目的は、購買力平価に基づいたインフレ予測の計測手法を紹介し、その性質について、理論と実証の両面から検討を加えることにある。購買力平価が成立するもとでは、自国の予想インフレ率は、外国の予想インフレ率に名目為替レートの予想減価率を加えたものに等しい。本稿では、この関係を用いて、5か国(米、英、豪、加、スウェ

2013年4月4日日本総研フィードバック数:0社会/政治

為替相場展望2013年4月号

為替相場展望2013年4月    調査部 マクロ経済研究センターhttp://www.jri.co.jp/report/medium/publication/exchange目次◆為替相場概説・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・p.1◆ドル円、ユーロ相場の回顧・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・p.2◆コントラストが強まる日米の金融政策とドル円相場・・・・・・・・・・・・・・・・p.3◆先行き不透明感が強まる欧州情勢とユーロ相場・・・・・・・・・・

2013年2月7日日本総研★フィードバック数:4社会/政治

90~95円がリーズナブルとのことです。

円相場の適正水準を探る

Research Focushttp://www.jri.co.jp2013 年 2 月 6 日No.2012-020円相場の適正水準を探る― 90~95 円がリーズナブル。ただし、90 円超では円安デメリットも ―調査部 マクロ経済研究センター所長 牧田 健《要 点》 一本調子で進む円安に対して、わが国政府は「行き過ぎた円高の是正」にすぎないという姿勢を堅持。そこで、購買力平価や実質実効為替レートの観点から、円相場の適正水準を検討。 米国生産者物価、日本企業物価に基づく日米購買力平価をみる

2013年1月25日日本総研フィードバック数:2社会/政治

アベノミクスへの期待とドル円相場

Research Focushttp://www.jri.co.jp≪日米選挙後のドル円相場を展望する(下)≫2013 年 1 月 24 日No.2012-17アベノミクスへの期待とドル円相場調査部 研究員 井上 肇《要 点》今回の円安には、2つの側面がある。第1は、安倍政権下での日銀の金融緩和強化に対する期待などを背景に、円安期待を強めた海外投資家によって主導された円売りという側面である。為替差益を期待した取引であるとみられ、一段の円安が見込み薄となった時点でポジションの巻き戻しが生じてもお

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
 

お知らせ