「輸出物価」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2015年5月31日ゆうちょ財団フィードバック数:0社会/政治

ゆうちょ資産研レポート 2015年5月号

2015年5月号ファンダメンタル・アナリシス ……………………………………………………… 1  回復の持続が見込まれる日本の輸出      野村證券株式会社 金融経済研究所 チーフエコノミスト 木下 智夫マーケット・アウトルック(1) …………………………………………………… 7「出口政策」への警戒感から波乱を強いられる長期金利動向三菱UFJモルガン・スタンレー証券株式会社       チーフ債券ストラテジスト 石井  純マーケット・アウトルック(2) ……………………………………………………

【韓国1-3月期GDP】建設投資の拡大で前期比+0.8%に上昇

【韓国1-3月期GDP】建設投資の拡大で前期比+0.8%に上昇 | ニッセイ基礎研究所 【韓国1-3月期GDP】建設投資の拡大で前期比+0.8%に上昇 経済研究部 研究員 斉藤 誠基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 韓国銀行(中央銀行)は4月23日、2015年1-3月期の実質国内総生産(GDP)を公表した。実質GDP成長率は前期比(季節調整済)で+0.8%と、10

経済見通しです。

14~16年度 改訂経済見通し(15年2月詳細版)

景気循環研究所 経済見通し14~16 年度 改訂経済見通し(15 年 2 月詳細版)2015 年 2 月 23 日14 年度の実質成長率見通しを▲0.7%に下方修正三菱 UFJ モルガン・スタンレー証券景気循環研究所は、14 年度の日本の実質 GDP 成長率見通しを、2 月 2 日時点のマイナス 0.4%から、マイナス 0.7%へと下方修正した。14 年 10-12 月期の実質 GDP 成長率・1 次速報値が、事前の予想を下回る年率 2.2%にとどまったことを反映した。15 年度の実質成長率は2

2014年3月12日大和総研フィードバック数:0社会/政治

貿易収支赤字の要因(3)~円安効果、Jカーブ効果の現状

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 貿易収支赤字の要因③~円安効果、Jカーブ効果の現状円安による輸出押し上げ効果は徐々に生じ始めている ◆2013年の貿易収支は11.5兆円の赤字となり、比較可能な中で過去最大の赤字幅を記録した。本レポートは、その要因を分析するレポートの第3弾である。また、本レポートでは、円安が日本の輸出入に与えた影響を分析すると同時に、輸出低迷の要因、さらに輸出の先行きについても分析を行う。◆2012年末以降為替レート

2013年11月25日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

日本の輸出は円安でもなぜ伸びないのか

リサーチ TODAY2013 年 11 月 25 日日本の輸出は円安でもなぜ伸びないのか常務執行役員 チーフエコノミスト 高田 創今日、日本経済に関して最も議論になる論点の一つに、円安にも関わらずなぜ輸出の伸びが鈍いのかとの点がある1。過去1年余りで日本の為替レートは対ドルでみて2割以上円安になっており、単純に考えればドル建て輸出価格は2割安くなったはずである。しかも、日本の輸出における競争相手であるドイツのユーロの上昇も大きく、また韓国のウォンの上昇も大きいだけに、日本製品の輸出競争力が増して

2013年9月13日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

GlobalMarket Outlook 相変わらず輸出物価が力強い

GlobalMarket Outlook 相変わらず輸出物価が力強い

2013年7月22日内閣府★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

内閣府による分析です。

製造業における価格転嫁の状況

今週の指標 No.1074 製造業における価格転嫁の状況ポイント2013年7月22日2012年秋から為替が円安方向へと動く中で、輸入物価の上昇が販売価格に十分転嫁されず、企業収益を圧迫しているとの指摘がある。輸入物価の上昇は、直近では2010年から2011年にかけての資源高の際にもみられた(図1)。そこで、「投入・産出物価指数」を用いて、製造業における価格転嫁の状況を、2010~11年と2012年秋以降の対比でみてみる。産出物価の変化は、「投入物価要因」と、利潤や賃金などの変化による「付加価値要

2013年5月16日第一生命保険フィードバック数:1社会/政治

GlobalMarket Outlook 地味だが素晴らしい輸出物価

GlobalMarket Outlook 地味だが素晴らしい輸出物価

2013年4月15日第一生命保険フィードバック数:3社会/政治

Global Market Outlook 負のスパイラルの巻き戻し、地味だが素晴らしい輸出物価

Global Market Outlook 負のスパイラルの巻き戻し、地味だが素晴らしい輸出物価

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
 

お知らせ