「通信機器」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2015年5月11日日経BP★フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

通信料金の節約についての調査です。

企業ネット/ICT利活用実態調査 2014

出典:日経コミュニケーション 2014年10月号pp.12-35 (記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)  携帯電話各社から音声通話の完全定額サービスが出そろい、低料金を売り物にするMVNOの新規参入が相次ぐなど、ユーザー企業が通信料金を節約するための選択肢が一気に増えてきた。ただ用意されたメニューを選ぶだけでは、コスト削減の効果は限られる。WANや通信機器なども含めて、先行企業はベンダーから積極的に好条件を引き出す上手な節約術を実践している。2014年の企業ネット実

通信機器に対する耐震評価基準に関する調査報告

CIAJ装置実装委員会では、この度、2014年度の活動として、通信機器に対する耐震評価基準をまとめましたので公開いたします。国内で採用されている耐震試験規格には、複数種類の要求条件があり、耐震試験条件が異なる装置を同じ局舎を活用し運用する場面もあることから、今後の標準化を見据え、試験内容が比較できるようにまとめました。1.背景神戸の震災をベースに耐震試験の基準が見直しされ、既に10年を超えてきましたが、2011年に発生した東北の震災においては、各キャリアで設定した耐震試験規格が活用され効果を出し

2013年12月22日マイナビフィードバック数:0キャリアとスキル

就職活動で使用する通信機器に関する調査

学生の就職活動では、いまやインターネットの利用は欠かせないものとなっている。マイナビニュースが以前開催した座談会では、就職活動を終えた大学生4年生を集め、就職活動におけるモバイル機器の使用について聞いた。その結果、スマートフォンやタブレットなどのモバイル機器は就職活動の必須アイテムであり、とりわけ、セルラー版タブレットが就職活動において便利であることが浮き彫りになった。12月に入り、2015年卒業予定の学生の就職活動が一斉に解禁され、いよいよこれから本番を迎える。そこで今回、マイナビニュースでは

2011年4月6日日経BP★フィードバック数:7セキュリティ/ネットワーク

震災時のネット利用に関する調査結果です。

震災でSkypeが役立った? 通信機器やネットサービス、震災時の利用実態調査

2011年4月4日発売の日経トレンディ5月号では「まだ下がる! 通信料金」と題し、スマートフォンやケータイ、タブレット端末、光回線、モバイルルーターなど、個人がどんな通信機器を持ち、環境をどう構築すべきかを徹底検証する特集を掲載している。そのなかで、東日本大震災でさまざまな通信機器がどう生きたかについて、緊急調査を行った。 東日本大震災が起きた直後、家族や知人の安否を確認しようと多くの人々が一斉にケータイや固定電話を使い、回線は一時パンク状態になった。 未曽有の災害発生時、人はケータイやネット通

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
 

お知らせ