「輸入減少」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2014年6月16日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

[みずほ日本経済情報]2014年6月号

みずほ日本経済情報2014年6月号[日本経済の概況]◆日本経済は、消費増税の影響で一時的に落ち込んでいるが、一部に持ち直しの動きもみられる。経済の活動水準は、潜在生産量(物価変動に対して中立的とみられる生産量)を引き続き下回っている。◆先行きの日本経済は、消費増税後の落ち込みから徐々に持ち直していくとみられる。駆け込み需要の反動が薄れるにつれて、個人消費が回復する見込みである。他方、輸出は海外経済の回復や円安を背景に増加するが、そのペースは緩やかであろう。先行指標が夏場の投資減速を示唆しているた

2014年1月17日大和総研フィードバック数:0社会/政治

これからは純輸出もGDPの押し上げ要因に

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 これからは純輸出もGDPの押し上げ要因に現れ始めたシェール革命の好影響 ◆2013年10-12月期の実質GDP成長率は、コンセンサス予想よりも上振れする可能性がある。理由として、貿易赤字の縮小が挙げられる。◆輸出は海外経済の回復によって拡大し、輸入も国内の成長により拡大したものの、石油輸入の減少が輸入全体の増加を抑え、貿易収支の赤字幅は縮小した。シェール革命の恩恵が現れ始めたと言えるだろう。◆エネルギ

2014年1月8日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治海外

BTMU Focus USA Diary:財・サービス貿易収支(11月)

Economic ResearchBTMU FOCUS USA DiaryUra Satoko 浦 賢子sura@us.mufg.jp三菱東京UFJ銀行 経済調査室ニューヨーク駐在情報January 7, 2014【米国経済指標】財・サービス貿易収支(11 月):赤字額 342.5 億ドル、前月比▲12.9%、輸出同+0.9%、輸入同▲1.4%11 月の財・サービス貿易収支赤字(国際収支ベ米国貿易収支の推移ース)は前月比▲12.9%の 342.5 億ドルと、10 月(億ドル)800に続き大幅に縮

2013年3月4日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

中国の製造業PMI はともに低下(Asia Weekly (2/25~3/1)) ~アジアでは商品市況の上昇がインフレ要因になりつつある~

1/7ASIA Indicators定例経済指標レポート中国の製造業 PMI はともに低下(Asia Weekly (2/25~3/1))~アジアでは商品市況の上昇がインフレ要因になりつつある~発表日:2013 年 3 月 1 日(金)第一生命経済研究所 経済調査部主任エコノミスト 西濵 徹(03-5221-4522)○経済指標の振り返り発表日指標、イベントなど結果コンセンサス前回+3.6%+4.0%+4.3%(香港)1 月輸出(前年比)+17.6%+18.6%+14.4%1 月輸入(前年比)+

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
 

お知らせ