「輸出構造」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2015年1月27日三重銀行フィードバック数:0社会/政治

円安進行下における東海地域の輸出動向~名古屋税関輸出上位品目から探る~

Re se arch r e p o r t調 査レポート円安進行下における東海地域の輸出動向∼名古屋税関輸出上位品目から探る∼調査レポート日本では2013年12月以降、為替相場は1ドル=100円台が定着して以降円安傾向が続き、2014年12月時点では1ドル=120円近辺で推移するなど一段の円安が進行しています。一般に円安は、日本経済にとって追い風となることが期待されています。なぜなら、円安が輸出数量の増加につながり、これが国内生産を引き上げ、雇用と設備投資を活性化させ、国内需要の好循環を作り出

貿易構造の高度化~期待される市場メカニズムによる技術革新の促進

2013/12/25調査部 野田 麻里子 1.過剰生産と生産不足が並存2.貿易構造の高度化~着実に進んでいる輸出構造の高度化3.輸出の高度化に伴い大幅黒字が定着4.依然として輸入部品に依存している電気機械産業

日本の輸出構造~国際比較を通じた分析から見える日本の強さ~

○日本の輸出額は、2000 年代に入り、中国向けが急速に拡大したことなどから増加が続いたが、リーマン・シ ョックの影響を受けて2009年には大幅に落ち込んだ。2010年には輸出額は持ち直したものの、その後の世 界経済の減速や円高の影響もあり、足もとでは2 年連続で減少している。○日本の輸出額の世界輸出総額に占めるシェア(ドルベース)をみると、1980 年代前半には上昇が続いたが、 1986 年の9.9%をピークに長期的にみると緩やかに低下しており、2012 年には4.3%程度となっている。米 国

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
 

お知らせ