「輸出比率」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2015年4月24日経済産業研究所フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

輸入中間財の投入と企業パフォーマンス:日本の製造業企業の実証分析

輸入中間財の投入と企業パフォーマンス:日本の製造業企業の実証分析概要開放的な市場は企業活動の効率性を高めるが、日本市場への輸入の拡大が企業にもたらす効果もその1つと考えられる。この論文では『企業活動基本調査』の企業レベルデータをもとにして、日本企業の中間財の輸入が生産性や利益率に与える効果を実証的に分析する。分析結果から、(1)生産性の高い企業は中間財を輸入する傾向にあるが、他方で(2)生産性がより高い企業ほど輸入中間財への依存の程度が低くなる傾向があること、(3)輸出比率が高い企業、外国資本が

2015年4月3日科学技術振興機構フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス海外

炭素価格の導入における中国輸出貿易コストへの影響分析(その2)

炭素価格の導入における中国輸出貿易コストへの影響分析(その2)2015年 3月31日顧 阿倫:博士、清華大学エネルギー環境経済研究所准教授略歴主な研究テーマはエネルギーシステム分析と気候変動政策。国家科学技術支援計画「国際社会の気候変動における各業界の排出削減と市場メカニズム中の主要問題に対する支援技術研究」に参加。 3 標準モデルによる測定結果 2005年から2007年にかけての中国の輸出製品のコストを検証すると、エネルギーコストは各年、輸出額の約13%を占めている。仮に、輸入される中間製品に

2014年2月23日経済産業研究所フィードバック数:0キャリアとスキル

需要ショックと雇用調整-2008-09年グローバル金融危機の下での輸出企業の従業員構成変化-

ノンテクニカルサマリー 需要ショックと雇用調整-2008-09年グローバル金融危機の下での輸出企業の従業員構成変化- 滝澤 美帆 (東洋大学) 鶴 光太郎 (ファカルティフェロー) 細野 薫 (学習院大学) このノンテクニカルサマリーは、分析結果を踏まえつつ、政策的含意を中心に大胆に記述したもので、DP・PDPの一部分ではありません。分析内容の詳細はDP・PDP本文をお読みください。また、ここに述べられている見解は執筆者個人の責任で発表するものであり、所属する組織および(独)経済産業研究

2013年9月12日日本総研フィードバック数:0社会/政治

【新局面の日中韓経済シリーズ No.1】輸出による国内付加価値の誘発構造-日中韓の現状比較と、今後とるべき戦略

Research Focushttp://www.jri.co.jp≪新局面の日中韓経済シリーズ No.1≫2013年9月11日No.2013-025輸出による国内付加価値の誘発構造― 日中韓の現状比較と、今後とるべき戦略 ―調査部 上席主任研究員 枩村秀樹《要 点》◆本レポートでは、日中韓を対象に、輸出による国内付加価値の誘発構造を分析。主な分析結果は以下の3点。◆第1に、輸出による国内経済押し上げ効果には大きな差。同時点の比較では、輸出による国内付加価値誘発は、日本が最も大きく、次いで中国、

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
 

お知らせ