「農協改革」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2015年5月6日中央調査社フィードバック数:0社会/政治

第667回 時事世論調査 〔2015年3月結果〕

■「中央調査報(No.690)」より3月の時事世論調査の結果、安倍内閣の支持率は前月比0.3ポイント増の47.7%となり横ばいだった。不支持率も同0.1ポイント減の32.2%と動きはなかった。安倍政権は、60年ぶりの農協改革を農協の中央組織や与党内の抵抗を押し切り決着させ、国会の施政方針演説では改革姿勢を強くアピールし、安保法制の整備、経済再生、社会保障改革、地方創生などの具体化を進めると訴えた。一方、戦後70年の節目に出すとされる「首相談話」や意欲的とみられる憲法改正については控えめな発言にと

2015年3月1日中央調査社フィードバック数:0社会/政治

第665回 時事世論調査〔2015年1月結果〕

■「中央調査報(No.688)」より1月の時事世論調査の結果、安倍内閣の支持率は前月比1.8ポイント増の47.2%となりわずかに持ち直した。不支持率は同1.6ポイント減の33.3%だった。安倍政権は、12月14日投票の総選挙の結果、与党の合計議席数は選挙前と変わらず、3分の2以上の絶対安定多数を維持した。内閣の改造は防衛大臣のみで、1月14日開催の通常国会に向け選挙により遅れていた来年度予算編成に注力した。選挙で一定の信任を得たアベノミクス継続のため、企業への賃上げ要請、法人税の引き下げ、労働規

2015年2月18日経済産業研究所フィードバック数:0ライフスタイル

農協改革の必要性と意義

Special Report 農協改革の必要性と意義農業が衰退して農協は発展した農業は高い関税で競争力のあるアメリカやオーストラリアの農業から保護されてきた。それにもかかわらず農業、特に米農業が衰退するということは、その原因がアメリカやオーストラリアにあるのではないことを示している。その原因は日本の国内にある。というより“いる”と言った方が適切かもしれない。日本の農業は政治に翻弄されてきた。農業がその潜在能力をいかんなく発揮して発展することを、政策が妨げてきたのである。農協は、農業資材を安く購入

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 

お知らせ