「輸入物価」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

2015年1~3月期GDP(一次速報)の結果から

2015/05/26経済・社会政策部 片岡剛士5月20日に内閣府から2015 年1~3月期GDP(一次速報)が公表された。そして今回、2015年1~3月期の値が明らかになったことで同時に2014 年度のGDP 統計が新たに公表されている。結果をみると、1~3月期の実質GDP 成長率(季節調整済前期比)は+0.6%(年率+2.4%)、名目GDP 成長率は+1.9%(年率+7.7%)となった。また2014 年度の実質GDP 成長率は-1.0%、名目GDP 成長率は+1.4%となった。四半期単位では2

2015年4月30日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

FOMC 利上げにはドル高是正も必要に

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 FOMC 利上げにはドル高是正も必要にエネルギー以外の輸入物価の下落を懸念 2015年4月30日ニューヨークリサーチセンター シニアエコノミスト 土屋 貴裕◆2015年4月開催のFOMC(連邦公開市場委員会)では、事実上のゼロ金利政策の維持を決定した。3月のFOMCで4月の利上げ開始の可能性が低いとしたことで、ゼロ金利政策維持は想定通りの結果となった。◆経済の現状認識は下方修正された。一時的要因を一部

2015年3月30日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

[みずほ米国経済情報]2015年3月号

みずほ米国経済情報2015年3月号[米国経済の概況]◆米国経済は踊り場にある。雇用は力強いが、製造・輸出部門に弱さがみられる。◆2月の経済指標には西海岸の労働争議や寒波という一時的要因によって下押しされているものがあるようだ。こうした影響は今後剥落していく。◆警戒すべきは急速に進んできたドル高による生産・輸出への影響と、原油安を受けた石油産業の調整の広がりである。◆金融政策ではフォワードガイダンスから「忍耐」の文字が消えた。最初の利上げ時期と利上げ後の金利パスに当局と市場の関心が向けられている。

2015年2月25日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

[みずほ米国経済情報]2015年2月号

みずほ米国経済情報2015年2月号[米国経済の概況]◆米国経済は昨年終盤に踊り場に入った。民間最終需要の鈍化と外需の悪化が要因である。◆踊り場は長引かないだろう。個人消費は雇用環境の改善と原油安に支えられて堅調さを保つとみられ、企業の設備投資は安定しつつある。◆下振れリスクは3つある。①住宅市場のボトルネック問題と寒波の影響、②エネルギー産業の調整、③ドル高と海外経済の減速である。◆金融政策の焦点は物価シフトが鮮明となった。またフォワードガイダンスの修正と利上げ判断の結びつきが弱められ、ガイダン

2014年11月17日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治海外

BTMU Focus USA Diary:小売売上(10月)、輸入物価(10月)、企業在庫(9月)

BTMU Focus USA Diary:小売売上(10月)、輸入物価(10月)、企業在庫(9月)

2014年10月17日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

[みずほ日本経済情報]2014年10月号

みずほ日本経済情報2014年10月号[日本経済の概況]◆日本経済は、消費増税後の落ち込みから持ち直しつつある。足元の経済指標をみると、雇用・所得関連が改善傾向を維持する一方で、生産の弱含みや個人消費の回復の鈍さが続いている。経済の活動水準は、潜在生産量(物価変動に対して中立的とみられる生産量)を引き続き下回っている。◆先行きの日本経済は、消費増税後の落ち込みから持ち直し、緩やかな回復軌道に復するとみられる。個人消費は、雇用者所得の回復が支えとなる中で、緩やかに回復する見込みである。設備投資も、1

2014年10月14日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治海外

BTMU Focus USA Diary:輸入物価(9月)

BTMU Focus USA Diary:輸入物価(9月)

2014年5月14日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治海外

BTMU Focus USA Diary:小売売上(4月)、輸入物価(4月)、企業在庫(3月)

Economic ResearchUra Satoko 浦 賢子BTMU FOCUS USA Diarysura@us.mufg.jp三菱東京UFJ銀行 経済調査室ニューヨーク駐在情報May 13, 2014【米国経済指標】小売売上(4 月):前月比+0.1%、自動車関連を除くと同 0.0%、自動車、ガソリン、建材・園芸用品を除くと同▲0.2%4 月の小売売上及び飲食サービスは前月比+0.1%と、事前の市場予想(Bloomberg 調査)である同+0.4%を下回った。小幅増加に留まった小売売上の

2014年3月18日内閣府フィードバック数:0社会/政治

月例経済報告(平成26年3月)

(平成26年3月)−景気は、緩やかに回復している。また、消費税率引上げに伴う駆け込み需要が強まっている。−先行きについては、輸出が持ち直しに向かい、各種政策の効果が下支えするなかで、家計所得や投資が増加し、景気の回復基調が続くことが期待される。ただし、海外景気の下振れが、引き続き我が国の景気を下押しするリスクとなっている。また、消費税率引上げに伴う駆け込み需要の反動が見込まれる。平成26年3月17日内閣府[参考]先月からの主要変更点基調判断政策態度2月月例景気は、緩やかに回復している。・個 人

2014年3月14日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治海外

BTMU Focus USA Diary:失業保険申請件数(3月8日〆週)、小売売上(2月)、輸入物価(2月)、企業在庫(1月)

Economic ResearchUra Satoko 浦 賢子BTMU FOCUS USA Diarysura@us.mufg.jp三菱東京UFJ銀行 経済調査室ニューヨーク駐在情報March 13, 2014【米国経済指標】失業保険申請件数(3 月 8 日〆週):前週比▲0.9 万件の 31.5 万件、失業保険受給者数(3 月 1 日〆週)同▲4.8 万人の 285.5 万人3 月 8 日〆週の新規失業保険申請件数は前週比▲0.9 万件の 31.5 万件と、33 万件へ増加する新規失業保険申

2014年2月18日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

中国輸出入は予想外に拡大(Asia Weekly (2/10~2/14)) ~景況感指数との齟齬を勘案すれば、勢いは続かないであろう~

1/6ASIA Indicators定例経済指標レポート中国輸出入は予想外に拡大(Asia Weekly (2/10~2/14))~景況感指数との齟齬を勘案すれば、勢いは続かないであろう~発表日:2014 年 2 月 14 日(金)第一生命経済研究所 経済調査部主任エコノミスト 西濵 徹(03-5221-4522)○経済指標の振り返り発表日指標、イベントなど結果コンセンサス前回+4.8%+5.5%+3.7%(台湾)1 月輸出(前年比)▲5.3%▲0.5%+1.2%1 月輸入(前年比)▲15.2%

2014年1月16日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治海外

BTMU Focus USA Diary(2014年1月14日):小売売上(12月)、企業在庫(11月)、輸入物価(12月)

Economic ResearchUra Satoko 浦 賢子BTMU FOCUS USA Diarysura@us.mufg.jp三菱東京UFJ銀行 経済調査室ニューヨーク駐在情報January 14, 2014【米国経済指標】小売売上(12 月):前月比+0.2%、自動車関連を除くと同+0.7%、自動車、ガソリン、建材・園芸用品を除くと同+0.7%12 月の小売売上及び飲食サービスは前月比+0.2%と、自動車・部品売上の減少により、10月及び下方修正された 11 月の伸びから鈍化。小売売上

2013年12月28日共立総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

2014年東南アジア経済の見通し

FOCUS2014 年東南アジア経済の見通し2インドネシアが続くと予測されるため、民間消費、投資とも伸びが抑制現地通貨安とインフレが成長の足かせにされると見込まれる。産業を見ると、2013年の製造業は堅調な伸びを維持した(1)経済成長率の見通し1タイ成長は一服も底堅く推移(1)経済成長率の見通し2013年の実質GDP成長率は第1四半期が前年同期比投資などが鈍化した。2014年は輸出回復を背景に投資は+6.0%、第2四半期同+5.8%、第3四半期同+5.6%と小幅な回復すると見込まれる。がら減速傾

2013年12月17日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治海外

BTMU Focus USA Diary:失業保険申請件数(12月7日〆週)、連邦政府職員向け失業保険申請件数(11月30日〆週)、小売売上(11月)、輸入物価(11月)、企業在庫(10月)

Economic ResearchUra Satoko 浦 賢子BTMU FOCUS USA Diarysura@us.mufg.jp三菱東京UFJ銀行 経済調査室ニューヨーク駐在情報December 12, 2013【米国経済指標】失業保険申請件数(12 月 7 日〆週):前週比+6.8 万件の 36.8 万件、失業保険受給者数(11 月 30 日〆週)同+4.0 万人の 279.1 万人12 月 7 日〆週の新規失業保険申請件数は前新規失業保険申請件数の推移週比+6.8 万件の 36.8 万

2013年11月12日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

インドネシア、投資・外需鈍化が景気の足かせ(Asia Weekly (11/4~11/8)) ~中国の輸入を巡り、内需の底堅さもうかがえる様相に~

1/5ASIA Indicators定例経済指標レポートインドネシア、投資・外需鈍化が景気の足かせ(Asia Weekly (11/4~11/8))~中国の輸入を巡り、内需の底堅さもうかがえる様相に~発表日:2013 年 11 月 8 日(金)第一生命経済研究所 経済調査部主任エコノミスト 西濵 徹(03-5221-4522)○経済指標の振り返り発表日指標、イベントなど結果コンセンサス前回11/4(月) (豪州)9 月小売売上高(前月比/季調済)+0.8%+0.4%+0.5%11/5(火) (台

2013年11月5日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

中国、10月の景気は再加速している模様(Asia Weekly (10/28~11/1)) ~中国景気の再加速は、アジア新興国にプラスの効果を与える可能性~

1/7ASIA Indicators定例経済指標レポート中国、10 月の景気は再加速している模様(Asia Weekly (10/28~11/1))~中国景気の再加速は、アジア新興国にプラスの効果を与える可能性~発表日:2013 年 11 月 1 日(金)第一生命経済研究所 経済調査部主任エコノミスト 西濵 徹(03-5221-4522)○経済指標の振り返り発表日指標、イベントなど結果コンセンサス前回10/28(月) (タイ)9 月製造業生産(前年比)▲2.9%▲0.2%▲2.8%10/29(火

2013年11月3日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

アジア経済マンスリー(2013年10月) ~市場混乱再燃のリスクはあるが、中長期を見据えた課題克服の必要性は不変~

1/24AsiaTrendsマクロ経済分析レポートアジア経済マンスリー(2013年10月)~市場混乱再燃のリスクはあるが、中長期を見据えた課題克服の必要性は不変~発表日:2013年10月29日(火)第一生命経済研究所 経済調査部担当西濵 徹(03-5221-4522)《各国経済の現状判断》方向性コメント中国景気の減速基調が続いてきたが、先進国の景気底打ちを受けて外需に回復感が出ており、インフラなどの投資拡大も景気を押し上げている。ただし、従来型の成長モデルを脱していない上、不動産市況の高騰懸念も

2013年10月24日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治海外

BTMU Focus USA Diary:輸入物価(9月)

BTMU Focus USA Diary:輸入物価(9月)

2013年10月1日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

アジア経済マンスリー(2013年9月) ~「時間的猶予」を貰ったアジア新興国、資金流出への対応強化は引き続き課題~

1/24AsiaTrendsマクロ経済分析レポートアジア経済マンスリー(2013年9月)~「時間的猶予」を貰ったアジア新興国、資金流出への対応強化は引き続き課題~発表日:2013年9月27日(金)第一生命経済研究所 経済調査部担当西濵 徹(03-5221-4522)《各国経済の現状判断》方向性コメント中国景気の減速基調が強まってきたが、足下では構造改革による悪影響を懸念する姿勢が強まる中、先進国景気の緩やかな拡大を受けて外需も底入れし、投資拡大も景気を押し上げている。一方、回復の持続性には不透明

2013年10月1日内閣府フィードバック数:0社会/政治海外

インド:景気の減速と金融資本市場における動向

今週の指標 No.1080 インド:景気の減速と金融資本市場における動向 ポイント2013年9月30日インドでは13年4~6月期の実質GDP成長率が前年比4.4%と落ち込み、景気は減速している(図1)。また5月下旬にFRBの金融緩和縮小観測が生じて以来、新興国をめぐる国際金融資本市場は大きく変動し、なかでもルピーの下落幅は比較的大きいものとなっている(図2)。海外機関投資家の売買データをみると、9月は株式買越し等の落ち着きもみられるが、6月以降売越しに転じるといった資金流出がみられていた(図3)

2013年8月20日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

インド、インフレ再燃懸念で政策対応は隘路に(Asia Weekly (8/12~8/16)) ~シンガポール政府は今年の成長率見通しを上方修正~

1/6ASIA Indicators定例経済指標レポートインド、インフレ再燃懸念で政策対応は隘路に(Asia Weekly (8/12~8/16))~シンガポール政府は今年の成長率見通しを上方修正~発表日:2013 年 8 月 16 日(金)第一生命経済研究所 経済調査部主任エコノミスト 西濵 徹(03-5221-4522)○経済指標の振り返り発表日指標、イベントなど結果コンセンサス前回+3.5%+3.7%※+11.6%--▲4.6%▲6.2%--▲0.4%7 月消費者物価(前年比)+9.64%

2013年8月14日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治海外

BTMU Focus USA Diary:小売売上(7月)、輸入物価(7月)、企業在庫(6月)

BTMU Focus USA Diary:小売売上(7月)、輸入物価(7月)、企業在庫(6月)

2013年8月6日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

中国の製造業景況感、どちらが実感に近い!?(Asia Weekly (7/29~8/2)) ~インドネシア、燃料価格引き上げの影響が一段と明確に~

1/6ASIA Indicators定例経済指標レポート中国の製造業景況感、どちらが実感に近い!?(Asia Weekly (7/29~8/2))~インドネシア、燃料価格引き上げの影響が一段と明確に~発表日:2013 年 8 月 2 日(金)第一生命経済研究所 経済調査部主任エコノミスト 西濵 徹(03-5221-4522)○経済指標の振り返り発表日指標、イベントなど結果コンセンサス前回▲2.6%▲1.1%▲1.3%7.25%7.25%7.25%4.00%4.00%4.00%+2.27%+2.1

2013年5月28日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

中国、内外需鈍化でPMIは7ヶ月ぶり50 割れ(Asia Weekly (5/20~5/24)) ~タイは復興需要の息切れでマイナス成長、利下げ圧力が高まる見通し~

1/6ASIA Indicators定例経済指標レポート中国、内外需鈍化でPMIは7ヶ月ぶり 50 割れ(Asia Weekly (5/20~5/24))~タイは復興需要の息切れでマイナス成長、利下げ圧力が高まる見通し~発表日:2013 年 5 月 24 日(金)第一生命経済研究所 経済調査部主任エコノミスト 西濵 徹(03-5221-4522)○経済指標の振り返り発表日指標、イベントなど結果コンセンサス前回+5.3%+6.0%+19.1%▲1.1%▲1.5%▲6.6%3.5%3.5%3.5%5

2013年4月1日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

アジア経済マンスリー(2013年3月) ~BRICS開銀は新興国の「救世主」足りえるか~

1/24AsiaTrendsマクロ経済分析レポートアジア経済マンスリー(2013年3月)~BRICS開銀は新興国の「救世主」足りえるか~発表日:2013年3月29日(金)第一生命経済研究所 経済調査部担当西濵 徹(03-5221-4522)《各国経済の現状判断》方向性コメント中国足下では景気の底離れが進んでいるものの、以前の勢いはなく一進一退の状況が続いている。1-2月は政府の綱紀粛正策の影響も個人消費の抑制に繋がったと思われるが、バランス重視の安定成長を目指す動きが進むと期待される。インド物価

2013年3月15日内閣府フィードバック数:9社会/政治

月例経済報告(平成25年3月)(閣僚会議資料)

月例経済報告等に関する関係閣僚会議資料平成25年3月15日内閣府景気は、一部に弱さが残るものの、このところ持ち直しの動きがみられる。先行きについては、当面、一部に弱さが残るものの、輸出環境の改善や経済対策、金融政策の効果などを背景に、マインドの改善にも支えられ、次第に景気回復へ向かうことが期待される。(リスク要因)・海外景気の下振れが、引き続き我が国の景気を下押しするリスク。・雇用・所得環境の先行きにも注意が必要。等政府は、日本経済を大

2013年2月17日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治海外

BTMU Focus USA Diary:小売売上(1月)、企業在庫(12月)、輸入物価(1月)

BTMU Focus USA Diary:小売売上(1月)、企業在庫(12月)、輸入物価(1月)

2011年10月4日内閣府フィードバック数:4社会/政治

原油価格の消費者物価に与える影響について

今週の指標 No.1012 原油価格の消費者物価に与える影響についてポイント2011年10月3日 最近の消費者物価指数(生鮮食品を除く総合:以下コアCPI)の前年比を見ると、平成17年基準から平成22年基準への基準改定により平均0.6%ポイントの下方修正となったが、先月発表された平成22年基準8月のコアCPIの前年比は「エネルギー」、「サービス」の上昇が寄与し、0.2%の上昇となった。中でも「エネルギー」の寄与は2010年3月からプラスに転じ、最近まで増加傾向にある。(図1)。 寄与度を高めてい

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
 

お知らせ