調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 迷惑防止条例

「迷惑防止条例」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2016年12月19日東洋経済新報社フィードバック数:0社会/政治

痴漢検挙の82%が鉄道内だった!

独自調査、痴漢検挙の82%が鉄道内だった!情報開示でわかった車内・駅での被害実態 佐藤 裕一 : ジャーナリスト(回答する記者団/日本不審者情報センター) 警視庁がこの3年間に検挙した痴漢行為の多くは電車内や駅構内で発生していた(写真:Graphs / PIXTA) 2015年までの3年間(2013~2015年)に警視庁が検挙した痴漢行為のうち、約82%にあたる3079件が列車内と駅構内で発生していたことが、筆者の請求に応じて同庁が開示した痴漢や盗撮などの集計データから判明した。盗撮も列車

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
 

お知らせ