調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 退職金制度

「退職金制度」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2016年12月29日東京都フィードバック数:0キャリアとスキル

平成28年「中小企業の賃金・退職金事情」調査

ここから本文です。平成28年「中小企業の賃金・退職金事情」調査結果について東京都は、中小企業における賃金制度や退職金制度を整備・充実するため、中小企業労使の方々等にご活用いただく資料として、毎年、都内中小企業(従業員数10~299人)における賃金等の実態を調査しています。このたび、毎年調査している「賃金」「賞与」等に、隔年調査項目として「退職金」等を加えた平成28年の調査結果がまとまりましたのでお知らせします。調査結果の概要所定時間内賃金は348,159円、所定時間外賃金は36,555円【P1】

2016年2月25日Pmasフィードバック数:0キャリアとスキル

退職金・企業年金の現状に迫る(2015冬)~退職金・企業年金の今、そして未来は?~

Pmas |企業年金制度・退職給付会計・年金資産運用等に関する解説・最新情報を発信 退職金・企業年金の現状に迫る(2015冬)~退職金・企業年金の今、そして未来は?~ はじめに老後の備えのために重要視する人も多い退職金・企業年金。公的年金の縮小、労働市場の流動化など、近年の環境変化により、ますますその重要性が高まると予想されます。では、実際に受け取る立場の人々は、現状をどのように感じ、将来の見通しをどのように描いているのでしょうか。全国の会社員100人の声を集めてみました。調査概要

2016年1月20日Pmasフィードバック数:0キャリアとスキル

退職金・企業年金の現状に迫る(2015冬)~従業員は何を望み、どれほど知っているのか~

Pmas |企業年金制度・退職給付会計・年金資産運用等に関する解説・最新情報を発信 退職金・企業年金の現状に迫る(2015冬)~従業員は何を望み、どれほど知っているのか~ はじめに「のれん分け」から始まったともいわれる退職金制度(※)。いつの間にかあって当たり前の「横並びの退職金制度」となり、目的やインセンティブが薄れてきたともいわれています。 (※)退職金制度の起源については諸説あり。では実際のところ、受け取る側である従業員は、退職金・企業年金に何を望み、自分が受け取る退職金・企

2015年4月1日宮崎県★フィードバック数:0キャリアとスキル

宮崎県の調査です。

労働条件等実態調査

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。 ここから本文です。更新日:2016年10月27日労働条件等実態調査結果調査の概要1.調査目的査は、民間企業に雇用されている労働者の労働条件を把握し、その実態を明らかにし、今後の労働行政の基礎資料とすることを目的としています。 2.対象地域3.対象産業・事業所農林漁業及び公務を除く全産業 1.に属する県内民間事業所(平成21年経済センサス基礎調査を基に任意に抽

2015年3月23日埼玉県フィードバック数:0キャリアとスキル

平成26年度埼玉県就労実態調査

ここから本文です。平成26年度埼玉県就労実態調査結果について ― 県内中小企業の正社員の割合69.5%で前年比1.6ポイント増 ― 部局名:産業労働部課所名:勤労者福祉課担当名:労働福祉担当担当者名:碓井、景山  県では、このたび、平成26年7月31日現在の県内事業所における就労実態に関する調査結果を取りまとめました。この調査は、県内中小企業の就労状況を把握することを目的に実施しているものです。調査結果の主な特徴 「正社員」の割合は69.5%(前年比1.6ポイント増)で、大企業の56.6%より

2014年12月25日東京都フィードバック数:0キャリアとスキル

26年「中小企業の賃金・退職金事情」調査

平成26年「中小企業の賃金・退職金事情」調査結果について平成26年12月25日産業労働局 東京都は、中小企業における賃金制度や退職金制度を整備・充実するため、中小企業労使の方々等にご活用いただく資料として、毎年、都内中小企業(従業員数10〜299人)における賃金等の実態を調査しています。このたび、平成26年の調査結果がまとまりましたので、お知らせします。なお、毎年調査している「賃金」「賞与」等に加え、隔年調査項目として「退職金」等の状況をお知らせします。調査結果の概要所定時間内賃金は353,43

企業の年金、退職金についてのレポートです。

定年退職金が下がっている-企業年金再編や成果主義化のかげで

定年退職金が下がっている-企業年金再編や成果主義化のかげで | ニッセイ基礎研究所 定年退職金が下がっている-企業年金再編や成果主義化のかげで 松浦 民恵基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 定年退職金は社員にとっては老後の生活資金として、企業にとっては賃金制度の柱の一つとして、重要な役割を担っている。厚生労働省「就労条件総合調査」をみると、その定年退職金の水準が、

企業年金ノート 2013.12 No.548

2013.12. No.548企業年金研究所目 次【本  題】「就労条件総合調査」でみる退職金・企業年金の実態 ……………………………………………P1【コ ラ ム】確定給付企業年金の事業報告書について …………………………………………………………P6「就労条件総合調査」でみる退職金・企業年金の実態1. はじめに退職金・企業年金など退職給付制度に関する統計調査は、官公庁が実施するものから民間団体が手がけるものまで数多く存在しますが、厚生労働省「就労条件総合調査」において 4・5 年毎に実施される退

2010年9月30日アイシェアフィードバック数:3大型消費/投資

退職金制度に関する意識調査

職場の雇用制度として退職金制度「必要」9割 退職金制度に関する意識調査 今の職場に退職金制度はないが本当は「あってほしい」就業者の7割半~退職金を求める声、非正規雇用者にやや多めの傾向将来が不透明な時代と言われる昨今、退職金制度の必要性を感じている人はどのくらいいるのだろうか。20~40代のネットユーザー450名(男性254名、女性196名)から得た回答を集計した。回答者の雇用形態は「正規雇用」が55.6%(250名)、「非正規雇用」は22.2%(100名)で、『就業者』は合計77.8%(350

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
 

お知らせ