「農業経営」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2017年1月12日東京都フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

2015年農林業センサス ―東京都分調査確報―

ここから本文です。2015年農林業センサス ―東京都分調査確報―2015年農林業センサス(平成27年2月1日現在)の東京都分調査結果について、確報を取りまとめましたので、お知らせします。(速報は平成27年12月22日公表)調査結果の概要農林業経営体数は6,212経営体で、前回調査と比べ20.5%減東京都の農林業経営体数は6,212経営体で、前回調査(2010年世界農林業センサス)に比べて1,603経営体(-20.5%)減少した。このうち、農業経営体数は6,023経営体、林業経営体数は302経営体

2015年6月28日富士通フィードバック数:0企業情報システム

知創の杜 2015 Vol.4 農業とICT、交差の点と線─水と油の関係はこうして変わり始める─

知創の杜2015 Vol.4農業とICT、交差の点と線─水と油の関係はこうして変わり始める ─株式会社富士通総研FUJITSU RESEARCH INSTITUTE知創の杜2015_vol4.indd12015/06/0813:38:03富士通総研のコンサルティング・サービス社会・産業の基盤づくりから個社企業の経営革新まで。経営環境をトータルにみつめた、コンサルティングを提供します。個々の企業の経営課題から社会・産業基盤まで視野を広げ、課題解決を図る。それが富士通総研のコンサルティング・サービス

2015年6月26日農林水産省フィードバック数:0ライフスタイル

農業経営統計調査 平成26年産麦類生産費

農業経営統計調査 平成26年産麦類生産費

2015年4月21日北海道★フィードバック数:0社会/政治

北海道のまとめです。

第122回(平成27年)北海道統計書

最終更新日:2017年4月27日(木)2 気象(48KB)1 気象官署の季節概要2 気象官署の月別気象概要3 最近の気象3 人口(353KB)1 人口の推移2 市区町村別人口・世帯数(平成22年国勢調査)3 年齢(各歳)、男女別人口(平成22年国勢調査)4 住民基本台帳人口・世帯数5 人口動態【日本人】6 人口動態総覧7 道外転入転出者数8 国籍別在留外国人数 4 事業所(255KB)1 産業(大分類)別事業所数及び従業者数2 産業(中分類)、経営組織別事業所数及び従業者数3 産業(大分類)、従

2014年11月2日日本政策金融公庫フィードバック数:0ライフスタイル

平成25年農業経営動向分析結果

平成25年農業経営動向分析結果

2014年7月1日JETROフィードバック数:0ライフスタイル海外

「中国農業の経済分析-『農業産業化』による構造転換」研究会調査研究報告書

「中国農業の経済分析—『農業産業化』による構造転換」研究会調査研究報告書 本稿では途上国農村において発展の著しい契約農業に注目し、1)農産物の生産量・生産価格の不確実性とリスク、2)生産農家と加工・流通業者との間の取引費用を中心に、契約農業が導入される経済学的根拠を明確にするとともに、市場の不完全性と取引費用のあり方がアグリビジネス企業の選択する取引形態や取引対象農家に与える影響について、既存研究に基づいて整理してきた。さらに、近年の契約農業研究で注目されている「小農排除」の問題について、

2014年3月25日日本政策金融公庫フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

農業経営での再生可能エネルギーに高い期待 2割が導入済・検討中、6割が関心示す-日本公庫・平成25年下半期農業景況調査-

農業経営での再生可能エネルギーに高い期待 2割が導入済・検討中、6割が関心示す-日本公庫・平成25年下半期農業景況調査-

2013年11月2日日本政策金融公庫フィードバック数:0ライフスタイル

稲作はじめ多くの耕種部門で増収増益 肉用牛は原発事故影響から回復 -日本公庫・平成24年農業経営動向分析結果-

稲作はじめ多くの耕種部門で増収増益 肉用牛は原発事故影響から回復 -日本公庫・平成24年農業経営動向分析結果-

2013年4月20日農林水産省★フィードバック数:11ライフスタイル

被災と復旧の状況です。

東日本大震災による農業・漁業経営体の被災・経営再開状況(平成25年3月11日現在)

東日本大震災による農業・漁業経営体の被災・経営再開状況(平成25年3月11日現在)について農林水産省は、東日本大震災による農業及び漁業の復旧・復興に資するため、平成25年3月11日現在の経営体の被災状況や経営の再開状況などについて取りまとめました。 1 概要 本調査は、東日本大震災による農業・漁業経営体への影響を把握するため、東日本の沿岸部等の市町村を対象に、農業・漁業経営体の被災状況や経営再開状況の程度(割合)を関係者から聞き取り、農林業センサス・漁業センサス結果に乗じて集計したものです

2011年9月30日農林水産省フィードバック数:0社会/政治

東日本大震災による農業経営体の被災・経営再開状況(平成23年7月11日現在)-農林業センサス結果の状況確認の概要-

東日本大震災による農業経営体の被災・経営再開状況(平成23年7月11日現在)東日本大震災による農業経営体の被災・経営再開状況-農林業センサス結果の状況確認の概要-本調査は、東日本大震災による2010年世界農林業センサス結果への影響を把握するため、東日本の沿岸部等の市町村を対象に、平成23年7月11日現在の農業経営体の被災状況や経営再開状況の程度(割合)を関係者から聞き取り、その割合を2010年世界農林業センサス結果に乗じて集計したものである。なお、福島県については東京電力福島第一原子力発電所の事

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
 

特集データ

特集INDEXへ

お知らせ