「農林中金」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

森林組合対象のアンケートです。

第27回森林組合アンケート調査

要旨本レポートは、一般財団法人 農村金融研究会に委託し、農林中央金庫農林水産環境統括部と連携して実施したアンケート調査の結果である。今回は定例項目に加え、人工林皆伐と再造林の動向、森林情報管理のデジタル化の状況、および林産事業における有利販売への取組みについて取り上げた。PDF(全文)ダウンロード(大区分):協同組合・組合金融(詳細区分):森林組合 (大区分):農林水産業・食料・環境(詳細区分):林業 経営収支,森林情報管理,人工林皆伐,林産事業,再造林,有利販売 株式会社 農林中金総合研

米価低迷下における集落営農組織の経営展開

〈レポート〉農漁協・森組米価低迷下における集落営農組織の経営展開主任研究員 長谷川晃生集落営農組織には、国が2007年度に実施した経営所得安定対策等に対応するために設立といったコスト削減を挙げる回答割合が高い(第1図)。された形式的な組織も多いとされてきた。しただし、取組内容は法人と任意組織で違いかしながら、設立から一定期間を経て、経営があり、法人では、コスト削減に関する項目作物の複合化等経営実体に変化が出ている。よりも、「経営規模の拡大」(65.3%)の回答割以下では、こうした経営展開を踏まえ

注目が高まる水稲直播栽培とJAグループの取組み

〈レポート〉農漁協・森組注目が高まる水稲直播栽培とJAグループの取組み主事研究員 小針美和1  注目が高まる直播栽培に雨が降ると作業ができないことから春に降日本再興戦略では、今後10年間で担い手の水量が少ない地域でないと導入が難しい。ま米の生産コストを全国平均比4割削減するこた、適度な排水性があり、かつ水もちの良いとを成果目標(KPI)とした。これをうけて14年土壌でなければならないため適地が限られる。度補正予算ではコスト削減への取組みを支援一方、湛水直播は乾田直播と比べて作業効する「稲作農業の

経済・金融の動向

情勢判断今月の情勢  〜経済・金融の動向〜 米国金融・経済9 月 16〜17 日の米連邦公開市場委員会(FOMC)では、量的緩和策第 3 弾(QE3)における債券 買入額(当初 850 億ドル、13 年 12 月以降 FOMC 実施ごとに 100 億ドルずつ減額)を、9 月から 150 億ドルに減額することを決めるとともに、 米国経済が予想通り順調に推移すれば同買入れ策 を 10 月で終了するとの見通しを示した。また、政策金利(0〜0.25%)については QE3 終了後も 「相当な期間」維持する

経済・金融の動向

情勢判断今月の情勢  〜経済・金融の動向〜 米国金融・経済3 月 18〜19 日の米連邦公開市場委員会(FOMC)では、量的緩和策第 3 弾(QE3)における債券 買入額(当初 850 億ドル)を、13 年 12 月(750 億ドル) 、14 年 2 月(650 億ドル)に続けて縮小 し、4 月から 550 億ドルとすることを決めた。一方、政策金利(0〜0.25%)については、労働 市場のほか、 インフレ関連指標や金融情勢指標などの様々な情報を幅広く考慮し、 インフレ率が 引き続き FOMC の

2014年2月2日農林中金総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

悪天候の影響が出たものの、回復傾向が続く米国経済

http://www.nochuri.co.jp/情勢判断海外経済金融悪 天 候 の影 響 が出 たものの、回 復 傾 向 が続 く米 国 経 済木村 俊文要旨米国経済は、寒波など悪天候による影響が一時的な下押し要因となっているが、消費や生産が堅調に推移し、設備投資にも改善の兆しが見られるなど、回復傾向が続いている。こうしたなか、14 年度予算の成立を受け政府機関の閉鎖が回避され、財政問題の不透明感は薄れつつある。ただし、債務上限引き上げは未決着であり、協議の行方が注目される。経済指標は底堅い動

回復の勢いが強まる米国経済

http://www.nochuri.co.jp/情勢判断海外経済金融回 復 の勢 いが強 まる米 国 経 済木村 俊文要旨米国では 12 月に入り、雇用や消費など好調な経済指標が発表され、回復期待が高まった。また、懸案となっていた財政協議も、強制歳出削減の軽減などで合意した。こうしたなか、政策当局(FRB)は 12 月の FOMC で量的緩和の規模縮小を決めた。経済指標は改善の動きガン大学、速報値)は 82.5 と、前月(75.1)最近発表された米経済指標は、総じてから大きく上昇し、4 ヶ月ぶ

日本農業をめぐる情勢と見通し――米政策見直し,TPPなど岐路に立つ日本農業――

日本農業をめぐる情勢と見通し─米政策見直し,TPPなど岐路に立つ日本農業─主事研究員 一瀬裕一郎〔要   旨〕1  本稿では,近年の日本農業の現状を概観した上で,今後も農業に大きな影響を与えると みられる 5 つの話題を取り上げて整理した。本稿で取り上げた話題は,米政策に関する議 論,TPP,東日本大震災,農業者支援,食品流通である。 2  農業については,数十年にわたって農地面積の減少等,農業生産基盤の脆弱化が進行し ている。食料については,米粉や飼料用米等,需要を喚起する仕組みが導入されてき

購買力平価と為替レート

http://www.nochuri.co.jp/連載物価 古今東西 第 7 回購 買 力 平 価 と為 替 レート∼物 価 水 準 と為 替 相 場 の関 係 ∼竹光 大士購買力平価とは高に向かっており、実勢レートもまた円高傾向であったことが分かる。2012 年 11 月の衆院解散前後から円安が進んでいる。以下では、購買力平価をしかし、実勢レートと購買力平価には用いながら、物価水準が為替変動に与え乖離が認められ、常に実勢レートの方がる影響を考察したい。購買力平価とは、円高状態となっている。また

景気回復に向けた動きが見られる中国経済~安定的成長をより重視へ~

http://www.nochuri.co.jp/情勢判断海外経済金融景 気 回 復 に向 けた動 きが見 られる中 国 経 済∼安 定 的 成 長 をより重 視 へ∼王 雷軒要旨7 月に発表された中国の主要経済指標を見ると、2013 年に入り 2 四半期連続で減速した中国経済は再び回復の兆候が出始めていると判断される。先行きの景気は、中国政府が構造調整を行う一方、安定的成長の確保にも注力しつつあると見られることから、年末にかけて緩やかな回復に戻すと予測する。景気回復の動きが見られる中国経済一方

緩やかな回復基調が続く米国経済

http://www.nochuri.co.jp/情勢判断海外経済金融緩 やかな回 復 基 調 が続 く米 国 経 済  木村  俊文    要旨    米国経済は、雇用環境の改善や住宅市場の持ち直しなどを背景に個人消費が底堅く推 移しているほか、生産活動や設備投資にも復調の兆しが出ており、緩やかな回復基調が続 いている。こうしたなか、FRB 議長が講演や議会証言で当面は現行の緩和策を継続する方 針を示唆したことから、QE3 の早期縮小観測はやや後退した。   経済指標は底堅い動き 最近発表され

被災地における建設関係資材の価格・需給動向

http://www.nochuri.co.jp/分析レポート国内経済金融被 災 地 における建 設 関 係 資 材 の価 格 ・需 給 動 向多田 忠義要旨全国の生コンクリート価格は 12 年後半以降上昇基調にあるが、主に価格上昇が確認できるのは北海道、東北地方である。また、生コンクリート使用時に不可欠な型枠用合板の価格は、円安の影響を受け、13 年に入り上昇している。岩手県、宮城県、福島県の被災 3 県ごとに価格動向を分析すると、生コンは被災 3 県ともに全国を上回る価格上昇となっている一方

経済・金融の動向

http://www.nochuri.co.jp/情勢判断今月の情勢  〜経済・金融の動向〜 米国金融・経済4 月 30 日〜5 月 1 日の米連邦公開市場委員会(FOMC)では、政策金利(0〜0.25%)を引き続 き据え置くことを決定した。また、今後も失業率が 6.5%を上回り、向こう 1〜2 年のインフレ 見通しが FOMC の長期目標である 2%から 0.5%ポイント以内に収まり、 長期インフレ期待が引き 続き十分抑制されている限り、現行の政策金利を維持することが適切であるとしたほか、月額

日本の財政3:一般会計の歳出構造

http://www.nochuri.co.jp/分析レポート国内経済金融日 本 の財 政 ③:一 般 会 計 の歳 出 構 造南 武志これまでは一般会計予算の税収と公債出のうち、国債費と地方交付税交付金等金といった歳入面を見てきたが、今回かを除いた部分を「一般歳出」と呼んでいら歳出面に目を向けていく。たが、近年は財政再建の一つの目標として、基礎的財政収支の均衡化・均衡化を2013 年度予算案の概要掲げる機会も多いことから、歳出総額か12 年 12 月に実施された総選挙とそのら国債費を除いた「基

2013年4月1日農林中金総合研究所フィードバック数:0ライフスタイル

地銀の農業融資の変化と最近の特徴

地銀の農業融資の変化と最近の特徴主事研究員 長谷川晃生〔要   旨〕1  本稿では,2008年度下期と12年度上期に実施した同じ地銀(地方銀行,第二地方銀行)10行への聞き取り調査をもとに,08年度以降の地銀の農業融資の変化と特徴を明らかにしている。2  地銀は川上の農業生産から川中の食品加工,流通,川下の外食等に至る農業関連業種を1 つの事業領域とし,農業経営体も含めた農業関連業種に対する資金供給,経営支援を行うことで,新たな商流を構築し,地域経済全体の活性化につなげようと考えている。また地銀

緩やかな回復が続く米国経済

http://www.nochuri.co.jp/情勢判断海外経済金融緩 やかな回 復 が続 く米 国 経 済木村 俊文要旨米国経済は、消費や生産が底堅く推移し、住宅部門の持ち直しが続くなど、緩やかな回復基調をたどっている。ただし、強制歳出削減を盛り込んだ 13 年度予算が可決されたことから、先行きは財政緊縮の影響が懸念される。経済指標は底堅い動き強制歳出削減の発動(3 月 1 日)や暫定最近発表された米経済指標の動きを見予算の期限到来(3 月 27 日)により一部ると、雇用関連では 2 月の雇

今月の情勢 経済・金融の動向

http://www.nochuri.co.jp/情勢判断今月の情勢 ∼経済・金融の動向∼米国金融・経済12 月 11∼12 日の米連邦公開市場委員会(FOMC)では、08 年 12 月から据え置く政策金利(史上最低の 0∼0.25%)の継続見通しを、これまでの「少なくとも 15 年半ばまで」から「失業率が 6.5%を下回るまで」に変更した。また、政府支援機関の住宅ローン担保証券(MBS)を月額400 億ドルのペースで購入するという量的金融緩和策第 3 弾(QE3)の維持とともに、12 月末で終

2013年の米国経済・金融展望

〈レポート〉経済・金融2013年の米国経済・金融展望─年前半は停滞するが、その後は回復基調へ─主任研究員 木村俊文1  景気の現状度理事会(FRB)が12年9月の連邦公開市場委米国経済は、2012年前半に減速したものの、12年7∼9月期の経済成長率がやや加速して13四半期連続のプラス成長となるなど、緩や(以下「量的緩和策第3弾」員 会(FOMC)で、「QE3」)と「時間軸の強化」を柱とする新たな追加緩和策の導入を決定した。具体的にQE3としては、購入規模や期限をかな回復基調をたどっている。足元で

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
 

お知らせ