「起源CO₂」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2015年3月11日経済産業研究所フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

総合エネルギー統計における石油精製部門のエネルギー・炭素収支の改善について

総合エネルギー統計における石油精製部門のエネルギー・炭素収支の改善について概要現行の総合エネルギー統計においては、石油精製部門のエネルギー・炭素収支について、原油などの投入側とガソリンなどの産出側の数量のみを基準としてこれを算定しており、投入と産出の差分は全て誤差としエネルギー消費やエネルギー起源CO₂排出の算定から除外している。しかし、重質油分解触媒の再生時に発生するオイルコークスの焼却分など、当該差分のうちエネルギー起源CO₂の排出源となっている部分が存在する可能性が環境省の関連検討会におい

2014年10月8日経済産業研究所フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

エネルギー源別標準発熱量・炭素排出係数の改訂案について - 2013年度改訂標準発熱量・炭素排出係数表(案) -

エネルギー源別標準発熱量・炭素排出係数の改訂案について - 2013年度改訂標準発熱量・炭素排出係数表 -概要経済産業省資源エネルギー庁・環境省地球環境局からの依頼により、資源エネルギー庁・環境省地球環境局が関連諸団体の協力を得て収集した各種エネルギー源の2013年度における成分組成・物性値や発熱量の実測値を用いて、標準発熱量・炭素排出係数を算定した。現行標準値と比較して今次の新たな算定値は以下の特徴を有するものである。 - 国内で使用されている各エネルギー源について、2013年度時点での成分組

2013年10月21日大和総研フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

排出量取引マーケットレポート 2013.10.18

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 排出量取引マーケットレポート 2013.10.18米国で発電所のCO₂規制案 ━実施までには曲折が予想される━ ◆マーケットサマリー(2013/9/20~2013/10/17)EUA価格は € 5の水準を挟んで一進一退◆関連トピック■米国で発電所のCO₂規制案 ━実施までには曲折が予想される━米国環境保護庁(EPA)から、火力発電所に対する二酸化炭素排出基準の見直し案が公表された。当初案 からの主な変

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
 

お知らせ