「輸入増加」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2015年5月14日JETROフィードバック数:0ビジネス

日本・スイス間の貿易投資動向 ~日本・スイス経済協定(JSFTEPA)発効から5年を経過して~

日本・スイス間の貿易投資動向~日本・スイス経済連携協定(JSFTEPA)発効から 5 年を経過して~2015 年 5 月日本貿易振興機構(ジェトロ)ジュネーブ事務所海外調査部欧州ロシア CIS 課日本・スイス経済連携協定(JSFTEPA)が 2009 年 9 月に発効して 5 年余りが経過した。ジェトロでは、両国間の貿易・投資動向を発効前と現在とで比較し、この協定が両国間の貿易投資動向にもたらした効果を調べた。ここでは、スイス側統計(貿易は連邦関税局、投資はスイス国立銀行)を用い、基本的に協定発

ICT産業の貿易収支とサービス収支が示す課題

Issue(巻頭”論”)ICT産業の貿易収支とサービス収支が示す課題平田 正之(株)情報通信総合研究所 顧問 情報通信総合研究所では、情報通信(ICT)産業が日本経済に与える影響を把握するために「InfoCom ICT経済報告」を四半期毎に公表しています。2014年4-6月期について、9月に「ICT経済、想像以上だった消費税増税後の反動減―アベノミクス下での回復力が問われる来期―」との標題で発表したところです(詳しくは当社ホームページをご覧ください)。次回の7-9月期の報告発表は、この11月号の

2014年9月5日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治海外

BTMU Focus USA Diary:失業保険申請件数(8月30日〆週)、ADP雇用統計(8月)、労働生産性(2014年第2四半期;改定値)、財・サービス貿易収支(7月)、非製造業ISM指数(8月)

Economic ResearchUra Satoko 浦 賢子BTMU FOCUS USA Diarysura@us.mufg.jp三菱東京UFJ銀行 経済調査室ニューヨーク駐在情報September 4, 2014【米国経済指標】失業保険申請件数(8 月 30 日〆週):前週比+0.4 万件の 30.2 万件、失業保険受給者数(8 月 23 日〆週)同▲6.4 万人の 246.4 万人8 月 30 日〆週の新規失業保険申請件数は前週比+0.4 万件の 30.2 万件と、事前の市場予想新規失業

2014年3月31日日本総研フィードバック数:0社会/政治

わが国輸出入の構造変化を探る-貿易赤字はピークアウトも黒字化には時間

Research Focushttp://www.jri.co.jp2014年3月31日No.2013-046わが国輸出入の構造変化を探る― 貿易赤字はピークアウトも黒字化には時間 ―調査部 副主任研究員 下田 裕介《要 点》◆ わが国景気は回復傾向が続いているものの、景気のけん引役は政策効果をはじめとする内需で、外需は低迷。輸出は横ばいで推移する一方、輸入は総じて増勢が続いており、貿易収支は赤字が持続。貿易赤字は、円相場の下落による輸出の数量押し上げ効果から、収支が改善すると期待されたものの、

2014年3月17日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

[みずほ日本経済情報]2014年3月号

みずほ日本経済情報2014年3月号[日本経済の概況]◆日本経済は回復している。ただし、経済の活動水準は、潜在生産量(物価変動に対して中立的とみられる生産量)を引き続き下回っている。◆先行きの日本経済は、消費増税の影響から一時的に落ち込むとみられる。輸出は、海外経済の回復や円安に加えて、消費増税に伴う内需減少を受けた輸出強化の動きが押し上げ要因となり、増加する見通しである。設備不足感の高まりなどを受けて、設備投資は緩やかな増加が続くだろう。個人消費は駆け込み需要の反動から一時的に大幅に落ち込むが、

2013年9月5日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治海外

BTMU Focus USA Diary:財・サービス貿易収支(7月)

Economic ResearchUra Satoko 浦 賢子BTMU FOCUS USA Diarysura@us.mufg.jp三菱東京UFJ銀行 経済調査室ニューヨーク駐在情報September 4, 2013【米国経済指標】財・サービス貿易収支(7 月):赤字額 391.5 億ドル、前月比+13.3%、輸出同▲0.6%、輸入同+1.6%7 月の財・サービス貿易収支赤字(国際収支米国貿易収支の推移ベース)は前月比+13.3%の 391.5 億ドルと、6(億ドル)800月の同▲21.0%、

2013年8月12日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

[みずほ日本経済情報]2013年8月号

みずほ日本経済情報2013年8月号[日本経済の概況]◆日本経済は回復している。ただし、経済の活動水準は、潜在生産量(物価変動に対して中立的とみられる生産量)を引き続き下回っている。◆先行きの日本経済は、回復が続くとみられる。円安の数量効果が徐々に強まり、輸出は増加基調が続く見通しである。景気対策関連の公共事業が順次執行され、公共投資の増勢はさらに強まるであろう。雇用・所得環境や消費者マインドの改善を受けて、個人消費も緩やかな拡大を維持する見通しである。企業収益の改善が続く中、設備投資も増加に転じ

2013年5月19日経済産業研究所フィードバック数:3社会/政治

輸入増加の影響:我が国製造業企業の国際化企業と国内企業の比較

輸入増加の影響:我が国製造業企業の国際化企業と国内企業の比較概要高度な経済成長を安定的に維持している新興国は、世界貿易における比重を増しつつあるとともに、従来我が国のような先進国が競争力を有していた産業においても輸出力を強化している。近年の貿易理論・実証の成果を踏まえると、新興国からの輸入増に対する企業の対応として、生産縮小や市場からの退出の他に、輸出等国際活動を通じて存続・発展を図る可能性もありえる。一方、国際化の属性に関係なく輸入の影響が産業全体に均等に及んでいるかもしれず、そのような場合国

2013年3月15日みずほ総合研究所フィードバック数:7社会/政治

円安が日本経済に及ぼす影響

みずほインサイト日本経済2013 年 3 月 14 日円安が日本経済に及ぼす影響みずほ総合研究所経済調査部03-3591-1243○ 2012年の経済・貿易構造を前提にすると、円安の進行によってGDP・企業収益は増加する。貿易収支の赤字は拡大するが、所得収支の改善によって経常黒字は増加する。○ 貿易収支が悪化しても、輸出増による国内生産誘発分を勘案すれば円安は日本経済にとってプラス。しかし、極端な円安進行は輸出企業とそれ以外の業績二極化を招くリスク○ 海外景気の回復を織り込むと貿易赤字は2012

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
 

お知らせ