「農林中金」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

外食産業市場の規模縮小の深化とその一因

寄 稿外食産業市場の規模縮小の深化とその一因東京農業大学 国際食料情報学部 准教授 菊地昌弥1  外食産業の位置付け外食産業市場はピークにあった1997年から外食産業は食品小売業と同様に商品を消費2012年 に か け て、29兆702億 円 か ら23兆2,314者に対して最終的に販売する存在である。そ億円へと5兆8,388億円(約20%)も規模が縮小れゆえ、両者の販売動向は、それらへ商品をしている。食品産業センター「食品産業統計直接販売する食品卸売業者や食品製造業者は年報」を参照すると、この

2015年4月5日農林中金総合研究所フィードバック数:0ライフスタイル

農協営農指導事業と協同農業普及事業の動向と連携の方向性――実態調査からの接近――

農協営農指導事業と協同農業普及事業の動向と連携の方向性─実態調査からの接近─西川邦夫〈茨城大学 農学部 地域環境科学科 准教授〉〔要   旨〕普及事業が縮小していくなかで農業者支援体制を維持していくためには,営農指導事業が普及事業を量的,機能的に補完・代替していく必要がある。本稿では,中国地方のA県と,北陸地方のB県の事例から,営農指導事業と普及事業の動向と連携状況を明らかにし,今後の連携の方向性を探った。条件不利地域に位置し,営農指導事業の縮小がより進んだA県では,普及のコーディネート機能の膨

2015年4月5日農林中金総合研究所フィードバック数:0社会/政治

農政・農協改革を巡る動向と日本農業の展望

農政・農協改革を巡る動向と日本農業の展望取締役基礎研究部長 清水徹朗〔要   旨〕2012年に発足した安倍政権は,産業競争力会議,規制改革会議等によって市場経済を重視する政策を進めており,TPP交渉に参加するとともに日本再興戦略で成長戦略の具体策を示し,農業においても急速な改革を進めている。「農林水産業・地域の活力創造プラン」では,輸出増大, 6 次産業化,生産コスト削減,農業構造改革などによって農業の成長産業化を進めるとしているが,その数値目標は日本農業の実態を踏まえたものとはいえず,農業所得

ユーロ圏を巡るリスクシナリオ~世界的な市場波乱のトリガーにも~

情勢判断海外経済金融ユーロ圏 を巡 るリスクシナリオ~世 界 的 な市 場 波 乱 のトリガーにも~山口 勝義要旨ユーロ圏では景気対策の機能不全やギリシャにおける政治情勢の不安定化に伴うリスクシナリオが想定されるが、これらは諸環境の一層の困難化とともにその影響の範囲をユーロ圏外にも広げ、世界的な市場波乱のトリガーとして働くことになる可能性が考えられる。はじめに図表1 株価指数(2013年12月31日=100)12010 月に入り世界の市場は突然の波乱にスペイン(IBEX35指数)110翻弄された

拡大する中国の地方債の試験的発行―全面的解禁に向けた課題―

〈レポート〉経済・金融拡大する中国の地方債の試験的発行─全面的解禁に向けた課題─研究員 王 雷軒1  はじめになった。中国では、地方政府の債券発行は原則禁止98年に発行された地方債が長期建設国債名されているが、地方政府の財政難という問題義だったのに対して、09年の地方債は各地方を解決するために試験的に行われている。政府が名義となっており、返済義務が地方政最近、地方政府の債務の急増などを受けて府にあることを明確にした。しかし、09年の地方債の試験的な発行が拡大しつつある。そ地方債の発行金利は、各地

経済・金融の動向

情勢判断今月の情勢 ∼経済・金融の動向∼米国金融・経済3 月 18∼19 日の米連邦公開市場委員会(FOMC)では、量的緩和策第 3 弾(QE3)における債券買入額(当初 850 億ドル)を、13 年 12 月(750 億ドル)、14 年 2 月(650 億ドル)に続けて縮小し、4 月から 550 億ドルとすることを決めた。一方、政策金利(0∼0.25%)については、労働市場のほか、インフレ関連指標や金融情勢指標などの様々な情報を幅広く考慮し、インフレ率が引き続き FOMC の中長期目標である

2014年2月2日農林中金総合研究所フィードバック数:0社会/政治

日本の財政(5):社会保障関係費

http://www.nochuri.co.jp/ 分析レポート国内経済金融日 本 の財 政 ⑤:社 会 保 障 関 係 費南 武志わが国の一般会計予算における社会保 障関係費は累増傾向にあるが、2014 年度 予算案では 30.5 兆円と、歳出総額(95.9 兆円)の 31.8%(一般歳出の 54.0%)を 占める最大の支出項目である(図表 1) 。 課方式をベースとした財政運営、つまり ある時点で給付される保険金は、その時 点の国民の負担で賄われる構図となって いる。それゆえ、人口構成がピラ

判断能力に疑義のある高齢者等との金融取引―農協へのアンケート調査結果から―

判断能力に疑義のある高齢者等との金融取引―農協へのアンケート調査結果から―主事研究員 田口さつき高齢化の進行とともに認知症有病者の増(注1)加が見込まれるなか,金融機関において高齢の顧客への対応の一つとして認知症を理解する必要が高まっている。特に,金融機関の営業現場にとって難し(注 2 )意思能力とは,「自分の行為の結果を正しく認識し,これに基づいて正しく意思決定をする精神能力」を意味する。民法に明文規定はないが,意思能力がない人がした行為は無効とされる。(注 3 )信用事業とは,農協の組合員な

緩やかな回復基調が続く米国経済

http://www.nochuri.co.jp/情勢判断海外経済金融緩 やかな回 復 基 調 が続 く米 国 経 済  木村  俊文    要旨    米国経済は、雇用環境の改善や住宅市場の持ち直しなどを背景に個人消費が底堅く推 移しているほか、生産活動や設備投資にも復調の兆しが出ており、緩やかな回復基調が続 いている。こうしたなか、FRB 議長が講演や議会証言で当面は現行の緩和策を継続する方 針を示唆したことから、QE3 の早期縮小観測はやや後退した。   経済指標は底堅い動き 最近発表され

インフレ目標政策 ~物価安定と中央銀行~

http://www.nochuri.co.jp/連載物価 古今東西 <第 4 回>インフレ目 標 政 策∼物 価 安 定 と中 央 銀 行 ∼竹光 大士日銀のインフレ目標導入と各国動向期間が議論の対象になっているのは、日日銀は 2013 年 1 月の金融政策決定会合本に定着したデフレからの脱却には実際で消費者物価の前年比上昇率を 2%とすにはもっと時間がかかるのではないかとる「物価安定の目標」を明示し、その早人々が考えているためと思われる。これ期達成を目指したインフレ目標政策を導に対して、日銀

被災地における建設関係資材の価格・需給動向

http://www.nochuri.co.jp/分析レポート国内経済金融被 災 地 における建 設 関 係 資 材 の価 格 ・需 給 動 向多田 忠義要旨全国の生コンクリート価格は 12 年後半以降上昇基調にあるが、主に価格上昇が確認できるのは北海道、東北地方である。また、生コンクリート使用時に不可欠な型枠用合板の価格は、円安の影響を受け、13 年に入り上昇している。岩手県、宮城県、福島県の被災 3 県ごとに価格動向を分析すると、生コンは被災 3 県ともに全国を上回る価格上昇となっている一方

経済・金融の動向

http://www.nochuri.co.jp/情勢判断今月の情勢 ∼経済・金融の動向∼米国金融・経済4 月 30 日∼5 月 1 日の米連邦公開市場委員会(FOMC)では、政策金利(0∼0.25%)を引き続き据え置くことを決定した。また、今後も失業率が 6.5%を上回り、向こう 1∼2 年のインフレ見通しが FOMC の長期目標である 2%から 0.5%ポイント以内に収まり、長期インフレ期待が引き続き十分抑制されている限り、現行の政策金利を維持することが適切であるとしたほか、月額850 億ド

2013年4月1日農林中金総合研究所フィードバック数:0ライフスタイル

地銀の農業融資の変化と最近の特徴

地銀の農業融資の変化と最近の特徴主事研究員 長谷川晃生〔要   旨〕1  本稿では,2008年度下期と12年度上期に実施した同じ地銀(地方銀行,第二地方銀行)10 行への聞き取り調査をもとに,08年度以降の地銀の農業融資の変化と特徴を明らかにして いる。 2  地銀は川上の農業生産から川中の食品加工,流通,川下の外食等に至る農業関連業種を 1 つの事業領域とし,農業経営体も含めた農業関連業種に対する資金供給,経営支援を行 うことで,新たな商流を構築し,地域経済全体の活性化につなげようと考えている

ユーロ圏の財政危機と英国~停滞が続く英国経済とEU離脱を探る動き~

http://www.nochuri.co.jp/情勢判断海外経済金融ユーロ圏 の財 政 危 機 と英 国∼停 滞 が続 く英 国 経 済 と EU 離 脱 を探 る動 き∼山口 勝義要旨EU 内でユーロ導入を見送った英国ではあるが、経済面で財政危機の影響は回避できず、危機対策の進捗に伴い EU 内での立場にも変化が生じている。こうしたなかでの英国によるEU 離脱を探る動きは欧州に大きな転機をもたらす可能性もあり、今後の推移が注目される。はじめに昨秋以降、ユーロ圏財政危機の落着き、1ポンド=ユー

今月の情勢 経済・金融の動向

http://www.nochuri.co.jp/情勢判断今月の情勢 ∼経済・金融の動向∼米国金融・経済12 月 11∼12 日の米連邦公開市場委員会(FOMC)では、08 年 12 月から据え置く政策金利(史上最低の 0∼0.25%)の継続見通しを、これまでの「少なくとも 15 年半ばまで」から「失業率が 6.5%を下回るまで」に変更した。また、政府支援機関の住宅ローン担保証券(MBS)を月額400 億ドルのペースで購入するという量的金融緩和策第 3 弾(QE3)の維持とともに、12 月末で終

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
 

お知らせ