「農林中金」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2015年4月5日農林中金総合研究所フィードバック数:0社会/政治

農政・農協改革を巡る動向と日本農業の展望

農政・農協改革を巡る動向と日本農業の展望取締役基礎研究部長 清水徹朗〔要   旨〕2012年に発足した安倍政権は,産業競争力会議,規制改革会議等によって市場経済を重視する政策を進めており,TPP交渉に参加するとともに日本再興戦略で成長戦略の具体策を示し,農業においても急速な改革を進めている。「農林水産業・地域の活力創造プラン」では,輸出増大, 6 次産業化,生産コスト削減,農業構造改革などによって農業の成長産業化を進めるとしているが,その数値目標は日本農業の実態を踏まえたものとはいえず,農業所得

ECBの量的緩和策とユーロ圏経済~様々な制約条件の下で効果は未知数~

情勢判断海外経済金融ECB の量 的 緩 和 策 とユーロ圏 経 済∼様 々な制 約 条 件 の下 で効 果 は未 知 数 ∼山口 勝義要旨ユーロ圏では、QE の開始により景気が回復に向かうことが期待されている。しかしながら、QE は様々な制約条件の下にあるため、その実際の効果発揮については注視が必要である。また、金融政策のみならず、財政面からの需要対策の拡充が必要であるものと考えられる。はじめに図表1 ユーロ圏実質GDP成長率(前期比)寄与度内訳ユーロ圏の 2014 年第 4 四半期(10∼1

米価低迷下における集落営農組織の経営展開

〈レポート〉農漁協・森組米価低迷下における集落営農組織の経営展開主任研究員 長谷川晃生集落営農組織には、国が2007年度に実施した経営所得安定対策等に対応するために設立といったコスト削減を挙げる回答割合が高い(第1図)。された形式的な組織も多いとされてきた。しただし、取組内容は法人と任意組織で違いかしながら、設立から一定期間を経て、経営があり、法人では、コスト削減に関する項目作物の複合化等経営実体に変化が出ている。よりも、「経営規模の拡大」(65.3%)の回答割以下では、こうした経営展開を踏まえ

注目が高まる水稲直播栽培とJAグループの取組み

〈レポート〉農漁協・森組注目が高まる水稲直播栽培とJAグループの取組み主事研究員 小針美和1  注目が高まる直播栽培に雨が降ると作業ができないことから春に降日本再興戦略では、今後10年間で担い手の水量が少ない地域でないと導入が難しい。ま米の生産コストを全国平均比4割削減するこた、適度な排水性があり、かつ水もちの良いとを成果目標(KPI)とした。これをうけて14年土壌でなければならないため適地が限られる。度補正予算ではコスト削減への取組みを支援一方、湛水直播は乾田直播と比べて作業効する「稲作農業の

農協活性化における女性の役割に関する調査

レポート検索詳しく検索するときはこちらAND・OR検索や執筆者、期間指定で検索することができます。 分野別のレポート一覧論題:農協活性化における女性の役割に関する調査【抜粋版】書誌情報掲載日:2014年12月12日 更新日:2014年12月12日 農協活性化における女性の役割に関する調査【抜粋版】 現在、女性の活躍を積極的に支援する企業が注目されている。農協でも、組織面および活動面における女性の位置づけは高まっている。本報告書は、農協が女性の活動を積極的に支援し、女性が運営に主体的に参画すること

寒波の影響が和らぐ米国経済

情勢判断海外経済金融寒 波 の影 響 が和 らぐ米 国 経 済木村 俊文要旨米国では、住宅関連など弱い指標も散見されるが、消費や生産関連の経済指標が復調するなど、寒波による悪影響が和らぎ、景気に対する楽観的な見方も出てきた。一方、金融市場では、FOMC 議事要旨や FRB 議長の発言を受けて早期利上げ観測が後退した。経済指標は一部復調の動きった。天候要因による反動増の側面があ最近発表された米経済指標は、寒波のるとはいえ、引き続き生産の増勢が続け影響が和らぎ、回復の動きを示すものがば、設備稼働率が

経済・金融の動向

情勢判断今月の情勢 ∼経済・金融の動向∼米国金融・経済3 月 18∼19 日の米連邦公開市場委員会(FOMC)では、量的緩和策第 3 弾(QE3)における債券買入額(当初 850 億ドル)を、13 年 12 月(750 億ドル)、14 年 2 月(650 億ドル)に続けて縮小し、4 月から 550 億ドルとすることを決めた。一方、政策金利(0∼0.25%)については、労働市場のほか、インフレ関連指標や金融情勢指標などの様々な情報を幅広く考慮し、インフレ率が引き続き FOMC の中長期目標である

足元では小幅減速に転じた中国経済~14年は前低後高、7%台の成長と予測~

情勢判断海外経済金融足 元 では小 幅 減 速 に転 じた中 国 経 済~14 年 は前 低 後 高 、7%台 の成 長 と予 測 ~王 雷軒要旨3 月に発表された中国の主要経済指標によれば、固定資産投資が底堅く推移したものの、消費の伸び悩みや輸出の大幅な減速を受けて、足元の景気は小幅な減速に転じていると判断される。先行きについては、年前半は 7%台前半に減速するものの、後半には景気対策などにより持ち直すと予想され、通年では政府の成長目標達成が見込まれる。足元の景気は小幅減速へとなどを受けて、後

2014年3月2日農林中金総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

やや低調な動きを続ける中国経済

情勢判断海外経済金融やや低 調 な動 きを続 ける中 国 経 済王 雷軒要旨春節要因などで中国の景況を判断しにくいところがあるが、消費・輸出・製造業の動向から総じて言えば、景気の回復力は強まっていないと判断される。そうしたなか、地方政府が相次いで 14 年の成長目標を引き下げたが、今後は、中央政府が成長目標を公表する 3 月 5日に開催予定の「全人代」に注目が集まるだろう。足元の景気回復力は強まっていない販売台数は 215.6 万台で、前年比 7.0%中国では、1 月分の投資や鉱工業生産と伸びが

2013年農林漁業金融統計

レポート検索詳しく検索するときはこちらAND・OR検索や執筆者、期間指定で検索することができます。 分野別のレポート一覧年次データ年次データ年別の農林漁業金融統計データを掲載しています。 2016年農林漁業金融統計 掲載日:2016年01月11日 更新日:2017年06月04日 グラフ・図(Chart)でみた主要統計データ数値でみた主要統計データデータ利用上の注意この統計は原則として平成28年3月末または平成27年度を基準とし,過去5~7年分の数値を掲載,必要に応じて月次または四半期の数値を収録

判断能力に疑義のある高齢者等との金融取引―農協へのアンケート調査結果から―

判断能力に疑義のある高齢者等との金融取引―農協へのアンケート調査結果から―主事研究員 田口さつき高齢化の進行とともに認知症有病者の増(注1)加が見込まれるなか,金融機関において高齢の顧客への対応の一つとして認知症を理解する必要が高まっている。特に,金融機関の営業現場にとって難し(注 2 )意思能力とは,「自分の行為の結果を正しく認識し,これに基づいて正しく意思決定をする精神能力」を意味する。民法に明文規定はないが,意思能力がない人がした行為は無効とされる。(注 3 )信用事業とは,農協の組合員な

米国の景気動向と自動車市場―2013年の新車販売は6年ぶり高水準の見込み―

〈レポート〉経済・金融米国の景気動向と自動車市場─2013年の新車販売は 6 年ぶり高水準の見込み─主任研究員 木村俊文米国の自動車市場がこのところ回復傾向を7月には基調を示す12か月移動平均が年率換強めている。以下では、米国の景気や自動車算で1,520万台と08年6月以来約5年ぶりの高(新車)販売の動向を概観した後、新車販売が好調となっている要因を整理するとともに、今後の見通しについて考えてみたい。水準となった(第1図)。米国の新車販売市場は、かつては年間1,600万台強の市場規模を誇っていた

緩やかな回復基調が続く米国経済

http://www.nochuri.co.jp/情勢判断海外経済金融緩 やかな回 復 基 調 が続 く米 国 経 済  木村  俊文    要旨    米国経済は、雇用環境の改善や住宅市場の持ち直しなどを背景に個人消費が底堅く推 移しているほか、生産活動や設備投資にも復調の兆しが出ており、緩やかな回復基調が続 いている。こうしたなか、FRB 議長が講演や議会証言で当面は現行の緩和策を継続する方 針を示唆したことから、QE3 の早期縮小観測はやや後退した。   経済指標は底堅い動き 最近発表され

インフレ目標政策 ~物価安定と中央銀行~

http://www.nochuri.co.jp/連載物価 古今東西 <第 4 回>インフレ目 標 政 策∼物 価 安 定 と中 央 銀 行 ∼竹光 大士日銀のインフレ目標導入と各国動向期間が議論の対象になっているのは、日日銀は 2013 年 1 月の金融政策決定会合本に定着したデフレからの脱却には実際で消費者物価の前年比上昇率を 2%とすにはもっと時間がかかるのではないかとる「物価安定の目標」を明示し、その早人々が考えているためと思われる。これ期達成を目指したインフレ目標政策を導に対して、日銀

経済・金融の動向

http://www.nochuri.co.jp/情勢判断今月の情勢 ∼経済・金融の動向∼米国金融・経済4 月 30 日∼5 月 1 日の米連邦公開市場委員会(FOMC)では、政策金利(0∼0.25%)を引き続き据え置くことを決定した。また、今後も失業率が 6.5%を上回り、向こう 1∼2 年のインフレ見通しが FOMC の長期目標である 2%から 0.5%ポイント以内に収まり、長期インフレ期待が引き続き十分抑制されている限り、現行の政策金利を維持することが適切であるとしたほか、月額850 億ド

2013年4月1日農林中金総合研究所フィードバック数:0ライフスタイル

地銀の農業融資の変化と最近の特徴

地銀の農業融資の変化と最近の特徴主事研究員 長谷川晃生〔要   旨〕1  本稿では,2008年度下期と12年度上期に実施した同じ地銀(地方銀行,第二地方銀行)10行への聞き取り調査をもとに,08年度以降の地銀の農業融資の変化と特徴を明らかにしている。2  地銀は川上の農業生産から川中の食品加工,流通,川下の外食等に至る農業関連業種を1 つの事業領域とし,農業経営体も含めた農業関連業種に対する資金供給,経営支援を行うことで,新たな商流を構築し,地域経済全体の活性化につなげようと考えている。また地銀

緩やかな回復が続く米国経済

http://www.nochuri.co.jp/情勢判断海外経済金融緩 やかな回 復 が続 く米 国 経 済木村 俊文要旨米国経済は、消費や生産が底堅く推移し、住宅部門の持ち直しが続くなど、緩やかな回復基調をたどっている。ただし、強制歳出削減を盛り込んだ 13 年度予算が可決されたことから、先行きは財政緊縮の影響が懸念される。経済指標は底堅い動き強制歳出削減の発動(3 月 1 日)や暫定最近発表された米経済指標の動きを見予算の期限到来(3 月 27 日)により一部ると、雇用関連では 2 月の雇

今月の情勢 経済・金融の動向

http://www.nochuri.co.jp/情勢判断今月の情勢 ∼経済・金融の動向∼米国金融・経済12 月 11∼12 日の米連邦公開市場委員会(FOMC)では、08 年 12 月から据え置く政策金利(史上最低の 0∼0.25%)の継続見通しを、これまでの「少なくとも 15 年半ばまで」から「失業率が 6.5%を下回るまで」に変更した。また、政府支援機関の住宅ローン担保証券(MBS)を月額400 億ドルのペースで購入するという量的金融緩和策第 3 弾(QE3)の維持とともに、12 月末で終

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
 

お知らせ