「通商政策」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

TPPをめぐる外交と国内政治(2014年度)

本研究ではアメリカや中国、韓国など、アジア太平洋地域の主要国におけるFTA(自由貿易協定)政策の動向を把握するとともに、TPP(環太平洋連携協定)交渉への対応を検討し、その政治的な背景を分析して、この地域の経済・外交の展開を規定する要因を明確化することによって、日本の対応の方向性を提示しました。 この研究成果の研究プロジェクト研究プロジェクト日本の対アジア太平洋外交政策と通商政策のあり方 [ 2014年度/アジア太平洋地域の経済成長と発展形態 ]Abstract/Keywords外交、通商 

2014年4月6日アジア太平洋研究所フィードバック数:0社会/政治

国会論議としてのTPP ―支持・反対の言説―

国会論議としてのTPP ―支持・反対の言説―2014-03-28 関連論文日本の対アジア太平洋外交政策と通商政策のあり方 [ 2014年度/アジア太平洋地域の経済成長と発展形態 ]Abstract/Keywords外交、通商 日中関係、日韓関係、対米関係リサーチリーダー 主席研究員 大矢根聡 同志社大学教授 研究目的緊張感が高まる東アジア地域の外交関係の中で、日本の通商政策のシナリオオプションを探る。研究内容今般、日中・日韓関係が混迷し対米関係にも影を落としていることに鑑み、政治学・国際関係論

2014年3月3日大和総研フィードバック数:0社会/政治

安倍政権の成長戦略の要点とその評価

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 安倍政権の成長戦略の要点とその評価~三本目の矢は本当に効くのか?~『大和総研調査季報』 2014年新春号(Vol.13)掲載 安倍政権の成長戦略は、全体的に民間活力を活かすような経済構造への転換がうたわれているが、よりその効果を高めるには、企業の参入・退出を促す「競争政策」と異質な知識を融合する「多様な人材の活用」が欠かせず、そのために政府は市場規制・制度をより質の高いものへと改革することが必要だ。例

2013年12月2日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

成長戦略の一端を担う米国のFTA

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 成長戦略の一端を担う米国のFTA『大和総研調査季報』 2013年秋季号(Vol.12)掲載 米国は輸出を増やすために、米国企業の活動の舞台を海外企業と公平さを保つことを目指す通商政策の一つとしてFTAを選択してきた。米国のFTAの多くは、ブッシュ(子)政権の時期に交渉、締結されてきた。オバマ政権は、金融危機以降に輸出倍増戦略を発し、ブッシュ(子)政権時に締結されたFTAを批准し、TPP交渉や対欧州FT

日米中新体制と環太平洋経済協力のゆくえ

2012年度の報告書 -日米中新体制と環太平洋経済協力のゆくえ-が完成しました。2013-05-16 本研究は、主要国の政権交代による通商政策への影響を踏まえながら、環太平洋経済協力に対する各国の政策基調を考察し、米中など関係国で高まる政治的不確実性に対する情報を提供し、TPP等で日本の積極的役割が求められていることを示しました。 この研究成果の研究プロジェクト研究プロジェクト環太平洋経済協力をめぐる日・米・中の役割 [ 2012年度/アジア太平洋経済展望 ]Abstract/Keywor

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
 

お知らせ