「輸出輸入」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2015年6月26日商工中金フィードバック数:0社会/政治

2015・2016年度 経済見通し(1次改訂)

情報メモ NO.27-342015・2016 年度 経済見通し(1 次改訂)2015 年 6 月 22 日 調査部-雇用環境の改善から内需増加への好循環で、安定成長が続く-ポイント◯ 2015 年度の実質 GDP は前年度比+1.6%を見込む。以下の要因により、プラス成長を回復する。① 良好な雇用環境のもと、名目所得の増加が継続される。加えて、原油価格の低位安定に伴う物価水準の下押しや消費税率引き上げ影響の一巡により、実質所得もプラスに転換し、個人消費の増加に寄与する。② 為替の円安水準が続き、

2015年6月21日日通総合研究所フィードバック数:0社会/政治

「2015年度の経済と貨物輸送の見通し」(改訂)

2016年度の経済と貨物輸送の見通し改訂株式会社日通総合研究所2016年6月本改訂見通しについて当研究所では、本年3月に2016年度末までの日本経済と貨物輸送に関する見通しをとりまとめたが、その後の内外経済環境の変化を踏まえ、以下の前提の下に2016年度マクロ経済、および貨物輸送量の見通し改訂作業を行った。◆米国経済の成長率は前年比1.8%(2.1%)、円レートは1ドル当り106.0円(112.0円)、原油輸入価格はバーレル当り46.3ドル(40.5ドル)とした。◆2015年度の実質経済成長率は

2015年4月30日日本総研フィードバック数:0社会/政治

「貿易立国」は復活できるか-貿易収支の行方と円安が促す新たな成長モデル

Research Focushttp://www.jri.co.jp2015 年4月 30 日No.2015-006「貿易立国」は復活できるか~貿易収支の行方と円安が促す新たな成長モデル~調査部 チーフエコノミスト 山田 久《要 点》 このところの輸出増は円安効果が顕在化している面はあるが、為替相場変動と必ずしも無関係な要素も働いており、円安の輸出促進効果を過大評価すべきではない。一方、輸入が頭打ちから減少傾向になっている最大の要因は原油安の影響であり、少なくとも円安効果が輸入減少の主因とはい

2015年4月22日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

貿易統計(2015年3月) ~季節調整値では4年1ヶ月ぶりの貿易黒字~

Economic Indicators定例経済指標レポートテーマ:貿易統計(2015年3月)発表日:2015年4月22日(水)~季節調整値では4年1ヶ月ぶりの貿易黒字~第一生命経済研究所 経済調査部担当 副主任エコノミスト 高橋 大輝TEL:03-5221-4524貿易収支(億円)14151月原数値▲ 27951輸出数量輸出金額 輸入金額季調値前年比前年比▲ 179189.425.1輸入数量アメリカEUアジア前年比前年比前年比前年比▲ 0.26.35.5▲ 2.0前年比8.0アメリカEUアジア前

2015年3月29日商工中金フィードバック数:0社会/政治

2015・2016年度 経済見通し

情報メモ NO.26-1452015・2016 年度 経済見通し2015 年 3 月 24 日 調査部-雇用・所得環境の改善を受け、内需中心に緩やかな回復に転じる-ポイント◯ 2015 年度の実質 GDP は前年度比+1.7%を見込む。以下の要因により、プラス成長に回復する。① 良好な雇用環境のもと、名目所得の増加が継続される。加えて、原油価格の低下に伴う物価水準の下押しや消費税率引き上げ影響の一巡により、実質所得もプラスに転換し、個人消費の増加に寄与する。② 米国を中心とした海外経済の持ち直し

2015年1月8日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治海外

ASEAN・インド月報(2015年1月)

2015 年 1 月 8 日ASEAN・インド月報(2015 年 1 月)【目 次】■ASEAN・インドのマクロ経済動向インドネシア・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 1マレーシア・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 2フィリピン・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 3シンガポール・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 4タイ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 5ベトナム・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 6インド・・・・・・・・・・・・・

2014年10月8日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治海外

ASEAN・インド月報(2014年10月)

2014 年 10 月 6 日ASEAN・インド月報(2014 年 10 月)【目 次】■ASEAN・インドのマクロ経済動向インドネシア・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 1マレーシア・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 2フィリピン・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 3シンガポール・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 4タイ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 5ベトナム・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 6インド・・・・・・・・・・・

2014年7月29日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

[みずほ中国経済情報]2014年7月号

みずほ中国経済情報2014年7月号[中国経済の概況][景気動向]◆ 2014年4~6月期の実質GDP成長率は前年比+7.5%と、1~3月期(同+7.4%)から小幅に加速。◆ 6月単月の主要指標をみると、工業生産、投資、輸入の伸びが加速、内需に底入れの兆し。CPIは小幅に鈍化、PPIはマイナス幅縮小。不動産販売面積の伸びはマイナス幅が大幅縮小するも、住宅価格の伸びは引き続き鈍化。◆ 銀行貸出残高の伸びは加速。社会融資総額の増加幅も拡大。人民銀行は、小規模・零細企業や「三農」(農業、農民、農村)に対

2014年7月14日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

[みずほ日本経済情報]2014年7月号

みずほ日本経済情報2014年7月号[日本経済の概況]◆日本経済は、消費増税後の落ち込みから持ち直しつつある。経済の活動水準は、潜在生産量(物価変動に対して中立的とみられる生産量)を引き続き下回っている。◆先行きの日本経済は、消費増税後の落ち込みから持ち直していくとみられる。個人消費は、駆け込み需要の反動が薄れるにつれて回復する見込みである。設備投資は当面足踏みが続くが、年度後半にかけて回復基調に復するだろう。輸出は、海外経済の回復や円安を背景に増加するものの、そのペースは緩やかであろう。経済活動

2014年4月15日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

[みずほ日本経済情報]2014年4月号

みずほ日本経済情報2014年4月号[日本経済の概況]◆日本経済は、消費増税の影響で一時的に落ち込んでいる。経済の活動水準は、潜在生産量(物価変動に対して中立的とみられる生産量)を引き続き下回っている。◆先行きの日本経済は、消費増税後の落ち込みから徐々に持ち直していくとみられる。輸出は、海外経済の回復や円安を背景に緩やかに増加する見通しである。個人消費は増税の影響による落ち込みが当面続くが、その後は駆け込み需要の反動が薄れるに伴い徐々に回復に向かうとみられる。ただし、増税後の経済情勢に対する企業の

2014年3月12日商工中金フィードバック数:0社会/政治

月間経済情勢 2014年3月号

2014 年 3 月 6 日発行情報メモ NO.25-139調査部月間経済情勢目次<最近の経済情勢のポイント> <本編> 1.国内経済 2.国際経済 (米国、中国、欧州)3 月号P1 P93.金融(金利・為替・株価・国際商品市況の動き) P21 4.『中小企業月次景況観測』抜粋 <主要経済・金融指標等> P28 P29経常黒字の縮小要因30(兆円)≪経常収支の趨勢≫リーマン ショック40(%)≪海外生産比率≫経産省調査 JBIC調査中期的計画 (16年度)20 35100東日本大震災3013年度

2014年2月18日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治

経済情報:2013年10-12月期の実質GDP成長率は前期比年率+1.0%~国内民需の増加・加速に支えられ、景気は回復基調を持続~

平成 26 年(2014 年)2 月 17 日NO.2014-12013 年 10-12 月期の実質 GDP 成長率は前期比年率+1.0%~国内民需の増加・加速に支えられ、景気は回復基調を持続~【要旨】— 2013 年 10-12 月期の実質 GDP(1 次速報値)は前期比年率+1.0%と、伸び率は前期(同+1.1%)に比べて小幅に低下したが、4 四半期連続のプラス成長となった。輸出はやや伸び悩んでいるものの、個人消費や設備投資など国内民需の着実な増加・加速に支えられ、日本経済は引き続き回復を続

2013年12月23日日通総合研究所フィードバック数:0社会/政治

2013・2014年度の経済と貨物輸送の見通し

2016年度の経済と貨物輸送の見通し改訂株式会社日通総合研究所2016年6月本改訂見通しについて当研究所では、本年3月に2016年度末までの日本経済と貨物輸送に関する見通しをとりまとめたが、その後の内外経済環境の変化を踏まえ、以下の前提の下に2016年度マクロ経済、および貨物輸送量の見通し改訂作業を行った。◆米国経済の成長率は前年比1.8%(2.1%)、円レートは1ドル当り106.0円(112.0円)、原油輸入価格はバーレル当り46.3ドル(40.5ドル)とした。◆2015年度の実質経済成長率は

2013年3月12日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

[みずほ日本経済情報]2013年3月号

みずほ日本経済情報2013年3月号[日本経済の概況]◆日本経済は持ち直している。ただし、経済の活動水準は、潜在生産量(物価変動に対して中立的とみられる生産量)を引き続き下回っている。◆先行きの日本経済は、緩やかに回復するとみられる。海外経済の持ち直しと円安を背景に輸出は増加に転じる見通しである。春先からは補正予算で追加された公共事業が順次執行され、公共投資の増勢が強まるであろう。雇用・所得環境の改善を受けて、個人消費も緩やかに回復する見通しである。ただし、経済活動の水準は潜在生産量を下回る状態が

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
 

お知らせ