「輸出数量」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2015年6月18日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

貿易統計(2015年5月) ~実質輸出は前月比▲4.4%と大幅減少~

Economic Indicators定例経済指標レポートテーマ:貿易統計(2015年5月)発表日:2015年6月17日(水)~実質輸出は前月比▲4.4%と大幅減少~第一生命経済研究所 経済調査部副主任エコノミスト高橋 大輝TEL:03-5221-4524担当貿易収支(億円)14151月原数値▲ 27951輸出数量輸出金額 輸入金額季調値前年比前年比▲ 177659.425.1輸入数量アメリカEUアジア前年比前年比前年比前年比▲ 0.26.35.5▲ 2.0前年比8.0アメリカEUアジア前年比前

2015年6月18日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2015年5月貿易統計

トップレポート・コラム経済分析日本5月貿易統計 ここから本文です5月貿易統計回復・拡大傾向が一服サマリー◆2015年5月の貿易統計では、輸出金額は前年比+2.4%と9ヶ月連続の増加となった。しかし増加率は前月(同+8.0%)から大きく低下しており、市場コンセンサス(同+3.0%)を下回った。輸入金額は同▲8.7%と5ヶ月連続の減少となったが、5月には赤字になりやすい季節性もあり貿易収支は▲2,160億円と、2ヶ月連続の赤字であった。◆輸出金額を価格要因と数量要因に分けて見ると、輸出数量が前年比▲

2015年5月25日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2015年4月貿易統計

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 4月貿易統計EU・アジア向け輸出が足踏みし、貿易収支は赤字に 2015年5月25日エコノミック・インテリジェンス・チーム エコノミスト 小林 俊介◆2015年4月の貿易統計では、輸出金額は前年比+8.0%と8ヶ月連続の増加となったが、増加幅は前月(同+8.5%)から縮小した。また、輸入金額が同▲4.2%と減少幅を縮小した結果、貿易収支は▲534億円と、2ヶ月ぶりの赤字に転じた。◆輸出金額を価格要因と数

2015年4月22日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2015年3月貿易統計

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 3月貿易統計貿易収支は2年9ヶ月ぶりの黒字 2015年4月22日エコノミック・インテリジェンス・チーム エコノミスト 橋本 政彦◆2015年3月の貿易統計では、輸出金額は前年比+8.5%と7ヶ月連続の増加となり、増加幅は前月(同+2.5%)から拡大した。また、輸入金額が同▲14.5%と大きく減少した結果、貿易収支は+2,293億円と2年9ヶ月ぶりの黒字に転じた。◆輸出金額を価格要因と数量要因に分けて見

2015年2月20日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

貿易統計(2015年1月) ~貿易赤字が大幅縮小~

Economic Indicators定例経済指標レポートテーマ:貿易統計(2015年1月)発表日:2015年2月19日(木)~貿易赤字が大幅縮小~第一生命経済研究所 経済調査部担当 副主任エコノミスト 高橋 大輝TEL:03-5221-4524貿易収支(億円)141月原数値▲ 27950輸出数量輸出金額 輸入金額季調値前年比前年比▲ 187039.525.1輸入数量アメリカEUアジア前年比前年比前年比前年比▲ 0.26.35.5▲ 2.0前年比8.0アメリカEUアジア前年比前年比前年比15.3

2015年2月19日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2015年1月貿易統計

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 1月貿易統計輸出数量の大幅増と輸入価格の低下で貿易赤字は大幅縮小 2015年2月19日エコノミック・インテリジェンス・チーム エコノミスト 橋本 政彦◆2015年1月の貿易統計では、輸出金額は前年比+17.0%と5ヶ月連続の増加となった。円安による押し上げを主因に輸出価格が同+5.2%と上昇したことに加えて、輸出数量が同+11.2%と急増したことが輸出金額を押し上げた。季節調整値で見た輸出金額も前月比

2014年9月18日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2014年8月貿易統計

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 2014年9月18日エコノミック・インテリジェンス・チーム エコノミスト 長内 智◆2014年8月の貿易統計は、輸出が伸び悩み、先行きの貿易収支の改善に対しても楽観視できない内容となった。輸出金額は前年比▲1.3%と市場コンセンサス(同▲2.6%)を上回ったものの、2ヶ月ぶりのマイナス。これは輸出価格が同+1.6%と2ヶ月連続のプラスとなった一方で、輸出数量が同▲2.9%と前年を大きく下回ったことによ

今後の輸出の動向について

1.今月のグラフ ~百貨店販売を下支えする外国人観光客2.景気概況 ~景気は一時的に悪化している3.今月のトピック:今後の輸出の動向について~このまま低迷が続くのか (1)遅れる輸出の回復~2013年以降、輸出数量は横ばい(2)今後の輸出の行方~緩やかな持ち直しにとどまる

2014年4月9日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

日豪EPA大筋合意の3つの意義~TPP交渉進展の梃子となるか?~

みずほインサイト政 策2014 年 4 月 8 日日豪EPA大筋合意の3つの意義TPP交渉進展の梃子となるか?政策調査部上席主任研究員菅原淳一03-3591-1327junichi.sugawara@mizuho-ri.co.jp○ 4月7日の日豪首脳会談により、7年に及んだ日豪EPA交渉が大筋合意に至った。今回の合意は、日本が「聖域」品目についても自由化を約束したことが最大の注目点である。○ 今回の合意には、3つの意義があると言える。①豪州市場での対等な競争条件を確保したこと、②安倍政権の国内

2014年2月24日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

貿易統計(2014年1月) ~輸出は春節による下押しもあり減少~

Economic Indicators定例経済指標レポートテーマ:貿易統計(2014年1月)発表日:2014年2月20日(木)~輸出は春節による下押しもあり減少~第一生命経済研究所 経済調査部担当 エコノミスト 高橋 大輝TEL:03-5221-4524貿易収支(億円)1213輸出数量輸出金額 輸入金額季調値前年比前年比▲ 5058▲ 6.5▲ 1.5輸入数量アメリカEUアジア前年比前年比前年比前年比▲ 8.51.2▲ 22.4▲ 7.1前年比▲ 0.5アメリカEUアジア前年比前年比前年比▲ 0

2014年2月24日日本総研フィードバック数:0社会/政治

関西景気動向2月 関西の景気は、持ち直している。輸出(円ベース)は、先進国向けを中心に増勢を維持している。もっとも輸出数量は引き続き伸び悩んでいる

関西景気動向2月 関西の景気は、持ち直している。輸出(円ベース)は、先進国向けを中心に増勢を維持している。もっとも輸出数量は引き続き伸び悩んでいる

2014年2月6日大和総研フィードバック数:0社会/政治

円安・海外回復で輸出が伸びない5つの理由

トップレポート・コラム経済分析日本円安・海外回復で輸出が伸びない5つの理由 ここから本文です円安・海外回復で輸出が伸びない5つの理由過度の悲観は禁物。しかし短期と長期は慎重に。サマリー◆円安と海外経済の拡大が同時並行する中にありながら、輸出数量の伸びは振るわない。本稿ではその背景を探り、輸出数量増加のための条件を検証するとともに、日本経済への影響を整理する。◆円安と海外経済の回復が並行する中で輸出数量が伸びない理由としては、①輸出先の設備稼働率の水準が低いこと、②日本企業のPricing to

2013年10月1日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2013年8月鉱工業生産

トップレポート・コラム経済分析日本8月鉱工業生産 ここから本文です8月鉱工業生産生産は増勢鈍化も、先行きの生産計画は強気ニューヨークリサーチセンター シニアエコノミスト(NY駐在) 橋本 政彦 サマリー◆2013年8月の生産指数は、前月比▲0.7%と2ヶ月ぶりの低下となり、市場コンセンサス(同▲0.3%)を下回った。3ヶ月移動平均値で見ても、2ヶ月ぶりの低下となり、生産の増勢は鈍化している。出荷指数は前月比+0.4%と2ヶ月連続の上昇となり、在庫指数は同▲0.1%と3ヶ月ぶりの低下となった。◆8

2013年9月20日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

貿易統計(2013年8月) ~8月輸出はリバウンド。輸出は持ち直し傾向にある~

Economic Indicatorsテーマ:貿易統計(2013年8月)定例経済指標レポート発表日:2013年9月19日(木)~8月輸出はリバウンド。輸出は持ち直し傾向にある~第一生命経済研究所 経済調査部担当 エコノミスト 星野 卓也TEL:03-5221-4526貿易収支(億円)原数値季調値129月▲ 5682 ▲ 1013910月▲ 5562▲ 527711月▲ 9570▲ 888112月▲ 6457▲ 7705131月 ▲ 16335▲ 72692月▲ 7813 ▲ 106703月▲ 3

2013年9月2日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2013年7月鉱工業生産

トップレポート・コラム経済分析日本7月鉱工業生産 ここから本文です7月鉱工業生産市場予想からは下振れしたが、持ち直し傾向を確認ニューヨークリサーチセンター シニアエコノミスト(NY駐在) 橋本 政彦 サマリー◆2013年7月の生産指数は、前月比+3.2%と2ヶ月ぶりの上昇となった。市場コンセンサス(同+3.6%)を下回ったものの、前月の大幅な落ち込みを取り戻す高い伸びであり、生産の持ち直し傾向が確認される内容であった。出荷指数は前月比+1.3%と2ヶ月ぶりの上昇となり、在庫指数は同+1.5%と上

2013年7月31日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2013年6月鉱工業生産

トップレポート・コラム経済分析日本6月鉱工業生産 ここから本文です6月鉱工業生産改善一服だが、均せば持ち直しが続くニューヨークリサーチセンター シニアエコノミスト(NY駐在) 橋本 政彦 サマリー◆2013年6月の生産指数は、前月比▲3.3%と5ヶ月ぶりの低下となり、市場コンセンサス(同▲1.5%)を下回った。3ヶ月移動平均も5ヶ月ぶりの低下となり、これまでの改善傾向が一服した格好だが、製造工業生産予測調査によれば先行きについては増加基調を見込んでおり、生産は持ち直しが続いているという判断に変更

2013年7月1日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

現れ始めた円安の輸出押し上げ効果 ~円安効果主導で輸出は持ち直しが続く見込み~

Economic Trendsマクロ経済分析レポート現れ始めた円安の輸出押し上げ効果発表日:2013年6月27日(木)~円安効果主導で輸出は持ち直しが続く見込み~第一生命経済研究所 経済調査部担当 エコノミスト 大塚 崇広TEL:03-5221-4525(要旨)○輸出に持ち直しの兆しが出てきた。米国景気の底堅さや日中関係悪化の緩和に加え、昨年末から急速に進んだ円安が輸出増加を後押しした可能性が高い。○円安が輸出数量を押し上げるプロセスを整理すると、①円建て輸出の場合は、円安の進展=価格競争力の向

2013年2月24日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

円安効果現る

Global Market Outlook円安効果現る2013年2月20日(水)第一生命経済研究所 経済調査部副主任エコノミスト 藤代 宏一TEL 03-5221-452316:20 現在<主要株価指数>日経平均株価TOPIXNYダウDAX(独)FT100(英)CAC(仏)上海総合※<外国為替>※ドル円ユーロ円ドルユーロ<長期金利>※日本アメリカイギリスドイツフランスイタリアスペイン終値11468.28973.714,035.677,752.456,379.073,735.822,397.18前

貿易統計13年1月~貿易赤字は当面拡大傾向が続く公算

貿易統計13年1月~貿易赤字は当面拡大傾向が続く公算 | ニッセイ基礎研究所 貿易統計13年1月~貿易赤字は当面拡大傾向が続く公算 経済研究部 経済調査室長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・貿易赤字は原数値では過去最大に・当面貿易赤字の拡大傾向が続く公算財務省が2月20日に公表した貿易統計によると、13年1月の貿易収支は▲16,294億円と7ヵ月連

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
 

お知らせ