調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 輸入原材料

「輸入原材料」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2015年11月6日東京商工リサーチフィードバック数:0社会/政治

2015年10月「円安」関連倒産(速報値)

公開日付:2015.11.02 2015年のドル円相場は、6月2日に東京外国為替市場で2002年12月以来12年半ぶりに一時、1ドル=125円台をつけて円安が進行した。その後は一服をみせたが、8月に入って中国経済の減速懸念から金融市場が動揺した。8月24日のニューヨーク外国為替市場では、1ドル=116円台まで円が一転して急上昇するなど不安定さを強めた。10月のドル円相場は、前半は120円を割り込んで推移していたが、中国の金利引上げの発表などで一時1ドル=121円台まで円安が進んだりした。こうした

1月の中小企業月次景況調査

1月の中小企業月次景況調査(平成25年1月末現在) 《概 要》○1月の前年同月比DI値は、前月の前年同月比DI値と比べて8指標中「景況」「販売価格」「取引条件」の3指標が上昇、「売上高」「収益状況」等5指標が低下した。○中小企業の景況は、新政権への高い期待感が継続している一方、景気回復のムードがあれど実体経済への反映がされていない、円安による輸入原材料等の調達コストが上昇し収益を圧迫しているとの報告も見られる等、先行き不透明な状況が続いている。《詳細については、以下をご覧下さい》【今後3か月間

7月の中小企業月次景況調査

7月の中小企業月次景況調査(平成24年7月末現在) 《概 要》○7月の前年同月比DI値は、前月の前年同月比DI値と比 べて8指標中「景況」「収益状況」「取引条件」の3指標が 上昇、「売上高」「販売価格」「設備操業度」「雇用人員」 の4指標が低下した。○中小企業の景況は、依然として続く円高により輸入原材料 の価格が低下したことを受けてのコストダウン要請や取引先 の海外生産・調達が拡大することによる受注減少への懸念、 消費税増税等、先行きに不安を抱える状況が続いている。《詳細については、以下をご覧

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
 

お知らせ