調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 輸出シェア

「輸出シェア」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2015年3月28日日本銀行フィードバック数:0社会/政治

(日銀レビュー)わが国の輸出を取り巻く環境変化:世界貿易量と輸出シェアからのアプローチ

ワーキングペーパー・日銀レビュー・日銀リサーチラボ ENGLISHわが国の輸出を取り巻く環境変化:世界貿易量と輸出シェアからのアプローチ2015年3月26日 調査統計局 倉知善行、安藤雅俊、庄子可那子**現神戸支店要旨わが国の輸出は、リーマン・ショック以降、勢いを欠く状態が続いてきた。本稿では、この間の輸出動向について、「世界的な貿易量」と「それに占める日本のシェア」に分解して考察する。その結果、(1)世界的な貿易活動の伸び悩みに加え、(2)情報関連分野における趨勢的な競争力低下、(3)グローバ

2015年2月1日日本農業研究所フィードバック数:0ライフスタイル

BEC分類による食料品の国際貿易構造の変化

日本農業研究所研究報告『農業研究』第27号(2014年)p.365~395BEC分類による食料品の国際貿易構造の変化―国際貿易マトリックスによる比較分析―大 賀 圭 治目   次はじめに―背景と課題―1.データと方法 (1)BEC1類食料品・飲料の4分類 (2)対象国・集計グループ2.食料品・飲料(BEC1類)構造の国際貿易の変化 (1)食料品・飲料(BEC1類)の4分類別貿易額の推移 (2)食料品・飲料(BEC1類)の国際貿易マトリックスの変化3.未加工品・産業用の食料品(BEC111類)の国

2014年5月16日日本総研フィードバック数:0社会/政治海外

シンガポール 成長加速-輸出増で生産増

No.2014-0562014年5月16日≪藤井英彦の藤井英彦の視点≫視点≫http://www.jri.co.jpシンガポール成長加速~ 輸出増で生産増 ~(1)シンガポール経済は季調済前期比年率ベースで昨年7~9月の実質0.3%成長から10~12月、同6.1%成長へ加速。しかし主因は輸出の反動増。内需は民間消費が横這い、投資は大幅減。本年に入り情勢好転。まず鉱工業生産は、春節に伴う季節調整の歪みで1、2月に大きな振れがみられるものの、春節後の3、4月と2ヵ月連続大幅増(図表1)。実質輸出は本

2013年2月7日日本総研★フィードバック数:4社会/政治

90~95円がリーズナブルとのことです。

円相場の適正水準を探る

Research Focushttp://www.jri.co.jp2013 年 2 月 6 日No.2012-020円相場の適正水準を探る― 90~95 円がリーズナブル。ただし、90 円超では円安デメリットも ―調査部 マクロ経済研究センター所長 牧田 健《要 点》 一本調子で進む円安に対して、わが国政府は「行き過ぎた円高の是正」にすぎないという姿勢を堅持。そこで、購買力平価や実質実効為替レートの観点から、円相場の適正水準を検討。 米国生産者物価、日本企業物価に基づく日米購買力平価をみる

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
 

お知らせ