「輸出構造」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2015年2月3日野村総合研究所フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

インドネシア経済の動向と日本の製造業が果たす役割

特集 ASEANの構造変化と日本企業の現地マネジメントのあり方インドネシア経済の動向と日本の製造業が果たす役割上野 洋齋藤貴成C ONT E NT SⅠ インドネシア経済の現状と課題Ⅱ インドネシアにおける日本の製造業のポジションⅢ 日本の製造業が取るべき方向性Ⅳ 具体的な事業基盤の強化施策要 約1 人口2億人を抱えるインドネシアは、2期続いたユドヨノ政権により、政治、経済、社会が安定化し、経済成長率も平均で6%を達成するなど、不安定な時代からようやく抜け出した。特に旺盛な内需が、日本や外資企

貿易構造の高度化~期待される市場メカニズムによる技術革新の促進

2013/12/25調査部 野田 麻里子 1.過剰生産と生産不足が並存2.貿易構造の高度化~着実に進んでいる輸出構造の高度化3.輸出の高度化に伴い大幅黒字が定着4.依然として輸入部品に依存している電気機械産業

2013年10月4日丸紅フィードバック数:0ライフスタイル

穀物市場:今後10年を考えるべく、過去10年を振り返る~世界各国の穀物生産・輸出・輸入の変化~

穀物市場:今後10年を考えるべく、過去10年を振り返る~世界各国の穀物生産・輸出・輸入の変化~2013年9月25日*本稿で用いた1999/2009年の農業データは、特に断りが無い限り当該年と前後1年(合計3年)を平均したものである。これは変動の激しい穀物生産・輸出・輸入データを均すためである。**本稿で用いたデータは特に断りが無い限りFAO/IMFデータベースのものである。丸紅経済研究所目的今後10年程度の世界各国の穀物生産・輸出・輸入の変化を考えるにあたり、過去10年間に起こった変化を詳細に

日本の輸出構造~国際比較を通じた分析から見える日本の強さ~

○日本の輸出額は、2000 年代に入り、中国向けが急速に拡大したことなどから増加が続いたが、リーマン・シ ョックの影響を受けて2009年には大幅に落ち込んだ。2010年には輸出額は持ち直したものの、その後の世 界経済の減速や円高の影響もあり、足もとでは2 年連続で減少している。○日本の輸出額の世界輸出総額に占めるシェア(ドルベース)をみると、1980 年代前半には上昇が続いたが、 1986 年の9.9%をピークに長期的にみると緩やかに低下しており、2012 年には4.3%程度となっている。米 国

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
 

お知らせ