「輸入車」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

平成27年(2015年)08月の中古車統計レポート(輸入車)

平成27年(2015年)08月の中古車統計レポート(輸入車) 2015年08月の輸入中古車市場概要国産車同様、販売台数を減少させた2015年8月の販売台数。前月より30台近く減少しています。ボディタイプ別販売割合を見てみるとコンパクト/ハッチバックタイプが最も大きな割合を占め、次にステーションワゴン、セダン/ハードトップ、クーペ、SUV/クロカンと続きます。前月と比較しながら車種ごとの販売台数を見てみると、販売台数の増減が特別大きかった車種はありませんでした。ただし、どの車種の販売台数もやや減少

平成27年(2015年)04月の中古車統計レポート(輸入車)

平成27年(2015年)04月の中古車統計レポート(輸入車) 2015年04月の輸入中古車市場概要2015年4月の中古輸入車市場は、国産車同様、販売台数が減少しています。ボディタイプ別販売割合を見てみると、人気順は前月と同じですが、セダン/ハードトップの割合が8.7%増加していることが分かります。そんなセダン/ハードトップで人気だった車種は、BMWの320i、メルセデス・ベンツのS500 ロング、アウディのA8です。一番人気の320iは、販売台数7台を記録しました。また、ボディタイプの割合順では

2015年4月13日国土交通省★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

年間のまとめです。

平成26年度のリコール届出件数及び対象台数について

平成26年度のリコール届出件数及び対象台数について 平成27年4月10日平成26年度における自動車のリコール届出は、国産車と輸入車を合わせて、総届出件数355件(対前年度52件増)、総対象台数9,557,888台(対前年度1,579,249台増)でした。 国土交通省自動車局審査・リコール課リコール監理室  TEL:(03)5253-8111 (内線42355) PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Acrobat Readerが必要です。左のアイコンをクリックしてA

平成27年(2015年)02月の中古車統計レポート(輸入車)

平成27年(2015年)02月の中古車統計レポート(輸入車) 2015年02月の輸入中古車市場概要2015年2月の中古輸入車の販売台数は、197台。増税後、最も多い販売数を記録した月となりました。中でも今月一番多く販売され、輸入車の売り上げに貢献したのがBMWのミニです。前月より10台も多く販売されました。そんなことも影響して、ボディタイプ別の販売割合で最も大きな割合を占めているのは、コンパクト/ハッチバックタイプの車でした。ところで、車を購入する際、ボディカラーも重要な指標になると思います。ミ

平成26年(2014年)12月の中古車統計レポート(輸入車)

平成26年(2014年)12月の中古車統計レポート(輸入車) 2014年12月の輸入中古車市場概要2014年12月の中古輸入車の販売台数は、前月より若干減少しました。ボディタイプ別の売れ行きでは、販売割合の大きなものから、コンパクト/ハッチバック、SUV/クロカン、ステーションワゴン、セダン/ハードトップと続き、前月までと大きな変化はありません。しかし、続く5番目に販売割合の大きいボディタイプは、ここ数ヶ月あまり目立って姿を見せなかったオープンカーでした。オープンカーは、晴れた日には太陽を浴び、

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
 

お知らせ