「輸出数量」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2015年6月18日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2015年5月貿易統計

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 2015年6月17日エコノミック・インテリジェンス・チーム エコノミスト 小林 俊介◆2015年5月の貿易統計では、輸出金額は前年比+2.4%と9ヶ月連続の増加となった。しかし増加率は前月(同+8.0%)から大きく低下しており、市場コンセンサス(同+3.0%)を下回った。輸入金額は同▲8.7%と5ヶ月連続の減少となったが、5月には赤字になりやすい季節性もあり貿易収支は▲2,160億円と、2ヶ月連続の赤

2015年5月25日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

貿易統計(2015年4月) ~貿易収支は再び赤字に。当面は一進一退の推移が続く見込み~

Economic Indicatorsテーマ:貿易統計(2015年4月)定例経済指標レポート発表日:2015年5月25日(月)第一生命経済研究所 経済調査部 担当 副主任エコノミスト 高橋 大輝 TEL:03-5221-4524~貿易収支は再び赤字に。当面は一進一退の推移が続く見込み~貿易収支(億円) 原数値 ▲ 27951 ▲ 8061 ▲ 14501 ▲ 8255 ▲ 9172 ▲ 8341 ▲ 9665 ▲ 9532 ▲ 9620 ▲ 7418 ▲ 8988 ▲ 6656 ▲ 11738

2015年5月25日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2015年4月貿易統計

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 4月貿易統計EU・アジア向け輸出が足踏みし、貿易収支は赤字に 2015年5月25日エコノミック・インテリジェンス・チーム エコノミスト 小林 俊介◆2015年4月の貿易統計では、輸出金額は前年比+8.0%と8ヶ月連続の増加となったが、増加幅は前月(同+8.5%)から縮小した。また、輸入金額が同▲4.2%と減少幅を縮小した結果、貿易収支は▲534億円と、2ヶ月ぶりの赤字に転じた。◆輸出金額を価格要因と数

「33ヵ月ぶり」日本の2015年3月の貿易収支の黒字化

この数字はなんだ?ご参考資料 2015年4月28日Vol.88ナンバー・ナンダー日 本2015年3月の の貿易収支の黒字化です33 9.6(2012年1月~2015年3月)ヵ月ぶり財務省が22日に発表した3月の貿易統計(速報)によると、輸出金額から輸入金額を引いた貿易収支は 2,293億円と、33ヵ月(2年9ヵ月)ぶりに黒字化しました。足元の円安を受け輸出金額が増加したほか、原 油価格の下落を受けエネルギーの輸入金額が減少していることが背景にあります。 輸出金額は、円安傾向や米国の景気回復基調な

2015年4月22日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2015年3月貿易統計

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 3月貿易統計貿易収支は2年9ヶ月ぶりの黒字 2015年4月22日エコノミック・インテリジェンス・チーム エコノミスト 橋本 政彦◆2015年3月の貿易統計では、輸出金額は前年比+8.5%と7ヶ月連続の増加となり、増加幅は前月(同+2.5%)から拡大した。また、輸入金額が同▲14.5%と大きく減少した結果、貿易収支は+2,293億円と2年9ヶ月ぶりの黒字に転じた。◆輸出金額を価格要因と数量要因に分けて見

2015年4月15日日本総研フィードバック数:0社会/政治海外

トルコ 生産増-自動車が牽引

≪藤井英彦の 視点≫ ≫ 藤井英彦の視点トルコ生産増~ 自動車が牽引 ~No.2015-044 2015年4月15日http://www.jri.co.jp(1)トルコ経済が持ち直し。昨年7~9月と10~12月の実質成長率は、前年比で1.9%から2.6%、 季調済前期比年率で2.2%から2.8%へ加速。もっとも鉱工業生産は昨秋来一進一退。今後を どのようにみるべきか。まず本年2月の生産は前月比1.7%増(図表1)。輸出数量は、月次 変動が大きいものの、昨年8月を底に増勢。とりわけ本年1月は前月比

2015年3月11日日本総研フィードバック数:0社会/政治海外

タイ 持ち直し-輸出増から生産増

≪藤井英彦の 視点≫ ≫ 藤井英彦の視点タイ持ち直しNo.2015-029 2015年3月11日http://www.jri.co.jp~ 輸出増から生産増 ~(1)タイ経済が持ち直し(図表1)。まず輸出数量が昨年8月を底に増勢復帰。輸入数量は月次変 動が大きいものの、昨年初の最悪期を脱した模様。一方、鉱工業生産は昨年10月から増勢回復。 昨年12月、前月比▲0.5%のマイナスとなったものの、本年1月には同0.7%と再び増加。このと ころの輸出増は砂糖やコメの農産品、光学機器など精密機械や電気機

2015年2月19日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2015年1月貿易統計

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 1月貿易統計輸出数量の大幅増と輸入価格の低下で貿易赤字は大幅縮小 2015年2月19日エコノミック・インテリジェンス・チーム エコノミスト 橋本 政彦◆2015年1月の貿易統計では、輸出金額は前年比+17.0%と5ヶ月連続の増加となった。円安による押し上げを主因に輸出価格が同+5.2%と上昇したことに加えて、輸出数量が同+11.2%と急増したことが輸出金額を押し上げた。季節調整値で見た輸出金額も前月比

2014年9月18日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2014年8月貿易統計

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 2014年9月18日エコノミック・インテリジェンス・チーム エコノミスト 長内 智◆2014年8月の貿易統計は、輸出が伸び悩み、先行きの貿易収支の改善に対しても楽観視できない内容となった。輸出金額は前年比▲1.3%と市場コンセンサス(同▲2.6%)を上回ったものの、2ヶ月ぶりのマイナス。これは輸出価格が同+1.6%と2ヶ月連続のプラスとなった一方で、輸出数量が同▲2.9%と前年を大きく下回ったことによ

今後の輸出の動向について

1.今月のグラフ ~百貨店販売を下支えする外国人観光客2.景気概況 ~景気は一時的に悪化している3.今月のトピック:今後の輸出の動向について~このまま低迷が続くのか (1)遅れる輸出の回復~2013年以降、輸出数量は横ばい(2)今後の輸出の行方~緩やかな持ち直しにとどまる

2014年3月11日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

輸出数量だけではない円安限界説 ~円安でも増えない対内投資、減らない対外投資~

輸出数量だけではない円安限界説 ~円安でも増えない対内投資、減らない対外投資~

2014年2月24日日本総研フィードバック数:0社会/政治

関西景気動向2月 関西の景気は、持ち直している。輸出(円ベース)は、先進国向けを中心に増勢を維持している。もっとも輸出数量は引き続き伸び悩んでいる

関西景気動向2月 関西の景気は、持ち直している。輸出(円ベース)は、先進国向けを中心に増勢を維持している。もっとも輸出数量は引き続き伸び悩んでいる

2014年2月6日大和総研フィードバック数:0社会/政治

円安・海外回復で輸出が伸びない5つの理由

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 円安・海外回復で輸出が伸びない5つの理由過度の悲観は禁物。しかし短期と長期は慎重に。 ◆円安と海外経済の拡大が同時並行する中にありながら、輸出数量の伸びは振るわない。本稿ではその背景を探り、輸出数量増加のための条件を検証するとともに、日本経済への影響を整理する。◆円安と海外経済の回復が並行する中で輸出数量が伸びない理由としては、①輸出先の設備稼働率の水準が低いこと、②日本企業のPricing to M

2013年5月1日大和総研フィードバック数:1社会/政治

2013年3月鉱工業生産

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 ◆2013年3月の生産指数は、前月比+0.2%となり、市場コンセンサス(同+0.4%)をわずかに下回ったものの、4ヶ月連続の上昇となった。3ヶ月移動平均で見ても4ヶ月連続の増加となっており、生産は持ち直し基調が続いている。出荷指数は前月比+0.3%と2ヶ月連続で上昇し、在庫指数が同▲0.2%と低下したことから、在庫率指数は同▲1.2%と6ヶ月連続の低下(改善)となった。◆3月の生産を業種別に見ると、化

2013年3月4日経済産業研究所フィードバック数:1ライフスタイル

食料の輸出数量制限に対する規制の有効性

食料の輸出数量制限に対する規制の有効性概要国際穀物市場は、農産物貿易政策によって各国の国内市場と分断された市場であるという特徴がある。国際価格が低迷している時、輸入関税などを使って自国の農業を保護しようとする。この結果、国際市場への需要が減少するので、穀物価格はさらに低下する。逆に、国際価格が高騰すると、輸出税を課したり、輸出を禁止したりして、国内消費者への供給を優先しようとする結果、国際市場への供給が減少するので、穀物価格はさらに上昇する。最近においても、2008年に穀物価格が3倍に上昇した際

貿易統計13年1月~貿易赤字は当面拡大傾向が続く公算

貿易統計13年1月~貿易赤字は当面拡大傾向が続く公算 | ニッセイ基礎研究所 貿易統計13年1月~貿易赤字は当面拡大傾向が続く公算 経済研究部 経済調査室長 斎藤 太郎・貿易赤字は原数値では過去最大に・当面貿易赤字の拡大傾向が続く公算財務省が2月20日に公表した貿易統計によると、13年1月の貿易収支は▲16,294億円と7ヵ月連続の赤字となり、赤字幅は事前の市場予想(QUICK集計:▲13,722億円、当社予想は▲14,929億円)を大きく上回った。輸出が前年比6.4%(12月:同▲5.8%)

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
 

お知らせ