「輸入食品」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2015年6月26日マイボイスコムフィードバック数:0ライフスタイル

マイボイスコム 食の安全(5)

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへ食の安全に対して不安を感じている人は全体の6割強。不安を感じる上位3位は「添加物」「残留農薬」「輸入食品の安全性」。2012年と比べ、「異物・毒物の混入」が増加、「食品の放射能汚染」は、大きく減少 不安を感じている食品・飲料の上位は「肉の加工品」「精肉」「魚介類」「野菜」「水産加工品」など。2012年と比べ、「肉の加工品」「冷凍食品」などが増加、「魚介類」「野菜」「キノコ類」「米、もち」「水道水」などが減少 食品の品質表示等について信頼して

2014年3月19日日本政策金融公庫フィードバック数:0ライフスタイル

平成25年度下半期消費者動向調査

平 成 26 年 4 月 1 日株式会社日本政策金融公庫ニュースリリースの訂正とお詫び平成 26 年3月 18 日付で公表しました平成 25 年度下半期消費者動向調査(食の志向)のニュースリリースにおいて、下記の記載内容に誤りがありました。深くお詫び申し上げますとともに、別添のとおり、ニュースリリースを訂正いたします。記【訂正箇所】P10~13図7「国産食品の輸入食品に対する価格許容度」の品目別グラフ((1)米、(2)野菜、(3)きのこ、(4)果物、(5)牛肉、(6)豚肉、(7)鶏肉、(8)魚介

2013年9月5日日本政策金融公庫★フィードバック数:0ライフスタイル

食の志向についての調査です。

安全・国産志向が顕著に回復 「割高でも国産を選ぶ」消費者増加 - 日本公庫・平成25年度上半期消費者動向調査 -

ニュースリリース平成25年9月4日株式会社日本政策金融公庫消費者:食の志向安全・国産志向が顕著に回復「割高でも国産を選ぶ」消費者増加- 日本公庫・平成25年度上半期消費者動向調査 -株式会社日本政策金融公庫(略称:日本公庫)農林水産事業が7月に実施した平成 25年度上半期消費者動向調査で、消費者の食の安全や国産志向が回復傾向にあることがわかりました。しかも値段が割高でも国産を選ぶ消費者が増えたことが特徴的です。詳細は以下のとおりです。<調査結果のポイント>○ 「安全」「国産」「美食」志向が上昇、

2013年3月13日日本政策金融公庫★★フィードバック数:3ライフスタイル

食生活における志向や意識についての調査です。

平成24年度下半期消費者動向調査 消費者の食の志向や国産品に対する意識

ニュースリリース平成25年3月12日株式会社日本政策金融公庫消費者:食の志向健康志向が調査開始以来最高、特に70歳代の上昇顕著国産「安全」イメージは原発事故前水準まで回復- 日本公庫・平成24年度下半期消費者動向調査結果 -日本政策金融公庫(日本公庫)農林水産事業が1月に実施した平成 24 年度下半期消費者動向調査で消費者の食の志向や国産品に対する意識について調査したところ、健康志向が調査開始以来最高を更新し、特に 70 歳代において高い志向となっていることが分かりました。詳細は以下のとおりです

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
 

お知らせ