「輸出増加」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2015年5月7日日本銀行フィードバック数:0社会/政治

経済・物価情勢の展望(2015年4月、全文)

公表時間5 月 1 日(金)14 時 00 分2015年5月1日日経済・物価情勢の展望(2015年4月)本銀行本 稿 の 内 容 に つ い て 、商 用 目 的 で 転 載 ・ 複 製 を 行 う 場 合( 引 用 は含 ま れ ま せ ん )は 、予 め 日 本 銀 行 政 策 委 員 会 室 ま で ご 相 談 く だ さ い 。引用・転載・複製を行う場合は、出所を明記してください。【基本的見解】1<概要>2017 年度までの日本経済を展望すると、2015 年度から 2016 年度にかけ

2015年2月13日日本総研フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

【グローバル化の進展と日中韓自動車産業(8)】黒字となった韓国の対日自動車部品貿易-貿易構造を変えた企業のグローバル化

Research Focushttp://www.jri.co.jp《グローバル化の進展と日中韓自動車産業⑧》2015 年 2 月 13 日No.2014-50黒字となった韓国の対日自動車部品貿易―貿易構造を変えた企業のグローバル化―調査部 上席主任研究員 向山英彦《要 点》 韓国の昨年の対日貿易において注目されるのが、自動車部品分野が 13 年に続いて、黒字となったことである。2000 年代以降の動きをみると、対日輸出額が増加基調で推移しているのに対して、対日輸入額は 10 年をピークに減少

2015年1月4日大和総研フィードバック数:0ビジネス

円安の波及効果と企業収益に与える影響

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 円安の波及効果と企業収益に与える影響波及効果を考慮すれば、円安は中小企業にもプラスの効果 2014年12月29日エコノミック・インテリジェンス・チーム エコノミスト 橋本 政彦◆円安傾向が続いてきたことで、足下では輸入価格の上昇など円安のデメリットに対する懸念が高まっている。本レポートでは、円安が企業収益に与える影響を確認するとともに、その波及経路に着目しつつ、企業規模や産業によって影響がどの程度異な

2015年度の埼玉県内及び国内経済の成長率予測

2015年度の埼玉県内及び国内経済の成長率予測最近の金融・経済動向を踏まえ、2015年度の埼玉県内及び国内の成長率を予測した。その背景は以下のとおりである。●見通しの背景2014年度前半の国内経済は、消費増税後の反動減、急激な物価上昇に伴う実質所得の減少などを背景に個人消費や住宅投資が減少し、輸出は円安にもかかわらず、海外経済の停滞や製造拠点の海外移転などから伸び悩み、景気は足踏み状態となった。年度後半は、個人消費は足踏みするものの、円安に伴い輸出や設備投資も徐々に持ち直すことが期待され景気は緩

2014年11月28日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

米国 2014年、2015年、2016年経済・金融予測 ~緩やかな成長基調を辿るも、早期利上げがリスク要因~

U.S.Trends米国 2014年2014年、2015年2015年、2016年2016年経済・経済・金融予測金融予測~緩やかなリスク要因要因~やかな成長基調成長基調を基調を辿るも、るも、早期利上早期利上げ利上げがリスク要因~発表日:201発表日:20142014年11月11月27日(木)第一生命経済研究所 経済調査部桂畑 誠治0303-52215221-5001○ 2014 年の実質GDP成長率は、断続的な大雪により1-3月期に下ぶれたものの、緩和的な金融政策の継続、緊縮財政の緩和等により、前

2014年11月2日日本銀行フィードバック数:0社会/政治

経済・物価情勢の展望(2014年10月、全文)

公表時間 11 月 1 日(土)14 時 00 分 2014年11月1日 日 本 銀 行経済・物価情勢の展望(2014年10月)本 稿 の 内 容 に つ い て 、商 用 目 的 で 転 載 ・ 複 製 を 行 う 場 合( 引 用 は 含まれません) は、 予め日本銀行政策委員会室までご相談ください。 引用・転載・複製を行う場合は、出所を明記してください。【基本的見解】1<概要>  2014 年度から 2016 年度までの日本経済を展望すると、消費税率引き 上げに伴う駆け込み需要とその反動

2014年11月2日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

マレーシアの輸出は復活したのか~輸出増加の持続に向けた構造的課題への対応が必要~

マレーシアの輸出は復活したのか~輸出増加の持続に向けた構造的課題への対応が必要~

2014年8月25日日本総研★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

日本総研のレポートです。

人手不足下で期待されるロボット投資-設備投資・輸出の押し上げと、労働生産性の向上への寄与

No.2014-0122014年8月22日http://www.jri.co.jp人手不足下で期待されるロボット投資~ 設備投資・輸出の押し上げと、労働生産性の向上への寄与 ~(1)わが国のマニピュレータ・ロボットの出荷金額をみると、足許で、輸出が急回復しているとともに、国内出荷も持ち直しの兆し(図表1)。(2)国内出荷持ち直しの背景の一つは、景気回復に伴う設備投資環境の改善。産業用ロボットの出荷は景気変動に鋭敏に反応。部品・関連装置を含む産業用ロボットの国内民需からの受注は景気が底打ちすると、

2014年2月2日農畜産業振興機構フィードバック数:0ライフスタイル海外

2013年のタピオカチップ輸出量、前年比24.3%増の592万トンに増加(タイ)

最終更新日:2014年1月31日 タイタピオカ取引協会(TTTA)は1月17日、2013年12月下旬のタピオカでん粉およびチップの輸出(FOB)価格および輸出量を発表した。12月下旬のタピオカでん粉FOB価格(バンコク)は、下値、上値ともに下落し、1トン当たり410.00〜420.00米ドル(43,460円〜44,520円:1米ドル=106円注)となった。 また、タピオカチップFOB価格(中国向け)も同様に下落し、1トン当たり230.00〜235.00米ドル(24, 205円〜24,910円)と

2013年9月27日日本政策投資銀行★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

企業調査です。

シェール革命に対する日本企業の見方(企業行動に関する意識調査結果)

シェール革命に対する日本企業の見方(企業行動に関する意識調査結果)1.企業行動に関する意識調査の背景と概要• シェール革命によって、北米では天然ガス及びオイルの生産量が増加している。日本では、日米の天然ガス価格差に注目が集まっているが、単に上流開発にとどまる議論だけではなく、流通や、それを燃料として消費し、原材料として利用する産業界全般にも広く影響するものである。当行では、シェール・ガスについて生産・流通・消費の各段階で日本企業にどのような影響を与えるかを調査し、2013年2月に「シェール・ガス

2013年8月28日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治

平成25年8月(内外経済の見通し/全文)

平成 25 年(2013 年)8 月 27 日世界経済見通し概要~世界経済は次第に持ち直しに向うものの、成長ペースはごく緩やかにとどまる見通し~日本~政策効果に支えられた景気回復の後、企業・家計が主体の自律的な成長局面へ~米国~住宅・労働市場の改善が進むなか、内需を中心に回復持続~西欧~景気は持ち直しの兆しをみせるが、持続的な回復はまだ遠い~ア ジ ア~輸出の軟調が続き景気は伸び悩み~オーストラリア~資源部門への過度な依存からの脱却を探る~中南米~低成長下のインフレに苦しむブラジル、減速続くメキ

2013年6月10日大和総研フィードバック数:1社会/政治

2013年1-3月期GDP2次速報

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 2013年1-3月期GDP2次速報在庫が上振れするも、ほぼ想定通り ◆2013年1-3月期の実質GDP成長率(2次速報)は前期比年率+4.1%(前期比+1.0%)と、1次速報(前期比年率+3.5%、前期比+0.9%)から上方修正された。市場コンセンサス(前期比年率+3.5%、前期比+0.9%)からわずかに上振れした形だが、これは在庫投資が市場予想を上回ったためであり、特段ポジティブな内容というわけでは

2013年6月7日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:1社会/政治

TPPに対する誤解-欠かせない内需の拡大

TPPに対する誤解-欠かせない内需の拡大 | ニッセイ基礎研究所 TPPに対する誤解-欠かせない内需の拡大 経済研究部 専務理事 エグゼクティブ・フェロー 櫨(はじ) 浩一基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 安倍総理は、去る3月15日に記者会見を開き、TPP(環太平洋経済連携協定)に向けた交渉への参加を正式に表明した。これまで足踏みを続けていたTPPを巡る動きは一

2013年5月17日大和総研フィードバック数:1社会/政治

2013年1-3月期GDP1次速報

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 2013年1-3月期GDP1次速報内・外需のバランスがとれたプラス成長 ◆2013年1-3月期の実質GDP成長率は前期比年率+3.5%(前期比+0.9%)と2四半期連続のプラス成長となり、市場コンセンサス(前期比年率+2.7%、前期比+0.7%)を上回った。内需寄与度が+0.5%ptと2四半期連続のプラス寄与となったことに加え、外需寄与度が前期比+0.4%ptと4四半期ぶりのプラス寄与となったことが実

TPPに対する誤解 -欠かせない内需の拡大

TPPに対する誤解 -欠かせない内需の拡大 | ニッセイ基礎研究所 TPPに対する誤解 -欠かせない内需の拡大 経済研究部 専務理事 エグゼクティブ・フェロー 櫨(はじ) 浩一基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 安倍総理は、去る3月15日に記者会見を開き、TPP(環太平洋経済連携協定)に向けた交渉への参加を正式に表明した。これによって、これまで足踏みを続けていた交

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
 

特集データ

特集INDEXへ

お知らせ