「農作物」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

主要産地における平成27年産水稲の生育状況等について(6月5日現在)

 主要産地における平成27年産水稲の生育状況等について第3報 (6月5日現在)作成:公益社団法人米穀安定供給確保支援機構情報部(平成27年6月5日)生育状況等道府県育苗・田植進行状況・生育状況等(自治体等公表資料の抜粋)区分北海平年に対する遅速等同左及び周辺事情に対する自治体等公表資料等(抜粋)道(全道)生育はやや早い(早3日)、移植作業は平年並に始まっている(早1日)。    日照時間は多かったことから、耕起など春作業は順調に推移している。    (北海道農政部 5月15日現在)・6月のヒメト

世界と日本の人口問題:食料とエネルギーの需給の問題に関連して(その1)

環境と経済を両立させた持続可能な社会のあり方を考える世界と日本の人口問題:食料とエネルギーの需給の問題に関連して(その1)世界の人口を究極的に左右するのは化石燃料の枯渇であろう印刷用ページ化石燃料が使える当分の間、食料の供給が世界の人口を制約することはなさそうである 人類が農耕を始めてから産業革命以前までの世界人口は生存に必要な食料の供給に左右される自然淘汰の原則で制御されていたのではないかと想像される。生存のために必要な食料は、主として農作物として与えられたが、凶作時に備える貯蓄量は十分でなか

2009年6月1日アイシェアフィードバック数:0ライフスタイル

生活環境の影響?居住地に緑が多い人ほど「農業に興味ある」~農業に興味を持っている理由「自然に触れるのが好きだから」

緑の多い所に住む人は「農業」に関心あり? 農業に関する意識調査 生活環境の影響?居住地に緑が多い人ほど「農業に興味ある」~農業に興味を持っている理由「自然に触れるのが好きだから」食に関する問題や事件の続発による安全意識の高まり、また「100年に1度」と言われる不況のあおりも手伝ってか、近年農業が見直されてきている。現在、農業に興味を持っている人はどれくらいいるのだろうか。20代から40代のネットユーザーに調査し、544名の回答を集計した。現在住んでいる地域に木や草などの緑がたくさんあるかとの問い

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 

お知らせ