調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 近畿圏新築

「近畿圏新築」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

第4回 近畿圏新築分譲マンション市況アンケート調査

第4回 近畿圏新築分譲マンション市況アンケート調査結果| メディアで多数の記事になった注目のプレスリリース 第4回 近畿圏新築分譲マンション市況アンケート調査結果2017年の供給戸数は今世紀最低の約17000戸と予測される。 マイナス金利という後押しはあるものの価格上昇等により、市況は低下する。 市場をリードして来た大阪市都心の2017年価格は他地域よりも上昇する。 これによる市況低下が懸念される。  大阪不動産マーケティング協議会(事務局 大阪市中央区 URL: 15ページご参照)は

第3回 近畿圏新築分譲マンション市況アンケート調査

第3回 近畿圏新築分譲マンション市況アンケート調査結果| メディアで多数の記事になった注目のプレスリリース 第3回 近畿圏新築分譲マンション市況アンケート調査結果 2016年の供給戸数は17000戸台と予測される。 “異次元”的低金利・消費増税前等、売り時気運であるが引き続き価格が上昇することもあり、新規需要の伸長は期待できない。大阪不動産マーケティング協議会(事務局 大阪市中央区 URL:)は会員企業を主な対象として「第3回近畿圏新築分譲マンション市況アンケート調査」を実施しました。

第2回 近畿圏新築分譲マンション市況アンケート調査

第2回 近畿圏新築分譲マンション市況アンケート調査結果| メディアで多数の記事になった注目のプレスリリース 第2回 近畿圏新築分譲マンション市況アンケート調査結果2015年の供給戸数は前年を大きく上回る2万4000戸と予測される。 しかし、売り時認識は昨年より低い。また原価上昇に伴う供給価格上昇により、市況の悪化も懸念される為、2万戸を切る可能性もある。引き続き地域格差が大きい。 大阪不動産マーケティング協議会(事務局 大阪市中央区 URL:)は会員企業を主な対象として「第2回近畿圏新

2015年2月4日住友不動産販売フィードバック数:0大型消費/投資

首都圏・近畿圏新築中古マンション市場動向(2014年12月)

首都圏・近畿圏新築中古マンション市場動向(2014年12月)- マンション市況 首都圏・近畿圏新築中古マンション市場動向(2014年12月)2014年12月の首都圏中古マンション価格は、弱含む周辺3県に対して東京都での価格上昇が下支えとなり、前月比+0.5%の2,897万円と4ヶ月連続で上昇しました。都県別で見ると、東京都では+1.3%の3,947万円と6ヶ月連続の上昇となりました。一方、神奈川県(-0.3%、2,441万円)、埼玉県(-0.2%、1,853万円)及び千葉県(-0.3%、1,83

2015年1月7日住友不動産販売フィードバック数:0大型消費/投資

首都圏・近畿圏新築中古マンション市場動向(2014年11月)

首都圏・近畿圏新築中古マンション市場動向(2014年11月)- マンション市況 首都圏・近畿圏新築中古マンション市場動向(2014年11月)2014年11月の首都圏中古マンション価格は、引き続き東京都での価格上昇けん引する形で前月比+1.2%の2,882万円と3ヶ月連続で上昇しました。都県別で見ると、東京都では+1.2%の3,896万円と5ヶ月連続で上昇し、神奈川県(+0.8%、2,456万円)や千葉県(+0.7%、1,838万円)でもそれぞれ1%程度の強含みとなりました。また、埼玉県は-0.3

2014年8月6日住友不動産販売フィードバック数:0大型消費/投資

首都圏・近畿圏新築中古マンション市場動向(2014年6月)

首都圏・近畿圏新築中古マンション市場動向(2014年6月)- マンション市況 首都圏・近畿圏新築中古マンション市場動向(2014年6月)2014年6月の首都圏中古マンション価格は、前月比-0.4%の2,831万円と2月に2,895万円を記録して以降は弱含みで推移しています。都県別で見ると、東京都は-0.6%の3,784万円で3ヶ月ぶりに下落、神奈川県では-0.3%の2,418万円で4ヶ月連続のマイナスとなりました。一方、埼玉県(+0.9%、1,849万円)や千葉県(+0.7%、1,842万円)で

第1回 近畿圏新築分譲マンション市況アンケート調査

第1回 近畿圏新築分譲マンション市況アンケート調査結果| メディアで多数の記事になった注目のプレスリリース 第1回 近畿圏新築分譲マンション市況アンケート調査結果2014年の供給戸数は前年より約10%低い2万2500戸と予測される。 先高感から、積極的に供給を増やしたいという意味で「売り時」との回答が約65%あるものの、価格上昇による市況悪化が懸念される。大阪不動産マーケティング協議会(事務局 大阪市中央区 URL:)は会員企業を主な対象として「第1回近畿圏新築分譲マンション市況アンケ

2013年12月5日住友不動産販売フィードバック数:0大型消費/投資

首都圏・近畿圏新築中古マンション市場動向(2013年10月)

首都圏・近畿圏新築中古マンション市場動向(2013年10月)- マンション市況 首都圏・近畿圏新築中古マンション市場動向(2013年10月)2013年10月の首都圏中古マンション価格は、全域的な堅調推移を背景として前月比+1.1%の2,821万円と8ヵ月ぶりに2,800万円台を回復し、前年同月比もプラスに転じました。都県別で見ると、東京都(+0.6%、3,716万円)をはじめ、神奈川県(+0.7%、2,422万円)、埼玉県(+1.5%、1,853万円)、千葉県(+0.3%、1,787万円)で揃っ

2013年10月4日住友不動産販売フィードバック数:0大型消費/投資

首都圏・近畿圏新築中古マンション市場動向(2013年7月)

首都圏・近畿圏新築中古マンション市場動向(2013年7月)- マンション市況 首都圏・近畿圏新築中古マンション市場動向(2013年7月)2013年7月の首都圏中古マンション価格は、前月比-0.3%の2,763万円と僅かに下落し、直近は底値圏での推移が続いています。都県別で見ると、東京都は+0.2%の3,648万円で4ヵ月連続上昇、埼玉県もさいたま市が牽引して+1.5%の1,813万円と上昇しました。一方、神奈川県(-0.3%、2,389万円)や千葉県(-1.1%、1,760万円)は下落しており、

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 

お知らせ