調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 農業委員会

「農業委員会」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2014年11月18日福島県フィードバック数:0キャリアとスキル

平成26年度の新規雇用者数について

平成28年度の新規就農者数について 福島県では、県内の新規就農者の実態を把握するため、市町村や農業委員会、農業協同組合等と連携して調査を実施しております。このたび、平成28年度の調査結果がまとまりましたのでお知らせします。 PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料) 〒960-8670 福島県福島市杉妻町2-16西庁舎5階Tel:024-5

2014年10月2日参議院フィードバック数:0社会/政治

立法と調査 357号(平成26年10月1日)

立法と調査 357号(平成26年10月1日)特集:第186回国会の論議の焦点(3)※論文名をクリックすると、本文(PDF)を開きます。視点特集 第186回国会の論議の焦点(3)独立行政法人制度改革 -独立行政法人通則法改正法、同整備法の成立- (PDF file 520KB)少年審判手続及び科刑の適正化を目指して -少年法の一部を改正する法律- (PDF file 447KB)真に児童の権利の保護に必要な規制を目指して -児童買春、児童ポルノに係る行為等の処罰及び児童の保護等に関する法律の一部

企業による農業についての調査です。

企業の農業参入緊急アンケート調査

経済成長フォーラム「企業の農業参入」企業経営者緊急アンケート調査結 果 報 告2013年12月3日頁【企業の農業参入に関する意見について】①農地所有: 企業も農地所有できた方がよいとする回答が、参入企業の過半(53.1%) 1②農地中間管理機構の創設:「評価する」との回答が過半(67.5%)2③農地リース方式のネック:「農業に従事する業務執行役員が1人以上必要」という要件が最大のネックとする回答が4分の1(25.5%)3④農業生産法人活用方式のネック: 出資に制限のある「構成員要件」(26.7%

2012年12月26日農林水産省フィードバック数:8ライフスタイル

「平成23年の荒廃農地に関する調査の結果」について

「平成23年の荒廃農地に関する調査の結果」について農林水産省は、「平成23年の荒廃農地に関する調査の結果」について取りまとめました。 1.調査概要本調査は、荒廃農地に該当する農地を把握し、再生利用が可能な荒廃農地の現状や再生利用の取組状況等を把握するためのものです。(1)調査期間:平成23年1月から12月まで(2)調査対象:荒廃農地(現に耕作されておらず、耕作の放棄により荒廃し、通常の農作業では作物の栽培が客観的に不可能となっている農地)(3)調査方法:(ア)市町村及び農業委員会が現地調査

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
 

お知らせ