「輸出受注」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2015年6月23日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

原油底入れから3ヶ月

Market Flash原油底入れから3ヶ月2015年6月23日(火) 第一生命経済研究所 経済調査部 主任エコノミスト 藤代 宏一TEL 03-5221-4523【海外経済指標他】~中古住宅販売件数:先行きも増加を見込む~ ・5月米中古住宅販売件数は前月比+5.1%、525万件と市場予想(+4.4%、526万件)を上回り、4月(509 万件)から反発。先行指標の中古住宅販売成約指数と整合的な結果となった。主力の戸建てが+5.6%増加 したうえ、集合住宅も+1.6%伸びた。販売市場は、既往の在庫

2014年11月25日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

中国、民間製造業PMIは辛うじて50を維持(Asia Weekly (11/17~11/21)) ~インドの貿易は足踏みするも、貿易赤字幅は縮小~

1/4ASIA Indicators定例経済指標レポート中国、民間製造業 PMI は辛うじて 50 を維持(Asia Weekly (11/17~11/21))~インドの貿易は足踏みするも、貿易赤字幅は縮小~発表日:2014 年 11 月 21 日(金)第一生命経済研究所 経済調査部主任エコノミスト 西濵 徹(03-5221-4522)○経済指標の振り返り発表日指標、イベントなど結果コンセンサス前回▲1.5%▲1.7%+0.9%+0.6%+1.0%+0.4%3.3%3.3%3.3%(フィリピン)

2014年8月29日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

[みずほ欧州経済情報]2014年8月号

みずほ欧州経済情報2014年8月号[欧州経済の概況][トピック:緊縮政策を見直すべきとのドラギ総裁の異例の提言]◆8月22日ジャクソンホールでのドラギ総裁の講演では、市場の中期的インフレ期待が低下していることへの危機感から、更なる金融緩和も辞さないとの強い姿勢が示された。◆さらに、緊縮政策から転換して財政による景気下支えを図ることも提言した。財政規律を重んじるECBとしては極めて異例の発言である。景気やインフレ期待の更なる下振れに対する強い危機感の表明と言える。◆9月からは各国で来年度予算編成審

2014年8月26日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

中国の製造業景況感は急回復の反動で一服(Asia Weekly (8/18~8/22)) ~台湾、輸出受注に一服感も、外需主導の景気回復による雇用改善続く~

中国の製造業景況感は急回復の反動で一服(Asia Weekly (8/18~8/22)) ~台湾、輸出受注に一服感も、外需主導の景気回復による雇用改善続く~

2014年8月5日第一生命保険フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス海外

米国 製造業は広がりを伴い拡大ペース加速(14年7月ISM製造業景気指数) ~新規受注、生産、雇用が牽引。インフレ圧力は限定的~

U.S.Indicatorsマクロ経済指標レポート米国 製造業は広がりを伴製造業は広がりを伴いは広がりを伴い拡大ペース加速拡大ペース加速(ペース加速(14年7月ISM製造業景気指数ISM製造業景気指数)製造業景気指数)発表日:201発表日:20142014年8月1日(金日(金)~新規受注、生産、雇用新規受注、生産、雇用が牽引。、雇用が牽引。インフレ圧力は限定的が牽引。インフレ圧力は限定的~インフレ圧力は限定的~第一生命経済研究所 経済調査部主任エコノミスト 桂畑 誠治0303-52215221-

2014年2月12日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治海外

BTMU Focus USA Weekly:一時的景気減速で試されるFRB

三菱東京UFJ銀行 経済調査室ニューヨーク駐在情報The Bank of Tokyo-Mitsubishi UFJ, Ltd.Economic Research Group (New York)Toshiki Iwaoka 岩岡 聰樹Managing Director & Chief Economist+1(212)782-5701, tiwaoka@us.mufg.jp来週・再来週の Weekly は出張のため休刊となります。どうぞよろしくお願い致します。February 7, 2014HUU

2013年9月4日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

米国 内外の受注増加により製造業部門の拡大ペース加速(13年8月ISM製造業景気指数) ~引き続き国内では自動車部門や住宅部門が押し上げ要因~

U.S.Indicatorsマクロ経済指標レポート米国 内外の受注内外の受注増加の受注増加により増加により製造業部門により製造業部門の製造業部門の拡大ペース加速拡大ペース加速(13年8月ISM製造業景気指数ISM製造業景気指数)製造業景気指数)発表日:201発表日:20132013年9月3日(火日(火)~引き続き引き続き国内で国内では自動車部門や住宅部門自動車部門や住宅部門がや住宅部門が押し上げ要因~押し上げ要因~第一生命経済研究所 経済調査部主任エコノミスト 桂畑 誠治0303-5221522

2013年7月2日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治海外

中国経済:6月の製造業PMI~0.7%ポイントの大幅低下となり、新規輸出受注は3ヵ月連続で50%を下回り、将来に対する楽観的な見方も後退

中国経済:6月の製造業PMI~0.7%ポイントの大幅低下となり、新規輸出受注は3ヵ月連続で50%を下回り、将来に対する楽観的な見方も後退 | ニッセイ基礎研究所 シンクタンクならニッセイ基礎研究所 > 経済 > 中国経済 > 中国経済:6月の製造業PMI~0.7%ポイントの大幅低下となり、新規輸出受注は3ヵ月連続で50%を下回り、将来に対する楽観的な見方も後退中国経済:6月の製造業PMI~0.7%ポイントの大幅低下となり、新規輸出受注は3ヵ月連続で50%を下回り、将来に対する楽観的な見方も後退

2013年3月4日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

中国の製造業PMI はともに低下(Asia Weekly (2/25~3/1)) ~アジアでは商品市況の上昇がインフレ要因になりつつある~

1/7ASIA Indicators定例経済指標レポート中国の製造業 PMI はともに低下(Asia Weekly (2/25~3/1))~アジアでは商品市況の上昇がインフレ要因になりつつある~発表日:2013 年 3 月 1 日(金)第一生命経済研究所 経済調査部主任エコノミスト 西濵 徹(03-5221-4522)○経済指標の振り返り発表日指標、イベントなど結果コンセンサス前回+3.6%+4.0%+4.3%(香港)1 月輸出(前年比)+17.6%+18.6%+14.4%1 月輸入(前年比)+

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
 

お知らせ