「輸出GDP」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2015年3月12日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

[みずほアジア・オセアニア経済情報]2015年4月

みずほアジア・オセアニア経済情報2015年4月号(季刊)[アジア経済の概況]◆2014年10~12月期のアジア経済は、景気拡大基調を維持したものの、そのテンポは緩やかだった。これまで景気をけん引してきた輸出が、欧州向けの弱含みなどから、増加テンポを弱めた。◆2015年以降のアジア経済は、景気拡大基調を維持するものの、引き続きそのテンポは緩やかなものにとどまるだろう。主要輸出先の欧州、中国の景気回復力が弱く輸出加速が期待しづらいためだ。一方、内需は、原油安によるインフレ率低下や金融緩和に支えられ、

2013年12月2日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治海外

平成25年11月(ロシア・中東欧経済の見通し)

平成 25 年(2013 年)11 月 29 日~景気は持ち直し方向にあるが、回復ペースは国毎にまちまち~1.ロシア・中東欧経済の概況インフレ沈静化やロシア・中東欧の景気は全体として持ち直し方向にある。まず各国共通西欧諸国の景気後 の要因として、主要輸出先である西欧諸国が景気後退を抜け出し、外需の退終了を受け、持ち 落ち込みに歯止めが掛かったことが挙げられる。また、国内要因としては、直しインフレの沈静化による、マインドの改善や実質購買力の増加等が寄与している。それぞれの国の状況をみていくと、ロシ

2013年7月20日経済産業省フィードバック数:0ビジネス

平成23年度総合調査研究「アジア大の産業構造を踏まえた日本経済の将来動向に関する調査研究」,報告書

経済産業省委託調査平成23年度総合調査研究「アジア大の産業構造を踏まえた日本経済の将来動向に関する調査研究」<報告書>平成24年3月三菱 UFJ リサーチ&コンサルティング株式会社はじめに本調査研究では、日本とアジアの産業・国際分業構造の変化を念頭にアジア大(アジア規模)の産業構造を踏まえたマクロ計量モデルを構築し、アジアとの連関を踏まえた今後の日本経済の姿を描くとともに、企業の海外展開によって国際分業を最適化できた場合、国内産業の空洞化が生じた場合、医療・介護・保育等の内需を活性化できた場合の

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
 

お知らせ