「通話料金」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2014年8月29日MMDLabo★フィードバック数:0モバイル

利用と料金についての調査です。

スマートフォンのデータ通信・通話利用に関する調査

MMD研究所はスマートフォン、タブレットを中心とした消費者動向や市場調査を無料で公開する日本最大のモバイル専門のマーケティングリサーチ機関です。 > > 1カ月のデータ通信使用量は「1GB未満」が最多、「2GB未満」で約4割 1カ月のデータ通信使用量は「1GB未満」が最多、「2GB未満」で約4割 MMD研究所は、2014年8月19日~8月20日にかけて20代~60代のスマートフォン利用者1,343人を対象に「スマートフォンのデータ通信・通話利用に関する調査」を実施しました。【 調査結果サマ

2014年5月30日楽天リサーチ★フィードバック数:0モバイル

携帯電話、スマートフォンの料金についての調査です。

携帯電話料金に関する調査

『1ヶ月の通話代定額制サービスは不要と6割以上が回答通話料金の3つの節約キーワードは「プランの見直し」「利用量削減」「通話アプリの活用」』携帯電話料金に関する調査 2014年5月30日楽天リサーチ株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:森 学)は、携帯電話料金に関するインターネット調査を実施しました。今回の調査は、2014年5月19日から5月21日の3日間、楽天リサーチに登録しているモニター(約230万人)の中から、全国の10代~60代の男女1,200人を対象に行いました。■約7割(65

2014年2月18日LINE★フィードバック数:0モバイル

LINEが調査を実施しました。

スマートフォンでの音声通話と無料通話アプリ・IP電話/格安通話サービスの利用傾向についての調査

[LINE] LINE、全国のLINEユーザー3,000名に対し、スマートフォンでの音声通話と無料通話アプリ・IP電話/格安通話サービスの利用傾向についての調査を実施2014.02.18LINE 音声通話機能選択の最重視点は「通話料金」“5分未満”の短時間通話は「一般音声通話」、”30分以上”の長時間通話は「無料通話アプリ」用途・対象に応じて「一般音声通話」「無料通話アプリ」を使い分けている傾向が読み取れる結果にLINEの無料通話機能に今後求める機能としては、「LINE利用者以外への発信」LIN

2013年7月23日ビッグローブフィードバック数:8モバイル

スマートフォン利用状況アンケート

プレスルームNECビッグローブ株式会社NECビッグローブ株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役執行役員社長:古関 義幸、以下BIGLOBE)は、公式Facebookページ( https://www.facebook.com/BIGLOBE )において「スマートフォン利用状況アンケート」を実施いたしました。本アンケートは、2013年6月3日~6月30日に実施し、1,856件の有効回答(Android(TM)搭載スマートフォン利用者:62%、iPhone利用者:34%、両方:4%)が集まりました。

2011年10月27日アイシェアフィードバック数:5モバイル

スマートフォン利用者の通話に関する意識調査

プライベートの電話欲求「21時台」が最高に―課題は電話料金 スマートフォン利用者の通話に関する意識調査キャリア各社の冬モデルが発表され、SoftBankとKDDIの両社による“iPhone 4S”の発売が話題になるなど、勢いを増すスマートフォン市場。人気のスマートフォンも元々は通話がメイン機能である“携帯電話”だが、ユーザー達のプライベートでの通話実態はどのようになっているのだろうか。20代から30代のスマートフォンユーザーを対象に調査を実施した。回答者は1,209名。回答者の属性は「既婚」が5

若年層の携帯電話の支払い料金と消費行動に関する調査--携帯電話の支払いは、親任せ?

若年層の携帯電話の支払い料金と消費行動に関する調査--携帯電話の支払いは、親任せ?  Webマーケティングガイドでは、モバイルインターネット調査会社のネットエイジアと共同のもと、支払い料金と消費行動に関する調査を行った。 ≪調査結果サマリー≫自分で携帯電話を購入したことのあるユーザーは70%弱。自分で毎月の通話料金を支払うユーザーは半数以下。若年層は、ショッピング代や娯楽費よりも携帯電話料金を重視する傾向が強い。自分で携帯の支払いをするユーザーは、支払わないユーザーに比べ消費意欲が高い。 調査

インターネット電話に関する調査--通話料無料は今後のスタンダードに

Webマーケティングガイドでは、インターネット調査会社のメディアインタラクティブと共同調査のもと、インターネット電話に関する調査を実施した。 前回の「インターネット電話に関する調査」ではインターネット電話の認知度や利用状況、実際にどんな人が通話しているのかを調べた。 今回の調査では、インターネット電話の利用による通話時間・通話料金の変化やインターネット電話無料サービスと通話無料サービスを比較した場合のニーズについて調査した。≪調査結果サマリー≫インターネット電話利用者の半数弱は通話時間が長くなり

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
 

お知らせ