「農業者」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2015年4月3日日本政策金融公庫フィードバック数:0ライフスタイル

担い手農業者の今後の経営方針、「生産規模拡大」が4割超~新技術や新品種の導入にも前向き姿勢~<日本公庫・平成26年下半期農業景況調査(特別設問)>

ニュースリリース農業景況:今後の経営方針平 成 27 年 4月 2日株式会社日本政策金融公 庫担い手農業者の今後の経営方針、「生産規模拡大」が4割超~新技術や新品種の導入にも前向き姿勢~<日本公庫・平成26年下半期農業景況調査(特別設問)>日本政策金融公庫(略称:日本公庫)農林水産事業が、ご融資先である担い手農業者(注1)を対象に平成 27 年 1 月に実施した「平成 26 年下半期農業景況調査」で、今後の経営方針について聞いたところ、「現状維持」回答の農業者が 25.7%だったのに対し、「生産

2014年10月8日富岡町★フィードバック数:0社会/政治

福島県富岡町の調査です。

営農再開意向調査

背景色変更:1背景色変更:2背景色変更:3文字サイズ:小文字サイズ:中文字サイズ:大 各種手続き・申請・お知らせについて新着営農再開意向調査の結果について(平成26年10月6日更新) 平成26年6月から7月にかけて実施しました農業者営農再開意向調査にご協力をいただき、ありがとうございました。 このたび、調査結果がまとまりましたので、お知らせいたします。 今後とも、農業者等の皆様からご意見をいただき、町の農業復興、営農再開に向けて取り組んでまいります。 また、自由記載でいただいたご意見も大いに参

アメリカ農業センサスにみる若手経営者の動向

〈レポート〉農林水産業アメリカ農業センサスにみる若手経営者の動向主事研究員 若林剛志1  若手経営者の増加者」)総数の5.5%を占めている。この割合と主2014年5月2日に2012年アメリカ農業センサス(以下「センサス」)が公表された。農務省農業者に占める新規若手経営者の割合を州別に見たのが第1図である。(USDA)の同日付報道資料が注目すべき点と全ての新規若手経営者は若手経営者に含まして、農業開始から10年に満たない新規就農れるので、図中の縦棒の長さに比べ白抜きの者 数や新規就農者のうち主とし

2014年7月13日日本政策金融公庫フィードバック数:0社会/政治

AFCフォーラム 2014年6月号

PDF版をダウンロードして読む(3.5MB) 特集地域農業活かす企業参入企業の受け入れは地域農業活性化への近道堀 千珠小売・外食業者が相次いで農業に参入し、地域の中核となる農業者との協業や連携に取り組んでいる。これら企業の参入背景や戦略を検証する農業参入企業の支援に動く地方自治体山本 善久企業の農業参入が相次ぎ、その支援に早くから取り組む島根県の現状と今後の課題を、独自のアンケート調査を踏まえ、現場担当者の目線で語る企業の農業参入・経営実践の現場報告福永 庸明農業参入を果たした国内最大手の小売業

翻訳版です。

世界食料農業白書2012年報告 ―より良い未来のための農業投資―

『世界食料農業白書2012年報告 ―より良い未来のための農業投資―』2013年3月、A4版、165p世界の食料・農業をめぐる地域別の概観を報告するほか、本年版は、農業投資を特集テーマに取り上げ、飢餓と貧困の削減に寄与する効果的な農業投資を考えます。世界の食料・農業問題に関わる方の必読の書としてお薦めします。 = 目次 =■第I部 より良い未来のための農業投資第1章 序論第2章 農業投資:パターンと趨勢第3章 農業における農業者の投資を育む第4章 農業における公正で効率的な民間投資を促進する第5章

2013年9月20日みずほ総合研究所フィードバック数:0ライフスタイル

農業の成長産業化への鍵は異業種連携

リサーチ TODAY2013 年 9 月 20 日農業の成長産業化への鍵は異業種連携常務執行役員 チーフエコノミスト 高田 創政府は、農林漁業の成長産業化に向けて、6次産業化・異業種連携の推進を掲げているが、その事業範囲については国内で認識が共有されていない。みずほ総合研究所は今月、農業の6次産業化・異業種連携の事業範囲を明らかにした上で、分野別の取り組みに関するリポートを発表している1。そこでは、下記の図表に示されるように、6次産業化と異業種連携の事業範囲がまとめられている。政府は、農林漁業に

2013年9月10日みずほ総合研究所フィードバック数:0ライフスタイル

6次産業化・異業種連携を読み解く~本業者を主体とする異業種連携が最有望~

みずほインサイト政 策2013 年 9 月 10 日6 次産業化・異業種連携を読み解く政策調査部主任研究員本業者を主体とする異業種連携が最有望03-3591-1304堀千珠chizu.hori@mizuho-ri.co.jp○ 政府は、農林漁業の成長産業化に向けて、6次産業化・異業種連携の推進を掲げているが、その事業範囲については、国内で認識が共有されていないように見受けられる○ 6次産業化・異業種連携の事業範囲のなかで、今後の成果が有望視されるのは、農林漁業者や企業が本業において、その強化を目

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
 

お知らせ