「輸出依存」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

中国とのFTA締結への動きはオーストラリア経済の追い風に

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2014年11月19日中国とのFTA締結への動きはオーストラリア経済の追い風に オーストラリアのアボット首相と中国の習近平国家主席は17日、自由貿易協定(FTA)締結に向けての覚書を交わしました。2005年に始まった両政府間の交渉が、約10年を経て合意に至り、アボット首相は会談後の声明において「歴史的協定だ」と強調しました。今回合意された枠組みが完全に実施されれば、4年後にはオーストラリアの中国向け輸出の95%で関税が撤廃されると見られて

2014年6月20日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

中国の景気減速によるアジア諸国の輸出への影響

みずほインサイトアジア2014 年 6 月 20 日中国の景気減速によるアジア諸国の輸出への影響みずほ総合研究所調査本部アジア調査部03-3591-1385○ 中国では2014年1~3月期の成長率が1年半ぶりの低水準になるなど、景気減速懸念が高まっている。それに伴い、対中輸出割合が大きい周辺アジア諸国の景気下押しも懸念されている○ しかし、アジア諸国の輸出の最終需要地としては、依然として米欧への依存度が高い。米欧の景気が回復基調を保つことで、アジア諸国の輸出は腰折れしないとみられる○ 仮に中国の

2014年2月5日日本総研フィードバック数:0社会/政治

日韓関係が揺らぐなかで懸念される経済関係への影響-今求められるものはなにか

日韓関係が揺らぐなかで懸念される経済関係への影響―今求められるものはなにか―調査部 上席主任研究員 向山 英彦   要 旨1.現在、日本と韓国との政治・外交関係は「最悪」に近い状態にある。関係改善に向けての修復力が働かないばかりでなく、糸口がみえないからである。関係の冷え込みには、歴史認識にかかわる問題が直接的に影響しているが、両国を取り巻く環境(冷戦体制の崩壊、中国の台頭など)と韓国の政治社会の変化も影響していると考えられる。2.今日の両国関係を考える上で、2000年代に生じた経済面の変化にも

2013年11月12日日本総研フィードバック数:0社会/政治

【新局面の日中韓経済シリーズNo.2】冷え込む日韓関係を考える3つの視点-グローバル化、「円安・ウォン高」、韓国司法の動き

Research Focushttp://www.jri.co.jp《新局面の日中韓経済シリーズ No.2》2013 年 11 月 11 日No.2013-031冷え込む日韓関係を考える3つの視点― グローバル化、「円安・ウォン高」、韓国司法の動き―調査部 上席主任研究員 向山英彦《要 点》 日本と韓国の新政権誕生を契機に関係改善が進むと期待されたが、現在のところ首脳会談の実現に目途が立っていない。歴史認識に関わる問題がネックになっていると思われるが、今日の日韓関係を理解する上で次の3点が重要

2013年4月23日内閣府フィードバック数:5社会/政治海外

近年のオランダの貿易動向について

今週の指標 No.1066 近年のオランダの貿易動向についてポイント2013年4月22日オランダは、輸出依存度が約80%、輸入依存度が約75%にのぼる貿易立国である。特に、ユーロ圏外から輸入し、ユーロ圏内へ再輸出する中継貿易が活発であり、ユーロ圏内外をつなぐ結節点となっている。そのため、同国の貿易動向を見ることは、オランダのみならずユーロ圏の経済情勢のバロメーターとしても有用である。オランダの貿易は欧州政府債務危機の影響により、輸出入ともに11年後半から伸びが鈍化している。13年2月のオランダの

2013年3月5日日本総研フィードバック数:0社会/政治海外

アジアマンスリー2013年3月号

Vol.13No.1442013 年 03 月 01 日アジア・マンスリー(ASIA MONTHLY)トピックス1. 新たな日韓関係構築に向けて重要な年(向山英彦)・・・・・・・・・ ・・ 12. 中国「発展方式の転換」が待ったなしの課題に(三浦有史) ・・ ・・・・ 3各国・地域の経済動向1.韓国 当面厳しい経済環境が続く・・・・・・・・・・・・・・・・・ 52.香港 施政報告を実施・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・63.マ レ ー シ ア 資源関連産業の輸出競争力強化が課題・・・・・・

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 

お知らせ