「農産物」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2016年5月14日埼玉県フィードバック数:0社会/政治

埼玉県外国人住民意識調査

ここから本文です。埼玉県外国人住民意識調査の結果を発表します ―約9割が埼玉県の住みやすさを実感― 部局名:県民生活部課所名:国際課担当名:多文化共生・NGO担当担当者名:田中、松浦  平成27年度埼玉県外国人住民意識調査の集計結果がまとまりましたので発表します。「保健医療機関の多言語化」、「警察の仕事」、「県産農産物」について外国人住民の御意見を伺いました。また、回答者の「生活」に係る質問では、約9割の方が埼玉県は「住みやすい」、「やや住みやすい」と回答しました。 県では、外国人住民の支援を

2015年8月11日東京都フィードバック数:0社会/政治

平成27年度第2回インターネット都政モニターアンケート結果「東京の農業」

平成27年度第2回インターネット都政モニターアンケート結果「東京の農業」平成27年8月10日生活文化局 今回の調査は、インターネット都政モニターを対象に、東京の農畜産物、都市農地の保全等について聞き、今後の都政運営の参考とするものです。主な調査結果東京産農畜産物の認知度(P3、P4) 東京の特産品や東京ブランドとしては、「青梅のウメ」(57%)、「江戸川(小松川地域)発祥のコマツナ」(52%)、「東京狭山茶」(47%)、「TOKYO X(豚肉)」(43%)、「伊豆諸島の明日葉」(39%)の順で認

2015年2月11日農林水産省★フィードバック数:0ライフスタイル

農水省のまとめです。

平成26年農林水産物・食品の輸出実績

「平成26年農林水産物・食品の輸出実績」について農林水産省は、財務省貿易統計の公表を受け、「平成26年農林水産物・食品の輸出実績」を取りまとめました。 概要1.平成26年の我が国の農林水産物・食品の輸出額は、前年に比べて11.1%増加し、昭和30年に輸出額の統計を取り始めて以来の最高値である6,117億円となりました。2.農産物、林産物及び水産物の内訳は、以下のとおりです。・農産物 : 3,570億円(対前年比 +13.8%)・林産物 : 211億円(対前年比 +38.5%)・水産物 :

米国2014年農業法の農業所得安定化政策――緊縮財政下で進む農産物の高値への適応――

米国2014年農業法の農業所得安定化政策――緊縮財政下で進む農産物の高値への適応――

2014年8月27日日本総研フィードバック数:0ライフスタイル

農産物の高関税政策が消費者に及ぼす影響-低所得者・高齢者の負担感が大きく、負担割合も拡大傾向

農産物の高関税政策が消費者に及ぼす影響-低所得者・高齢者の負担感が大きく、負担割合も拡大傾向

2014年7月14日日本総研フィードバック数:0社会/政治

【アベノミクスを考える No.2】農産物の高関税政策が消費者に及ぼす影響-低所得者・高齢者の負担感が大きく、負担割合も拡大傾向

【アベノミクスを考える No.2】農産物の高関税政策が消費者に及ぼす影響-低所得者・高齢者の負担感が大きく、負担割合も拡大傾向

2014年5月27日千葉県フィードバック数:0社会/政治

第47回県政に関する世論調査報告(平成25年度)

ここから本文です。第47回県政に関する世論調査報告(平成25年度)発表日:平成26年5月26日総合企画部報道広報課広聴室 平成25年11月から12月にかけて実施した「第47回県政に関する世論調査」について、調査結果がまとまりました。この調査は、県民の皆様の生活意識や、県政に対してどのような関心や期待を持っているかを把握し、県政推進の基礎資料とするために実施しています。県内在住の満20歳以上の男女3,000名を対象に郵送法で実施し、1,487名(回収率49.6%)の方から回答をいただきました。ご

農業IT化の市場規模予測

市場調査とコンサルティングのシード・プランニング農業IT化の市場規模予測 ◆ 農業IT化の市場規模は、2020年に580〜600億円と予測。2013年の市場規模は66億円と推定。2013年比約9倍の成長。◆ なかでも農業クラウドサービスが大きく進展。2013年比約28倍の伸びとなり、農業IT化市場の75%を占める。 市場調査・コンサルティング会社の株式会社シード・プランニング(本社:東京都文京区 梅田佳夫社長、以下シード・プランニング)は、農業IT化に関する調査を実施し、このほど、その結果をまと

2013年11月22日日本政策金融公庫フィードバック数:0ライフスタイル

健康成分含む農産物やその加工食品、6割が「食べたい」 農産物の新市場として期待高まる 平成25年度上半期消費者動向調査(特別設問)

健康成分含む農産物やその加工食品、6割が「食べたい」 農産物の新市場として期待高まる 平成25年度上半期消費者動向調査(特別設問)

ミャンマー農業の輸出力―国内生産基盤の改善と自給体制の確立が前提―

〈レポート〉農林水産業ミャンマー農業の輸出力─国内生産基盤の改善と自給体制の確立が前提─主席研究員 室屋有宏1  はじめに2年前の民政移管を契機に欧米諸国の対ミャンマー経済制裁の見直しが進み、これを受ける形でわが国でも「アジア最後のフロンティア」ミャンマーに対する関心が官民挙げて急速に高まっている。一方、ミャンマーは現在でもGDPの約4割を農業が占め、また就業人口のおよそ6割が農業に従事するなど経済的には低所得農業国である。中長期的には、ミャンマーが外資導入を通じて工業製品輸出国へと変化していく

外国人アンケート調査結果のご案内 ~震災後の日本のイメージについて~

外国人アンケート調査結果のご案内外国人アンケート調査結果のご案内 ~震災後の日本のイメージについて~東日本大震災とそれに伴う原発事故は海外でも大きな関心を集めています。震災後訪日する外国人数は大きく減少しました。最近は回復傾向にあるもののまだ震災前の水準には戻っていません。また、日本産の農産物が放射性物質により汚染されているという報道もあり観光以外の日本の産業にもダメージを与えているようです。 クロスインデックスでは、外国人が震災後の日本にどういったイメージを持っているのかを調査し、主に以下のよ

農業のIT化最新動向

市場調査とコンサルティングのシード・プランニング農業のIT化最新動向がまとまりました。 • 農業のIT化市場は、2010年で60億円(推定)。2015年には100億円、2020年には600億円と予測。• 農業のIT化推進企業約40社への取材結果から推定した。市場調査・コンサルティング会社の株式会社シード・プランニング(本社:東京都台東区 梅田佳夫社長、以下シード・プランニング)は、農業のIT化最新動向と将来性について調査をおこない、このほど、その結果をまとめました。 日本農業は衰退の一途をたどっ

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
 

お知らせ