調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 農林水産省

「農林水産省」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2015年3月31日水産庁フィードバック数:0ライフスタイル

平成26年における国内のクロマグロ養殖実績について(速報値)

平成26年における国内のクロマグロ養殖実績について(速報値)水産庁は、平成26年における国内のクロマグロ養殖業者の養殖実績を取りまとめました。 1.背景・趣旨農林水産省は、我が国が太平洋クロマグロの最大の漁業国かつ消費国であることを踏まえ、太平洋クロマグロの管理について取り組むべき基本的な方向性を記した「太平洋クロマグロの管理強化についての対応」(平成22年5月11日農林水産省発表プレスリリース)に基づき、国内におけるクロマグロ養殖の実態を正確に把握するため、全国のクロマグロ養殖業者から報

2015年3月1日農林中金総合研究所★フィードバック数:0社会/政治

震災復興についてのレポートです。

福島県の農業復興へ向けた課題――求められる「つながり」の回復――

福島県の農業復興へ向けた課題─求められる「つながり」の回復─特任研究員 行友 弥〔要   旨〕原発事故が福島県の農業に残した傷は今も深い。避難指示区域内には 1 万haを超える農地があり,根強い風評被害も手伝って,生産量・価格とも事故前の水準には戻っていない。避難指示解除や営農再開の前提となる除染は,仮置き場や作業員の確保がネックとなり大幅に遅れている。また,農地除染には地力低下の懸念も伴う。避難指示が解除された地域でも住民の帰還は進んでおらず,帰還者の中心は高齢者という実態がある。地域農業再生

2014年10月20日国土交通省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

国連生物多様性の10年「グリーンウェイブ2014」の実施結果

国連生物多様性の10年「グリーンウェイブ2014」の実施結果について 平成26年10月20日 国土交通省、環境省及び農林水産省は、平成26年3月1日より6月15日までの期間、「グリーンウェイブ2014」への参加と協力を広く国内に呼び掛けました。その結果、367団体の参加、193団体の協力のもと、約98,000人の参加者の手により、約51,000本の植樹など様々なグリーンウェイブ活動が行われました。本キャンペーンの趣旨に御理解と御協力を頂き、ありがとうございました。 お問い合わせ先国土交通省総

2014年7月6日農林中金総合研究所フィードバック数:0ライフスタイル

集落営農の概要と集落一農場型集落営農の成功要因

集落営農の概要と集落一農場型集落営農の成功要因主席研究員 藤野信之事者の所得目標) を備えることが求められはじめにるが,農林水産省は,これを,②の規約の作成と,③の共同販売経理の2要件に縮減2014年農政改革において,民主党政権下し,法人化見込みについては市町村の判断で導入された戸別所得補償制度(自民党政に委ねる方向で検討している(第186回国会権となってからは「経営所得安定対策」と呼農林水産委 奥原経営局長答弁。衆議院HP)。称)の見直しが示された。「米の直接支払交集落営農は引き続き担い手とし

2014年4月16日アイオイクス★フィードバック数:0ライフスタイル

インタラクティブなインフォグラフィックです。

日本のお野菜収穫量

出典:農林水産省 作物統計「都道府県別の作付面積、10a当たり収量、収穫量及び出荷量 」 copyright(c)2015 infographic.jp by econte All Rights Reserved

2014年3月31日水産庁フィードバック数:0ライフスタイル

平成25年における国内のクロマグロ養殖実績について(速報値)

平成25年における国内のクロマグロ養殖実績について(速報値)水産庁は、平成25年における国内のクロマグロ養殖業者の養殖実績を取りまとめました。 1.背景・趣旨 農林水産省は、我が国が太平洋クロマグロの最大の漁業国かつ消費国であることを踏まえ、太平洋クロマグロの管理について取り組むべき基本的な方向性を記した「太平洋クロマグロの管理強化についての対応」(平成22年5月11日農林水産省発表プレスリリース)に基づき、国内におけるクロマグロ養殖の実態を正確に把握するため、全国のクロマグロ養殖業者から

新規就農者の近年の動向について

〈レポート〉農漁協・森組新規就農者の近年の動向について主席研究員 内田多喜生高齢化や後継者不足により、農家の大幅な減少が続くなか、新規就農者への期待が大きくなっている。本稿は統計データ等により、新規就農者の現状とその課題について検討する。1  新規就農者の動向―39歳以下では増加―まず、全国の新規就農者の内訳を、統計が遡れる2006年と、直近の12年との比較でみたものが、第1表である。内訳をみると、新規就農者の約8割を占める「新規自営農業就農者 」(農家世帯員が家の農業を継ぐケース)は、06年の

最近の集落営農の注目点

〈レポート〉農漁協・森組最近の集落営農の注目点主事研究員 長谷川晃生1  はじめに立が進展したことが影響している。その後、集落営農は、2007年度から国が実施した水田・畑作経営所得安定対策に伴い、対策の規模要件をクリアできない個別農家によって、12年は11年に比べて増加幅が大きく縮小し、13年に初めて前年比減少に転じた。減少要因についてみると、12年中に457の集数多く新設された。以下では、07年度以降の落営農が解散・廃止したが、このうち複数の集落営農数の推移、法人化の進展等の特徴的集落営農が統

2013年5月29日大和総研フィードバック数:4ライフスタイル

農業所得向上を後押しする異業種連携への期待

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 コンサルティングインサイト 経済・ビジネストピックス 農業所得向上を後押しする異業種連携への期待 2013年5月29日コンサルティング・ソリューション第一部 コンサルタント 渡邉 愛5月17日、安倍首相は成長戦略第二弾の柱として「攻めの農業」の実現を打ち出した。「今後10年間で農業・農村所得を倍増させる」「現在約4,500億円の農林水産物・食品の輸出額を2020年に1兆円規模にする」といった高い数値

2012年3月27日国土交通省フィードバック数:7キャリアとスキル

平成24年度公共工事設計労務単価

平成24年度公共工事設計労務単価について 平成24年3月26日 農林水産省及び国土交通省が、平成23年10月に実施した公共事業労務費調査に基づき、平成24年度当初からの公共工事の工事費の積算に用いるための平成24年度公共工事設計労務単価を決定したのでお知らせします。 お問い合わせ先国土交通省土地・建設産業局建設市場整備課  TEL:(03)5253-8111 (内線24863、24865) PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Acrobat Readerが必要です

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
 

お知らせ