「農地面積」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2014年12月28日農林水産省フィードバック数:0ライフスタイル

平成25年の農用地区域内の農地面積について

平成25年の農用地区域内の農地面積について農林水産省は、「農業振興地域の整備に関する法律」に基づいて、平成25年の農用地区域内の農地面積を取りまとめました。 1 背景農林水産大臣は、平成22年6月に「農業振興地域の整備に関する法律」(昭和44年法律第58号)に基づき「農用地等の確保等に関する基本指針」を定めました。その中で、平成32年時点で確保すべき農用地区域内の農地面積の目標を415万haとしています。また、同法に基づき毎年、目標の達成状況を公表することとされています。今回、平成25年の

2014年12月28日農林水産省フィードバック数:0ライフスタイル

平成25年の荒廃農地の面積について

平成25年の荒廃農地の面積について農林水産省は、平成25年の荒廃農地の面積を取りまとめました。 1. 背景農林水産省は、我が国の食料自給率の向上を図るためには、優良農地の確保と有効利用の促進が重要であることから、食料・農業・農村基本計画(平成22年3月30日閣議決定)に基づき、荒廃農地の再生利用に向けた施策を推進しています。当該施策の推進に当たり、荒廃農地の荒廃状況、解消状況等の情報を把握することが必要不可欠であることから、「荒廃農地の発生・解消状況に関する調査要領」(24農振第1168号

「米の生産コスト4割削減」の可能性と問題点

「米の生産コスト4割削減」の可能性と問題点2013.10.7農林中金総合研究所特任研究員 行友 弥アベノミクス「3本目の矢」に位置付けられる「日本再興戦略」は、今後 10年間に「担い手のコメの生産コストを現状全国平均比4割削減」するとの目標を掲げた。米生産費は農地集積を進めれば3割程度の削減が可能なことは統計から推計できるが、それ以上の低コスト化は単純な規模拡大では難しく、分散錯圃の解消や農法・技術の抜本的革新が必要となる。また、4割削減が達成されても、それだけで日本の米が関税撤廃に耐えうる国際

2012年12月26日農林水産省フィードバック数:7ライフスタイル

平成23年の農用地区域内の農地面積について

平成23年の農用地区域内の農地面積について農林水産省は、「農業振興地域の整備に関する法律」に基づいて、平成23年の農用地区域内の農地面積をとりまとめました。 背景農林水産大臣は、平成22年6月に「農業振興地域の整備に関する法律」(昭和44年法律第58号)に基づき、「農用地等の確保等に関する基本指針」を定めました。その中で、平成32年時点で確保すべき農用地区域内の農地面積の目標を415万haとしています。また、同法に基づき毎年、目標の達成状況を公表することとされています。今回、平成23年の農

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
 

お知らせ