調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 農産物輸出

「農産物輸出」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

農産物の輸出についてのレポートです。

農産物輸出の実態と今後の展望

農産物輸出の実態と今後の展望

日本農業をめぐる情勢と見通し――米政策見直し,TPPなど岐路に立つ日本農業――

日本農業をめぐる情勢と見通し─米政策見直し,TPPなど岐路に立つ日本農業─主事研究員 一瀬裕一郎〔要   旨〕1  本稿では,近年の日本農業の現状を概観した上で,今後も農業に大きな影響を与えるとみられる 5 つの話題を取り上げて整理した。本稿で取り上げた話題は,米政策に関する議論,TPP,東日本大震災,農業者支援,食品流通である。2  農業については,数十年にわたって農地面積の減少等,農業生産基盤の脆弱化が進行している。食料については,米粉や飼料用米等,需要を喚起する仕組みが導入されてきたが,米

イスラエル経済の現状と今後の展望~ 知られざる中東のハイテク・ベンチャー大国 ~

○最近、地中海地域の新興国の中で、エジプトやトルコといった大国の混乱をよそに、イスラエル経済の堅調ぶりが光っている。イスラエル経済は、2001~2002年に、ITバブル崩壊とパレスチナ住民の対イスラエル蜂起によるダブルパンチでマイナス成長を余儀なくされた。しかし、それ以降のイスラエルは堅調であり、リーマンショック翌年の2009年も、通年の経済成長率はプラスを維持した。○イスラエルの財政金融政策は、先進国並みの健全性を維持しつつ運営されており、これが、リーマンショック後のイスラエル経済の底堅さをも

2013年6月17日大和総研フィードバック数:6ライフスタイル

日本農業の新たな国際展開の可能性

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 我が国の農業振興に向け、様々な支援策が講じられている。しかしながら、担い手の減少には歯止めがかからず、平成19年に202万人であった基幹的農業従事者数は平成24年に178万人へと減少した。また、基幹的農業従事者の平均年齢は、平成19年に64.6歳であったが、平成24年には66.2歳となり、高齢化はより深刻化している(図表1)。耕作放棄地の増加も大きな課題として指摘されており、その面積は平成22年時点で

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
 

お知らせ