「輸出輸入」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2015年6月26日商工中金フィードバック数:0社会/政治

2015・2016年度 経済見通し(1次改訂)

情報メモ NO.27-342015・2016 年度 経済見通し(1 次改訂)2015 年 6 月 22 日 調査部-雇用環境の改善から内需増加への好循環で、安定成長が続く-ポイント◯ 2015 年度の実質 GDP は前年度比+1.6%を見込む。以下の要因により、プラス成長を回復する。① 良好な雇用環境のもと、名目所得の増加が継続される。加えて、原油価格の低位安定に伴う物価水準の下押しや消費税率引き上げ影響の一巡により、実質所得もプラスに転換し、個人消費の増加に寄与する。② 為替の円安水準が続き、

2015年5月21日アジア成長研究所フィードバック数:0社会/政治

東アジア12カ国・地域経済動向(2015年第1四半期)

AGI  東アジア 12 ヵ国・地域経済動向東アジア 12 ヵ国・地域の経済動向を,主要統計のグラフとアジア成長研究所(AGI)の研究員による解説とともにお知らせいたします。(2015 年第 1 四半期)グラフの読み方図 1:実質 GDP と GDP デフレータの伸び率一国経済の基本的な経済動向を読む○実質 GDP 国内総生産(GDP:Gross Domestic Product)は,国内で生み出された財・サービスの付加価値の総計である。GDP には名目値と実質値があり,そのうち実質 GDP の

2015年5月18日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

[みずほ日本経済情報]2015年5月号

みずほ日本経済情報2015年5月号◆ トピック2014年度の個人消費は過去最大の減少となる見込み2014年度の個人消費(GDPベース)は過去最大の減少となる見込み。今後は春闘での賃上げ分や賞与の支給が行われる夏場にかけて、徐々に回復の動きが強まる見通し。◆ 景気判断回復している。先行きは、緩やかな回復が続くとみられる。輸出・生産が回復基調にある中、設備投資にも回復の動きがみられる。個人消費は依然力強さに欠けるが、緩やかな回復基調を維持している。1.総括日本経済の現状と先行き日本経済は回復している

2015年5月1日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

[QE予測・解説]2015年1~3月期1次QE予測

Q E 予 測2015 年 5 月 1 日2015 年 1~3 月期 1 次QE予測経済調査部主任エコノミスト徳田秀信03-3591-1298hidenobu.tokuda@mizuho-ri.co.jp○ 2015年1~3月期の実質GDP成長率は前期比+0.4%(年率+1.6%)と予測。個人消費が小幅な増加にとどまる一方、在庫投資がプラス寄与に転じ、景気回復の力強さに欠ける内容に○ 個人消費が小幅な増加となる中、在庫投資の拡大を主因に民需はプラス寄与を拡大。輸出の増加が続く一方、輸入も拡大した

2015年3月29日商工中金フィードバック数:0社会/政治

2015・2016年度 経済見通し

情報メモ NO.26-1452015・2016 年度 経済見通し2015 年 3 月 24 日 調査部-雇用・所得環境の改善を受け、内需中心に緩やかな回復に転じる-ポイント◯ 2015 年度の実質 GDP は前年度比+1.7%を見込む。以下の要因により、プラス成長に回復する。① 良好な雇用環境のもと、名目所得の増加が継続される。加えて、原油価格の低下に伴う物価水準の下押しや消費税率引き上げ影響の一巡により、実質所得もプラスに転換し、個人消費の増加に寄与する。② 米国を中心とした海外経済の持ち直し

2014年12月25日日通総合研究所★フィードバック数:0社会/政治

日通総合研究所のレポートです。

2014・2015年度の経済と貨物輸送の見通し

2016年度の経済と貨物輸送の見通し改訂株式会社日通総合研究所2016年6月本改訂見通しについて当研究所では、本年3月に2016年度末までの日本経済と貨物輸送に関する見通しをとりまとめたが、その後の内外経済環境の変化を踏まえ、以下の前提の下に2016年度マクロ経済、および貨物輸送量の見通し改訂作業を行った。◆米国経済の成長率は前年比1.8%(2.1%)、円レートは1ドル当り106.0円(112.0円)、原油輸入価格はバーレル当り46.3ドル(40.5ドル)とした。◆2015年度の実質経済成長率は

2014年10月29日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

[みずほ中国経済情報]2014年10月号

みずほ中国経済情報2014年10月号[中国経済の概況][景気動向]◆ 2014年7~9月期の実質GDP成長率は前年比+7.3%と、4~6月期(同+7.5%)から減速。不動産投資の減速が成長を下押し。◆ 9月単月の主要指標をみると、内需に弱さが残る一方、外需は堅調。CPIは鈍化、PPIはマイナス幅拡大。不動産価格に先行して変動する傾向のある不動産販売面積の伸びは、小幅ながらマイナス幅が縮小。◆ 銀行貸出残高の伸びはほぼ横ばい。社会融資総額の新規増加額は拡大。人民銀行は、常備貸借ファシリティーによる

2014年6月24日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成25年度 経済連携促進のための産業高度化推進事業(アジア大洋州各国に関する基礎的情報の網羅的整備)調査報告書

平成25年度経済連携促進のための産業高度化推進事業(アジア大洋州各国に関する基礎的情報の網羅的整備)調査報告書三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社平成26年3月ブルネイ・ダルサラーム国ブルネイ・ダルサラーム国基礎情報 ブルネイはボルネオ島に位置する小国であり、東西を東マレーシアに挟まれた東南アジアのイスラム国家。 豊富な石油、天然資源に支えられ政治、経済は極めて安定しているが、資源以外の産業の育成が課題。人口の70%が首都周辺に集中人口39.9万人(2012年)(外国人在留者含む)面

2014年4月15日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

[みずほ日本経済情報]2014年4月号

みずほ日本経済情報2014年4月号[日本経済の概況]◆日本経済は、消費増税の影響で一時的に落ち込んでいる。経済の活動水準は、潜在生産量(物価変動に対して中立的とみられる生産量)を引き続き下回っている。◆先行きの日本経済は、消費増税後の落ち込みから徐々に持ち直していくとみられる。輸出は、海外経済の回復や円安を背景に緩やかに増加する見通しである。個人消費は増税の影響による落ち込みが当面続くが、その後は駆け込み需要の反動が薄れるに伴い徐々に回復に向かうとみられる。ただし、増税後の経済情勢に対する企業の

2014年3月12日商工中金フィードバック数:0社会/政治

月間経済情勢 2014年3月号

2014 年 3 月 6 日発行情報メモ NO.25-139調査部月間経済情勢3 月号目次<最近の経済情勢のポイント><本編>1.国内経済P12.国際経済P9(米国、中国、欧州)3.金融(金利・為替・株価・国際商品市況の動き) P214.『中小企業月次景況観測』抜粋P28<主要経済・金融指標等>P29経常黒字の縮小要因30≪経常収支の趨勢≫(兆円)40リーマンショック≪海外生産比率≫(%)経産省調査中期的計画(16年度)JBIC調査20351003013年度実績見込み東日本大震災▲ 10貿易収支

2014年2月14日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

[みずほ日本経済情報]2014年2月号

みずほ日本経済情報2014年2月号[日本経済の概況]◆日本経済は回復している。ただし、経済の活動水準は、潜在生産量(物価変動に対して中立的とみられる生産量)を引き続き下回っている。◆先行きの日本経済は年度末にかけて回復が続いた後、消費増税後は一時的に落ち込むとみられる。輸出は海外経済の緩やかな回復と円安を背景に緩やかに増加し、消費増税後は内需減少への対応から伸びが高まる見通しである。設備不足感の高まりなどを受けて、設備投資は緩やかな増加が続くだろう。個人消費は自動車以外の駆け込みも加わることで年

2013年12月27日商工中金フィードバック数:0社会/政治

2013・2014年度 経済見通し(3次改訂)

情報メモ NO.25-1122013・2014 年度 経済見通し(3 次改訂)2013 年 12 月 24 日 調査部-消費税率引き上げ影響が生じるも、政策効果によりプラス成長を継続-ポイント◯ 2013 年度の実質 GDP は前年度比+2.7%を見込む。以下のような需要の押し上げ要因が重なり、年度を通じて高い成長が見込まれる。① 株価の上昇による消費マインドの改善や、所得・雇用環境の改善が個人消費の増加に波及する。さらに、海外経済の持ち直しと円安効果が相まって、輸出は緩やかに増加し、生産は回復

2013年12月23日日通総合研究所フィードバック数:0社会/政治

2013・2014年度の経済と貨物輸送の見通し

2016年度の経済と貨物輸送の見通し改訂株式会社日通総合研究所2016年6月本改訂見通しについて当研究所では、本年3月に2016年度末までの日本経済と貨物輸送に関する見通しをとりまとめたが、その後の内外経済環境の変化を踏まえ、以下の前提の下に2016年度マクロ経済、および貨物輸送量の見通し改訂作業を行った。◆米国経済の成長率は前年比1.8%(2.1%)、円レートは1ドル当り106.0円(112.0円)、原油輸入価格はバーレル当り46.3ドル(40.5ドル)とした。◆2015年度の実質経済成長率は

2013年8月12日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

[みずほ日本経済情報]2013年8月号

みずほ日本経済情報2013年8月号[日本経済の概況]◆日本経済は回復している。ただし、経済の活動水準は、潜在生産量(物価変動に対して中立的とみられる生産量)を引き続き下回っている。◆先行きの日本経済は、回復が続くとみられる。円安の数量効果が徐々に強まり、輸出は増加基調が続く見通しである。景気対策関連の公共事業が順次執行され、公共投資の増勢はさらに強まるであろう。雇用・所得環境や消費者マインドの改善を受けて、個人消費も緩やかな拡大を維持する見通しである。企業収益の改善が続く中、設備投資も増加に転じ

2013年7月1日農林中金総合研究所フィードバック数:0ライフスタイル海外

オランダの農業と農産物貿易―強い輸出競争力の背景と日本への示唆―

オランダの農業と農産物貿易─強い輸出競争力の背景と日本への示唆─主事研究員 一瀬裕一郎〔要   旨〕1  本稿では,オランダの農業が強い競争力を持ち,農業条件に恵まれたフランスやドイツを上回る農産物輸出額を実現している背景について考察する。2  オランダの農業構造は,国民 1 人当たりの農地面積の小ささに制約され,施設園芸や酪農・畜産等の労働・資本集約型の農業部門へ特化し,輸出を前提とした高収益作物を効率的に生産する構造となっている。3  オランダの農産物貿易の特徴は,国内で生産した農産物を主に

2013年5月19日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:1社会/政治

経済情報:2013年1-3月期の実質GDP成長率は前期比年率+3.5%~内需の伸びと輸出の持ち直しで成長率が大きく加速~

平成 25 年(2013 年)5 月 16 日NO.2013-162013 年 1-3 月期の実質 GDP 成長率は前期比年率+3.5%~内需の伸びと輸出の持ち直しで成長率が大きく加速~【要旨】— 2013 年 1-3 月期の実質 GDP(1 次速報値)は前期比+0.9%、年率換算して+3.5%と 2 四半期連続で増加し、かつ、そのペースも大きく加速した。家計のマインド改善を受けて個人消費が好調に推移したことなどから、国内需要が増加幅を拡大させた。加えて、大幅な減少を続けてきた輸出も米国向けを中

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
 

お知らせ