「輸出増加」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2015年6月3日浜銀総合研究所フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

国内新車販売統計(2015年5月)

調 査 速 報浜銀総合研究所調査部産業調査室2015.6.2国内新車販売統計(2015年5月)内需低迷と輸出減少で在庫が積み上がる:国内生産900万台割れも想定可能な状況に○円安にもかかわらず新車も中古車も乗用車輸出が減少・6月1日発表の5月の国内新車販売台数(登録車+軽自動車、貨物車含む)は前年同月比7.6%減と5か月連続の前年割れとなった。季調済年率換算値(X-12-ARIMA にて当社試算、以下 SAAR)でみた5月の販売台数は前月比 5.9%増の 486 万台となったが、昨年実績の 53

2015年5月18日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

[みずほ日本経済情報]2015年5月号

みずほ日本経済情報2015年5月号◆ トピック2014年度の個人消費は過去最大の減少となる見込み2014年度の個人消費(GDPベース)は過去最大の減少となる見込み。今後は春闘での賃上げ分や賞与の支給が行われる夏場にかけて、徐々に回復の動きが強まる見通し。◆ 景気判断回復している。先行きは、緩やかな回復が続くとみられる。輸出・生産が回復基調にある中、設備投資にも回復の動きがみられる。個人消費は依然力強さに欠けるが、緩やかな回復基調を維持している。1.総括日本経済の現状と先行き日本経済は回復している

2015年5月7日日本銀行フィードバック数:0社会/政治

経済・物価情勢の展望(2015年4月、全文)

公表時間5 月 1 日(金)14 時 00 分2015年5月1日日経済・物価情勢の展望(2015年4月)本銀行本 稿 の 内 容 に つ い て 、商 用 目 的 で 転 載 ・ 複 製 を 行 う 場 合( 引 用 は含 ま れ ま せ ん )は 、予 め 日 本 銀 行 政 策 委 員 会 室 ま で ご 相 談 く だ さ い 。引用・転載・複製を行う場合は、出所を明記してください。【基本的見解】1<概要>2017 年度までの日本経済を展望すると、2015 年度から 2016 年度にかけ

2015年2月20日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

[みずほ日本経済情報]2015年2月号

みずほ日本経済情報2015年2月号[日本経済の概況]◆日本経済は、消費増税後の落ち込みから持ち直している。足元の経済指標をみると、雇用・所得関連が改善傾向を維持する中、生産や個人消費に回復の動きがみられる。昨年末にかけて慎重な動きが続いたマインド関連の指標も、足元では底入れしている。経済の活動水準は、潜在生産量(物価変動に対して中立的とみられる生産量)を引き続き下回っている。◆先行きの日本経済は、緩やかに回復するとみられる。個人消費は、雇用者所得の回復が支えとなり、緩やかな回復が続く見込みである

2015年2月13日日本総研フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

【グローバル化の進展と日中韓自動車産業(8)】黒字となった韓国の対日自動車部品貿易-貿易構造を変えた企業のグローバル化

Research Focushttp://www.jri.co.jp《グローバル化の進展と日中韓自動車産業⑧》2015 年 2 月 13 日No.2014-50黒字となった韓国の対日自動車部品貿易―貿易構造を変えた企業のグローバル化―調査部 上席主任研究員 向山英彦《要 点》 韓国の昨年の対日貿易において注目されるのが、自動車部品分野が 13 年に続いて、黒字となったことである。2000 年代以降の動きをみると、対日輸出額が増加基調で推移しているのに対して、対日輸入額は 10 年をピークに減少

2014年11月2日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

マレーシアの輸出は復活したのか~輸出増加の持続に向けた構造的課題への対応が必要~

マレーシアの輸出は復活したのか~輸出増加の持続に向けた構造的課題への対応が必要~

2014年11月2日日本銀行フィードバック数:0社会/政治

経済・物価情勢の展望(2014年10月、全文)

公表時間 11 月 1 日(土)14 時 00 分 2014年11月1日 日 本 銀 行経済・物価情勢の展望(2014年10月)本 稿 の 内 容 に つ い て 、商 用 目 的 で 転 載 ・ 複 製 を 行 う 場 合( 引 用 は 含まれません) は、 予め日本銀行政策委員会室までご相談ください。 引用・転載・複製を行う場合は、出所を明記してください。【基本的見解】1<概要>  2014 年度から 2016 年度までの日本経済を展望すると、消費税率引き 上げに伴う駆け込み需要とその反動

2014年8月19日丸紅フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス海外

加速する米国からの石油輸出

丸紅経済研究所2014/07/31加速する米国からの石油輸出-出口を模索する北米産原油-2014/08/8(Daily Diamond (週刊ダイヤモンド・電子版) 2014 年 8 月 1 日掲載一部加筆修正)・米国の原油需給は急速に緩和米国からの石油輸出が増加している1。2013 年の輸出量は、石油製品が 2000 年の 3.5 倍、原油も 2008 年の 4 倍に拡大した。(【図 1】)背景には、① シェールオイル(タイトオイル)の増産による国産原油の供給増加、② カナダで増産されたオイル

2014年2月2日農畜産業振興機構フィードバック数:0ライフスタイル海外

2013年のタピオカチップ輸出量、前年比24.3%増の592万トンに増加(タイ)

最終更新日:2014年1月31日 タイタピオカ取引協会(TTTA)は1月17日、2013年12月下旬のタピオカでん粉およびチップの輸出(FOB)価格および輸出量を発表した。12月下旬のタピオカでん粉FOB価格(バンコク)は、下値、上値ともに下落し、1トン当たり410.00〜420.00米ドル(43,460円〜44,520円:1米ドル=106円注)となった。 また、タピオカチップFOB価格(中国向け)も同様に下落し、1トン当たり230.00〜235.00米ドル(24, 205円〜24,910円)と

2014年1月16日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

[みずほ日本経済情報]2014年1月号

みずほ日本経済情報2014年1月号[日本経済の概況]◆日本経済は回復している。ただし、経済の活動水準は、潜在生産量(物価変動に対して中立的とみられる生産量)を引き続き下回っている。◆先行きの日本経済は、年度末にかけて回復が続いた後、消費増税後は一時的に落ち込むとみられる。輸出は海外経済の緩やかな回復と円安を背景に緩やかに増加する見通しである。景気対策関連の公共事業の執行が一巡することで公共投資は減少に転じるものの、設備不足感が高まっている非製造業を中心に設備投資の緩やかな増加が続くだろう。個人消

最近の米国経済について 平成25年9月号

情 報 報 告シカゴ●最近の米国経済について○6 月の貿易赤字は前月比 22.4%縮小6 月の貿易は輸出が前月比 2.2%増、輸入は 2.5%減となった。貿易赤字は 22.4%減で、2009年 10 月以来の低い水準だった。国・地域別では、中南米、アジア NIES、OPEC、北米向けの輸出が増加した一方、欧州地域向けの輸出は減少した。対日貿易は輸出入ともに減少した。<輸出が増加し過去最高、輸入は減少>米商務省が 8 月 6 日に発表した 2013 年 6 月の貿易統計(国際収支ベース、季節調整済

2013年9月27日日本政策投資銀行★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

企業調査です。

シェール革命に対する日本企業の見方(企業行動に関する意識調査結果)

シェール革命に対する日本企業の見方(企業行動に関する意識調査結果)1.企業行動に関する意識調査の背景と概要• シェール革命によって、北米では天然ガス及びオイルの生産量が増加している。日本では、日米の天然ガス価格差に注目が集まっているが、単に上流開発にとどまる議論だけではなく、流通や、それを燃料として消費し、原材料として利用する産業界全般にも広く影響するものである。当行では、シェール・ガスについて生産・流通・消費の各段階で日本企業にどのような影響を与えるかを調査し、2013年2月に「シェール・ガス

2013年8月28日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治

平成25年8月(内外経済の見通し/全文)

平成 25 年(2013 年)8 月 27 日世界経済見通し概要~世界経済は次第に持ち直しに向うものの、成長ペースはごく緩やかにとどまる見通し~日本~政策効果に支えられた景気回復の後、企業・家計が主体の自律的な成長局面へ~米国~住宅・労働市場の改善が進むなか、内需を中心に回復持続~西欧~景気は持ち直しの兆しをみせるが、持続的な回復はまだ遠い~ア ジ ア~輸出の軟調が続き景気は伸び悩み~オーストラリア~資源部門への過度な依存からの脱却を探る~中南米~低成長下のインフレに苦しむブラジル、減速続くメキ

2013年7月25日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

貿易統計(2013年6月) ~輸出は持ち直しの動きが強まる~

Economic Indicators定例経済指標レポートテーマ:貿易統計(2013年6月)発表日:2013年7月24日(水)~輸出は持ち直しの動きが強まる~第一生命経済研究所 経済調査部担当 エコノミスト 大塚 崇広TEL:03-5221-4525貿易収支(億円)原数値季調値121月 ▲ 14907▲ 51092月259▲ 24053月▲ 818▲ 55774月▲ 5184▲ 42345月▲ 9079▲ 54896月561▲ 39347月▲ 5286▲ 43288月▲ 7684▲ 54589月

2013年7月4日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治海外

BTMU Focus USA Diary:失業保険申請件数(6月29日〆週)、連邦政府職員向け失業保険申請件数(6月22日〆週)、ADP雇用統計(6月)、財・サービス貿易収支(5月)、非製造業ISM指数(6月)

Economic ResearchUra Satoko 浦 賢子BTMU FOCUS USA Diarysura@us.mufg.jp三菱東京UFJ銀行 経済調査室ニューヨーク駐在情報July 3, 2013【米国経済指標】失業保険申請件数(6 月 29 日〆週):前週比▲0.5 万件の 34.3 万件、失業保険受給者数(6 月 22 日〆週)同▲5.4 万人の 293.3 万人6 月 29 日〆週の新規失業保険申請件数は前新規失業保険申請件数の推移週比▲0.5 万件の 34.3 万件と、事前の

2013年6月14日第一生命保険フィードバック数:1社会/政治

機械受注統計調査(2013年4月) ~基調は上向き始めた可能性~

Economic Indicators定例経済指標レポート指標名:機械受注統計調査(2013年4月)発表日 2013年6月12日(水)~基調は上向き始めた可能性~第一生命経済研究所 経済調査部担当 エコノミスト 大塚 崇広TEL:03-5221-4525民需代理店製造業船舶・電力除く前期比121-3月1.54-6月▲ 2.67-9月▲ 1.310-12月▲ 0.8131-3月▲ 0.04-6月(見)(▲ 1.5)121月1.72月4.03月▲ 3.04月2.65月▲ 7.16月1.47月1.78

2013年6月7日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:1社会/政治

TPPに対する誤解-欠かせない内需の拡大

TPPに対する誤解-欠かせない内需の拡大 | ニッセイ基礎研究所 TPPに対する誤解-欠かせない内需の拡大 経済研究部 専務理事 エグゼクティブ・フェロー 櫨(はじ) 浩一基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 安倍総理は、去る3月15日に記者会見を開き、TPP(環太平洋経済連携協定)に向けた交渉への参加を正式に表明した。これまで足踏みを続けていたTPPを巡る動きは一

2013年5月17日大和総研フィードバック数:1社会/政治

2013年1-3月期GDP1次速報

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 2013年1-3月期GDP1次速報内・外需のバランスがとれたプラス成長 ◆2013年1-3月期の実質GDP成長率は前期比年率+3.5%(前期比+0.9%)と2四半期連続のプラス成長となり、市場コンセンサス(前期比年率+2.7%、前期比+0.7%)を上回った。内需寄与度が+0.5%ptと2四半期連続のプラス寄与となったことに加え、外需寄与度が前期比+0.4%ptと4四半期ぶりのプラス寄与となったことが実

2013年5月16日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

2013年1-3月期四半期別GDP速報(1次速報値) ~前期比年率+3.5%の高成長。4-6月期も好調持続の公算大~

Economic Indicators定例経済指標レポート2013年1-3月期四半期別GDP速報(1次速報値)発表日:2013年5月16日(木)~前期比年率+3.5%の高成長。4-6月期も好調持続の公算大~第一生命経済研究所 経済調査部主席エコノミスト 新家 義貴TEL:03-5221-4528○ コンセンサスをさらに上回る高成長本日内閣府から公表された 2013 年1-3月期の実質GDP成長率(1次速報)は前期比年率+3.5%(前期比+0.9%)となった1。12 年 10-12 月期(前期比年

TPPに対する誤解 -欠かせない内需の拡大

TPPに対する誤解 -欠かせない内需の拡大 | ニッセイ基礎研究所 TPPに対する誤解 -欠かせない内需の拡大 経済研究部 専務理事 エグゼクティブ・フェロー 櫨(はじ) 浩一基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 安倍総理は、去る3月15日に記者会見を開き、TPP(環太平洋経済連携協定)に向けた交渉への参加を正式に表明した。これによって、これまで足踏みを続けていた交

2013年3月14日みずほ総合研究所フィードバック数:1社会/政治海外

[みずほアジア・オセアニア経済情報]2013年4月

みずほアジア・オセアニア経済情報2013年4月号(季刊)[アジア経済の概況]◆2012年10~12月期は、公共投資の拡大や在庫調整の進展等を背景に、中国の景気が加速した。対中輸出の増加を背景に、他のアジア諸国の景気も回復基調となった。◆2013年の景気は、中国が主導する形で、当面底堅く推移する見込み。2014年に入ると、先進国経済の持ち直しやインドの金融緩和を背景に、景気は加速する見通し。半面、金融引き締めで中国の景気は小幅減速へ。[目次]アジア経済概況・・・・・・・・・・中国・・・・・・・・・

2013年3月1日第一生命保険フィードバック数:1社会/政治

公共投資と円安だけで賃金は増やせるか ~雇用は増加も賃金上昇には至らず~

経済トレンド公共投資と円安だけで賃金は増やせるか~雇用は増加も賃金上昇には至らず~経済調査部柵山 順子(要旨)○緊急経済対策や足もとまでの円安を背景に多くのシンクタンクで 2013 年度の景気見通しが上方修正された。こうした景気押し上げ効果が今後、雇用増加、賃金上昇に繋がるかどうかが注目される。○産業連関表に基づいて試算すると、補正予算による公共投資の増加と円安による輸出の増加により、78.8 万人分の雇用が創出される。しかし、実際には建設関連での人手不足による制約や製造業や卸売小売業での労働時

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
 

お知らせ