「輸出入」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

中国の動向です。

中国の原油・石油製品の需給と輸出入動向

中国の原油・石油製品の需給と輸出入動向

2015年4月24日栃木県★フィードバック数:0社会/政治

栃木県の調査です。

平成26年度栃木県国際経済交流調査

ここから本文です。「平成26年度栃木県国際経済交流調査」の結果について 栃木県では、県内企業の国際化を支援するための基礎データを収集することを目的として、毎年「国際経済交流調査」を実施しています。 調査の結果は下記のとおりです。記1 調査項目(1)平成25年4月1日~平成26年3月31日までの輸出入額等(2)平成26年7月1日現在の海外進出状況等2 調査対象企業(1)輸出入動向:県内企業1,000社(2)海外進出状況:上記1,000社のうち、県内に本社がある企業3 回答企業数489社(回答率48

2015年4月12日財務省フィードバック数:0社会/政治

財政金融統計月報第748号<関税特集>

第1部 関税統計6. もどし税額/MS-Excel(1) 総括(2) 輸出貨物製造用原料品もどし税額第2部 貿易統計 8. 主要地域(国)別及び主要商品別輸出入額第3部 その他事務統計統計表中に使用した符号:0=単位未満 −=皆無又は該当数字なし …=未詳 △(−)=減 P=暫定数字本特集号における計数は, 特に説明のない限り, 原則として四捨五入による。本サイトに掲載の論文などの内容はすべて執筆者の個人的な見解であり、財務省や財務総合政策研究所の公式的な見解を示すものではありません。

2015年4月1日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治海外

【アジア新興経済レビュー】資源安による輸出入の減少とインフレ率の低下傾向が継続

【アジア新興経済レビュー】資源安による輸出入の減少とインフレ率の低下傾向が継続 | ニッセイ基礎研究所 【アジア新興経済レビュー】資源安による輸出入の減少とインフレ率の低下傾向が継続 経済研究部 研究員 斉藤 誠(実体経済)生産面の伸び率(前年同月比)の動きを見ると、タイは製造業の在庫積み増しを受けて1年11ヵ月ぶりのプラスに転じ、マレーシアは主力の電気・電子製品や原油を中心に好調を維持するなど、総じて堅調な推移が見られる。輸出・輸入の伸び率(前年同月比)は、資源価格の下落を受けて輸出入ともに

2015年3月28日北海道フィードバック数:0社会/政治

平成26年版北海道経済の動向

最終更新日:2017年3月14日(火)◆ 平成28年版表紙・目次 (PDF形式94KB)第1 本道経済の概況1 主な経済動向 (PDF形式315KB)(1)主な経済動向 (2)北海道経済の動向 (3)経済指標の動向2 地域別の経済動向 (PDF形式 391KB)(1)地域別の経済動向 (2)地域別の経済指標の動向第2 主要経済指標の動向1 個人消費、 2 住宅建設、 3 公共工事 (PDF形式 696KB)6 企業倒産、 7 雇用、 8 輸出入、 9 物価 (PDF形式 809KB)1 経営者意

2015年3月20日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

AEC下で進む関税撤廃によるベトナムの輸出入への影響

AEC下で進む関税撤廃によるベトナムの輸出入への影響

2014年12月29日日本電機工業会フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

重電・家電機器 生産・出荷・在庫 2014年10月分

官庁統計(生産、輸出入)電気機器 生産・出荷・在庫 実績

2014年12月2日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

米国 製造業部門の堅調と輸出入の活発化を示唆(14年11月ISM製造業景気指数) ~一方で商品市況の低下による製品価格の下落を示唆~

米国 製造業部門の堅調と輸出入の活発化を示唆(14年11月ISM製造業景気指数) ~一方で商品市況の低下による製品価格の下落を示唆~

貿易収支の動向です。

最近のわが国の輸出入動向について

最近のわが国の輸出入動向について

貿易統計14年8月~自動車を中心に米国向け輸出が減少

貿易統計14年8月~自動車を中心に米国向け輸出が減少 | ニッセイ基礎研究所 貿易統計14年8月~自動車を中心に米国向け輸出が減少 経済研究部 経済調査室長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・輸出入ともに減少・米国向け自動車輸出の大幅減少が続く財務省が9月18日に公表した貿易統計によると、14年8月の貿易収支は▲9,485億円の赤字となった。輸出(7

2014年9月1日日本総研フィードバック数:0社会/政治

【ゼミナール 輸出入の構造変化1~10連載】複雑化する決定要因~非価格競争力の向上がカギ

で売 る こ と が 可 能 にな る的 な 変 動 要 因 と し て 、消ま ず 、 貿 易 収 支 の短 期を 控 え た駆 け込 み か ら国ては 、 消 費 税 率 引 き 上 げし か し 、 4 月 には そ の②︵日本総 合研 究所 ︶一局い。期 的 に縮 小 す る 可 能 性 が復 によ り 、 貿 易 赤 字 は 短入 の増 勢 鈍 化 と 輸 出 の回以 上 を 踏 ま え る と、 輸当 てる余 裕 が生 じ て く る可能 性 があ る 。企 業 が 徐 々 に輸 出

2014年8月6日あいち産業振興機構フィードバック数:0社会/政治

平成25年における愛知県内貿易港の輸出入動向

(公財)あいち産業振興機構国際ビジネスグループ〒450-0002 名古屋市中村区名駅4-4-38Tel: 052-715-3065Fax: 052-562-1980E-mail: info-business@aibsc.jp

2014年7月7日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

中国製造業景況感、政府・民間ともに50 超(Asia Weekly (6/30~7/4)) ~インドネシアは貿易黒字に転ずるも、輸出入ともに低迷と内容は良くない~

中国製造業景況感、政府・民間ともに50 超(Asia Weekly (6/30~7/4)) ~インドネシアは貿易黒字に転ずるも、輸出入ともに低迷と内容は良くない~

2014年6月8日環境省★★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

市場データです。

環境産業の市場規模や事業活動等に関する報告書

環境産業の市場規模や事業活動等に関する報告書の公表について(お知らせ)環境省は、環境産業の市場規模・雇用規模等の推計結果をまとめた「環境産業の市場規模・雇用規模等に関する報告書」、環境産業の先進的事例や振興方策等をまとめた「環境への取組をエンジンとした経済成長に向けて」を公表いたします。 1.「環境産業の市場規模・雇用規模等に関する報告書」の概要について環境産業の市場規模・雇用規模の推計や環境産業の付加価値額、輸出入額及び経済波及効果について、「環境産業市場規模検討会」(座長:早見均 慶應義塾大

2014年5月12日日本総研フィードバック数:0社会/政治海外

豪州 輸出増-雇用増で消費増

≪藤井英彦の 視点≫ ≫ 藤井英彦の視点豪州輸出増No.2014-054 2014年5月12日http://www.jri.co.jp~ 雇用増で消費増 ~(1)本年入り後、オーストラリアの輸出が大幅増加(図表1)。実質輸出と輸出金額の連動性、 および引き続き高水準の3月輸出金額から推せば実質輸出は3月も好調の可能性。3月の前月比 増減率が輸出金額と実質輸出で同率とすれば、1~3月の実質輸出は昨年10~12月比5.7%増の 計算。一方、同様に計算すると1~3月の実質輸入は前期比0.8%の増加。実

2014年5月7日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

国際収支統計の改訂がGDPを大きく撹乱 ~1-3月期のGDP輸出入は実態から乖離の公算大。実質GDPも過大推計になる可能性あり~

国際収支統計の改訂がGDPを大きく撹乱 ~1-3月期のGDP輸出入は実態から乖離の公算大。実質GDPも過大推計になる可能性あり~

2014年5月2日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

2014年1-3月期GDP(1次速報)予測 ~駆け込み需要で前期比年率+4.9%の高成長か。輸出入の技術的な撹乱に要注意~

2014年1-3月期GDP(1次速報)予測 ~駆け込み需要で前期比年率+4.9%の高成長か。輸出入の技術的な撹乱に要注意~

2014年4月14日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

中国、輸出入ともに厳しい内容(Asia Weekly (4/7~4/11)) ~中国物価は景気不透明感を反映し、当面低水準での推移が続こう~

中国、輸出入ともに厳しい内容(Asia Weekly (4/7~4/11)) ~中国物価は景気不透明感を反映し、当面低水準での推移が続こう~

2014年4月13日環境省★★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

市場データです。

環境産業市場規模推計 2012年版

環境産業市場規模推計の公表について(お知らせ) 環境省は、環境産業の市場規模※等の推計結果について、毎年、公表しています。今般、これに関して2012年版の推計結果をまとめましたので公表致します。2012年の環境産業の市場規模は約86兆円(前年比4.8%増)となり、2009年以降増加しています。また、雇用規模は約243万人(前年比3%増)となり、過去十年間、概ね増加する傾向にあります。(※)「環境産業の市場規模」は「国内にある環境産業にとっての内外市場規模(売上ベース)」の意味1.趣旨 環境省は、

2014年3月27日日本電機工業会フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

重電・家電機器 生産・出荷・在庫 2014年1月分

官庁統計(生産、輸出入)電気機器 生産・出荷・在庫 実績

2014年3月5日日本総研フィードバック数:0社会/政治海外

インド 自動車生産増-消費増と高水準の直接投資

≪藤井英彦の 視点≫ ≫ 藤井英彦の視点No.2014-026 2014年3月5日http://www.jri.co.jpインド自動車生産増~ 消費増と高水準の直接投資 ~(1)インドが成長ペース横這い(図表1)。2013年7~9月と10~12月の実質経済成長率を対比 すると、前年比で4.8%から4.7%、季調済前期比年率で5.6%から4.5%。低迷持続。今春、 総選挙が見込まれ野党勝利が視野に入るなか、景気の先行き懸念拡がり。季調済前期比年率 ベースで7~9月と10~12月の寄与度をみると、民

台湾まとめです。

2013台湾の経済DATA BOOK

目 次1.概況・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 12.政治体制・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 2(1)政党・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

中国経済:9月貿易統計の予想(10月12日)

中国経済:9月貿易統計の予想(10月12日) | ニッセイ基礎研究所 中国経済:9月貿易統計の予想(10月12日) 経済研究部 上席研究員 三尾 幸吉郎○ 中国では、10月12日(土)に9月の貿易統計が税関総署から発表される(下表)。○ 9月の貿易統計は、輸出入ともに8月の伸びをやや下回ると予想するものの、予想どおりなら中国の輸出入は緩やかな回復基調にあるという判断に大きな変化は無いだろう。但し、“輸出水増し”の反動減が大きくなれば、輸出の先行きに不透明感がでる点には要注意だろう。

2013年9月13日日本総研フィードバック数:0社会/政治海外

中国 再加速-底堅い内需に輸出増

No.2013-1082013年9月13日≪藤井英彦の藤井英彦の視点≫視点≫http://www.jri.co.jp中国再加速~ 底堅い内需に輸出増 ~(1)本年7月、中国固定資産投資が増勢加速(図表1)。前年同月比増加率は5月の19.7%増を底に月を追って増勢加速し8月21.4%増。季節調整を施すと8月前月比年率26.5%増。4~6月比でみると、7~8月で前期比年率28.8%増。仮に9月も8月と同率で増加すると、同72.2%増。分野別には住宅や機械投資、土木建設が横這うなか、非住宅建設が牽引。

2013年6月28日大和総研フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

バーセル法に基づく有害廃棄物等の輸出入の状況

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 バーゼル法に基づく有害廃棄物等の輸出入の状況 有害な廃棄物等が国境を越えて移動し、人の健康被害や環境汚染を招くことを防止するため、1989年にバーゼル条約が採択され、1992年に発効した。日本においても、リサイクル可能な廃棄物を資源として輸出入していることから、1993年にバーゼル条約に加入し、条約を順守するため「特定有害廃棄物等の輸出入等の規制に関する法律(バーゼル法)」の制定など、必要な法的措置が

貿易統計13年5月 ~円安の影響で輸出入ともに高い伸びに

貿易統計13年5月 ~円安の影響で輸出入ともに高い伸びに | ニッセイ基礎研究所 貿易統計13年5月 ~円安の影響で輸出入ともに高い伸びに 経済研究部 経済調査室長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・輸出が1年ぶりに前年比で二桁の伸びに・輸出の持ち直しが継続財務省が6月19日に公表した貿易統計によると、13年5月の貿易収支は▲9,939億円と11ヵ月

2011年10月25日税関フィードバック数:3社会/政治

貿易統計(平成23年9月分及び平成23年度上半期分速報)

平成23年10月24日財  務  省報 道 発 表平成23年9月分貿易統計(速報)の概要 平成23年9月分については、輸出は自動車、自動車の部分品等が増加し、対前年同月比2.4%の増加となった。また、輸入は原粗油、液化天然ガス等が増加し、12.1%の増加となった。その結果、差引額は3,004億円となった。●総額輸  出金額5兆 9,807億円数量指数108.6輸  入 金額5兆 6,803億円数量指数104.0差  引 金額3,004億円(注)伸率及び増加・減少は全て対前年同月比による。品目名○

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
 

お知らせ