「農業生産」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

農業IT化の市場予測

市場調査とコンサルティングのシード・プランニング農業IT化の市場予測 農業IT化の市場規模は、● 2020年に732億円強と予測→ 2015年比約4.5倍の成長(2015年の市場規模は165億円と推定)● なかでも農業クラウドサービスが大きく進展→ 2015年比約7.5倍の伸びとなり、農業IT化市場の48%を占める 市場調査・コンサルティング会社の株式会社シード・プランニング(本社:東京都文京区 梅田佳夫社長、以下シード・プランニング)は、農業IT化の現状と将来展望に関する調査を実施し、このほど

2015年5月28日農林水産省★フィードバック数:0ライフスタイル

白書です。

平成26年度食料・農業・農村白書

「平成26年度食料・農業・農村白書」の公表について本日、「平成26年度食料・農業・農村の動向」及び「平成27年度食料・農業・農村施策」について、国会提出案件として閣議決定されました。 平成26年度 食料・農業・農村白書の概要人口減少社会における農村の活性化や本年3月末に閣議決定された新たな食料・農業・農村基本計画の概要のほか、食料の安定供給の確保、強い農業の創造、農村の振興を図る取組等について、全国の様々な事例も紹介しつつ記述しています。 東日本大震災からの復旧・復興状況等について記述して

2014年8月26日農畜産業振興機構フィードバック数:0ライフスタイル

2014年(1~6月)の農業生産額は、前年同期比11.3%増加(フィリピン)

フィリピン農務省農業統計局(BAS)は8月15日、2014年(1〜6月)の農業生産状況を公表した。これによると、農業部門全体の生産額(現行価格)は、前年同期比11.3%増の7766億ペソ(約1兆9415億円:1ペソ=2.5円)となった。 耕種部門の生産額は、前年同期比18.3%の増加  農業生産額の5割以上を占める耕種部門の生産額は、4439億ペソ(約1兆1098億円、前年同期比18.3%増)となった。主な品目の内訳は、米(もみ米)が1684億ペソ(約4210億円、同30.5%増)、トウモロコシ

2014年3月12日農林水産省フィードバック数:0ライフスタイル

農業構造の変動と地域性を踏まえた農業生産主体の形成と再編 -各地域の現状分析-

構造分析プロジェクト[実態分析]研究資料 第4号 農業構造の変動と地域性を踏まえた農業生産主体の形成と再編 -各地域の現状分析- 企画広報室広報資料課ダイヤルイン:03-6737-9012FAX:03-6737-9098PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。 Copyright:2008 Policy Research Institute, Ministry

2014年1月16日JA共済総合研究所★フィードバック数:0ライフスタイル

植物工場や遺伝子組み換えについての調査です。

工学的農業生産に対する消費者意識

工学的農業生産に対する消費者意識

最近の集落営農の注目点

〈レポート〉農漁協・森組最近の集落営農の注目点主事研究員 長谷川晃生1  はじめに立が進展したことが影響している。その後、集落営農は、2007年度から国が実施した水田・畑作経営所得安定対策に伴い、対策の規模要件をクリアできない個別農家によって、12年は11年に比べて増加幅が大きく縮小し、13年に初めて前年比減少に転じた。減少要因についてみると、12年中に457の集数多く新設された。以下では、07年度以降の落営農が解散・廃止したが、このうち複数の集落営農数の推移、法人化の進展等の特徴的集落営農が統

2013年6月12日農林水産省★フィードバック数:18ライフスタイル

農水省の白書です。

平成24年度食料・農業・農村白書

「平成24年度食料・農業・農村白書」の公表について本日、「平成24年度食料・農業・農村の動向」及び「平成25年度食料・農業・農村施策」について、国会提出案件として閣議決定されました。 平成24年度 食料・農業・農村白書の概要・ 冒頭、「東日本大震災からの復興~復興への歩み~」とする章を設け、復旧・復興に向けた取組等を記述しています。 ・ 米、畜産物、野菜等の生産の側面について、品目ごとの生産動向や経営状況等を記述しているほか、消費の側面について、高齢化や女性の社会進出等に伴う食料消費構造

土地持ち非農家の動向と農業集落活動への影響について

〈レポート〉農漁協・森組土地持ち非農家の動向と農業集落活動への影響について主席研究員 内田多喜生1  はじめにの地域においても土地持ち非農家数の割合は近年の農家構造の顕著な変化は、農家の減(注1)3∼4割である。最も高いのは北陸であるが、少と、土地持ち非農家の増加である。既に筆この地域は土地利用型農業の組織化が全国的者は、土地持ち非農家の増加が農地の流動化にみても早期に進んだ地域であり、その結果、に、大きな影響をもたらしたことを指摘した。土地持ち非農家のウェイトが高まったとみら本稿では、土地持ち

世界景気反転・円下落の石油輸入価格と農業生産コストへの影響

〈レポート〉経済・金融世界景気反転・円下落の石油輸入価格と農業生産コストへの影響理事研究員 渡部喜智石油の価格変動は、農業の生産コストに影響を与える。ガソリン・軽油やA重油および石・染色などの品目では同比率は10%を上回るものの、平均は3%超にとどまる。電気は必要な生産資材であり、石油製品の価これに対し、耕種農業の中心である水田農格が上がれば光熱・動力費を直接的に押し上業の光熱・動力費比率は5.4%であり、前述のげる。また、石油価格が上がれば、石油を使製造業平均を上回る。って生産されるその他の資

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
 

お知らせ