「輸出企業」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2015年5月10日内閣府★フィードバック数:0社会/政治

論文集です。

経済分析第188号

現在のページ: »»»» 経済分析第188号 経済分析第188号 (ジャーナル版) 経済分析第188号 (ジャーナル版)(論文) 海外市場情報と輸出開始:情報提供者としての取引銀行の役割乾 友彦(日本大学経済学部教授)伊藤 恵子(専修大学経済学部教授)宮川 大介(ハーバード大学ウェザーヘッド国際問題研究所客員研究員)庄司 啓史(衆議院憲法審査会事務局参事) 地方交付税制度が徴収率に与える効果の推定─行革インセンティブ算定の効果と交付税制度に内在する歪みの検証─石田 三成(琉球大学法文学部)サポ

2015年4月3日日本銀行★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

北海道製造業についてのレポートです。

道内製造業におけるグローバル需要の取り込み強化に向けて(札幌支店)

2015年 4 月 1 日 日本銀行札幌支店北海道金融経済レポート道内製造業におけるグローバル需要の取り込み強化に向けて本稿の執筆は札幌支店営業課渡邉玲雄が担当しました。 本レポートで示された意見は執筆者に属し、必ずしも日本銀行札幌支店の見解を示すものではありません。 照会先:日本銀行札幌支店営業課 橋本(TEL:(011)241-5232) 本レポートはインターネット(http://www3.boj.or.jp/sapporo/)からもご覧いただけます。 本レポートの内容について、商用目的で転

2015年4月1日ゆうちょ財団フィードバック数:0社会/政治

ゆうちょ資産研レポート 2015年3月号

2015年3月号ファンダメンタル・アナリシス(1) ……………………………………………… 1日本経済見通し-2014年度の回顧と2015年度の展望      SMBC日興証券株式会社 金融経済調査部      シニア債券エコノミスト 嶋津 洋樹ファンダメンタル・アナリシス(2) ……………………………………………… 72015年経済見通し:景気は底打ちしたが、「停滞」に近い状況が続く大和証券株式会社 チーフエコノミスト 永井 靖敏マーケット・アウトルック ……………………………………………………

2014年11月20日大和総研フィードバック数:0社会/政治

経済指標の要点(2014/10/22~11/19発表統計分)

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 ◆9月の企業関連の指標は、持ち直しの動きを示す内容であった。鉱工業生産指数は前月比+2.9%と2ヶ月ぶりに上昇した。輸出数量指数(大和総研による季節調整値)は前月比+1.1%と上昇した。機械受注(船舶・電力を除く民需、季節調整値)は、前月比+2.9%と4ヶ月連続で増加した。◆9月の家計関連の指標は、個人消費では反動減から緩やかに回復していることが示され、雇用環境に関しては回復ペースが鈍化していることが

2014年2月3日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

[みずほリサーチ]2014年2月号

今月の視点M&A新時代とどう向き合うか─ 世界のM&A「失われた7年」に転機 ─みずほ総合研究所 市場調査部 部長 長谷川克之日本経済輸出の回復力と貿易収支─ 輸出低迷と貿易赤字拡大は続くのか ─社会保障年金額の特例水準の解消開始─ 将来の給付減に備えた対策が課題 ─アジア動向2014年アジアの注目選挙はどうなるか─ アジアで高まる政治リスクが経済にも重大な影響 ─米州動向ブラジル経済と格下げリスク─ 財政規律の維持が、格下げによる資金流出を回避する鍵 ─海外通信米国で拡大するビットコイン取引─

2013年9月13日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

GlobalMarket Outlook 相変わらず輸出物価が力強い

Global Market Outlook相変わらず輸出物価が力強い2013年9月11日(水) 第一生命経済研究所 経済調査部 藤代 宏一TEL 03-5221-452315:53 現在 <主要株価指数> 日経平均株価 TOPIX NYダウ DAX(独) FTSE100(英) CAC40(仏) 上海総合※ <外国為替>※ ドル円 ユーロ円 ユーロドル <長期金利>※ 日本 米国 英国 ドイツ フランス イタリア スペインオーストラリア (円) 14600日経平均終値 14513.17 1189.

2013年6月24日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

ロイター短観(2013年6月) ~改善傾向が持続、見通しも良好~

Economic Indicators定例経済指標レポートテーマ:ロイター短観(2013年6月)~改善傾向が持続、見通しも良好~発表日:2013年6月20日(木)第一生命経済研究所 経済調査部担当 エコノミスト 高橋 大輝TEL:03-5221-4524製造業DI素材型非製造業DI加工型繊維・ 化学製 石油・紙パ品窯業201220131月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月1月2月3月4月5月6月3ヵ月後見通し鉄鋼・非鉄食品金属・機械電機▲5▲ 11212▲3▲2▲4▲5▲ 17▲

日銀短観(2013年6月調査)予測

2013年06月20日○7月1日に公表される2013年6月調査の日銀短観では、大企業製造業の業況判断DIは前回調査から4ポイント上昇の-4に改善すると予測する。円安の恩恵を受けやすい加工業種で改善幅が大きくなる見込みだ。輸出に持ち直しの動きがみられる中、生産は増加基調が続いている。先行きについても、景気の持ち直しが続く中、マインドの改善は続くだろう。○大企業非製造業の業況判断DIは前回調査から3ポイント上昇の9と、製造業と比べ改善幅はやや小幅にとどまるものの、水準はさらに高まるだろう。先行きも改

2013年6月14日第一生命保険フィードバック数:2社会/政治

企業物価指数(2013年5月) ~2ヶ月連続の前年比プラスに~

Economic Indicators定例経済指標レポート指標名:企業物価指数(2013年5月)発表日2013年6月12日(水)~2ヶ月連続の前年比プラスに~第一生命経済研究所 経済調査部担当 エコノミスト 高橋 大輝TEL:03-5221-4524国内企業物価201220131月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月1月2月3月4月5月前期比▲ 0.10.20.5▲ 0.2▲ 0.4▲ 0.6▲ 0.70.20.2▲ 0.1▲ 0.10.40.20.50.10.40.1前年比0.3

2013年6月3日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

よく分かる!経済のツボ Jカーブ効果って?

よく分かる!経済のツボJカーブ効果って?経済調査部円安が貿易収支に与える影響資料1大塚 崇広貿易収支(季節調整値、億円)の推移現在、貿易収支の大幅な赤字が続いています。2013 年1-3月期は前期に比べ一段と赤字幅が拡大しました(資料1)。背景には、円安の進展があります。輸入金額の方が、輸出金額よりも多いことに加え、輸入の方が外貨通貨建て取引の割合が高いため、円安の進展は短期的には貿易赤字を拡大させます。しかし、長期的には円安は貿易収支の赤字幅を縮小させる効果をもちます。円安が進むと、輸出におい

2013年4月15日第一生命保険フィードバック数:1社会/政治

企業物価指数(2013年3月) ~円安進展を背景に上昇基調は続く見込み~

Economic Indicators指標名:企業物価指数(2013年3月)定例経済指標レポート発表日2013年4月11日(木)~円安進展を背景に上昇基調は続く見込み~第一生命経済研究所 経済調査部担当 エコノミスト 高橋 大輝TEL:03-5221-4524国内企業物価201220131月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月1月2月3月前期比▲ 0.10.20.5▲ 0.2▲ 0.4▲ 0.6▲ 0.70.20.2▲ 0.1▲ 0.10.40.20.50.1前年比0.30.40.

2013年4月3日日本総研フィードバック数:1社会/政治

【関西経済シリーズ No.3】近畿短観(2013年3月)でみる関西経済

No.2013-0012013年4月2日http://www.jri.co.jp≪関西経済シリーズ No.3≫近畿短観(2013年3月)でみる関西経済(1)日銀短観3月調査(近畿地区)によると、業況判断DI(全産業)は▲12と前回調査より1ポイント改善し、企業マインドの悪化に歯止め(図表1)。先行きも改善傾向が持続する見通し。(2)2013年度の売上計画は、全産業ベースで前年度比2.0%増。このうち、大企業・製造業の輸出は同3.7%増と円安で収入が増える形。収益計画(全産業)は前年度比33.2%

2013年3月14日第一生命保険フィードバック数:2社会/政治

企業物価指数(2013年2月) ~上昇基調は続く見込み

Economic Indicators定例経済指標レポート指標名:企業物価指数(2013年2月)発表日2013年3月12日(火)~上昇基調は続く見込み~第一生命経済研究所 経済調査部担当 エコノミスト 大塚 崇広TEL:03-5221-4525国内企業物価2011201220136月7月8月9月10月11月12月1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月1月2月前期比0.00.1▲ 0.1▲ 0.2▲ 0.6▲ 0.10.0▲ 0.10.20.5▲ 0.1▲ 0.4▲ 0.7▲ 0.

10月の「ロイター個人投資家調査」

[東京 20日 ロイター] 個人投資家の投資マインドの悪化に歯止めがかかった。ロイターが20日にまとめた10月個人投資家調査では、日本株への投資スタンスを示すロイター個人投資家DI(「強気」の割合から「弱気」の割合を引いて算出)はマイナス64で、前月から6ポイントと小幅ながら改善した。改善は6カ月ぶり。 引き続き円高懸念や先行き不透明感があるものの、株価の持ち直し傾向や日銀の追加緩和などがサポート要因となった。日本が優先すべき政策については「為替の単独介入の継続」との回答が最も多かったほか、日本

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
 

お知らせ