「通貨危機」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2015年5月25日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

ブラジルはレアル安でも耐性はある

リサーチ TODAY2015 年 5 月 25 日ブラジルはレアル安でも耐性はある常務執行役員 チーフエコノミスト 高田 創ブラジルのレアル相場の不安定な状態が続いている。みずほ総合研究所は、ブラジルのレアル相場に関するリポートを発表している1。ここでは、レアル相場を読むうえで重要なブラジル固有の3つの論点、財政・経常収支赤字(双子の赤字)問題と通貨安に対する耐性を議論している。政府の緊縮財政姿勢が堅持されると、格下げ懸念によるレアル安圧力は後退すると予想される。一方、経常赤字縮小には実効レート

2014年3月6日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

危機的状況が続くウクライナ~資本流出によるロシア経済への打撃が懸念材料~

みずほインサイト欧 州2014 年 3 月 5 日危機的状況が続くウクライナ市場調査部ロンドン事務所長資本流出によるロシア経済への打撃が懸念材料+44-20-7012-4452吉田健一郎kenichiro.yoshida@mhcb.co.uk○ ウクライナで政治的・経済的な混迷が強まっている。ロシア議会が同国への軍事介入を承認したことで、事態は一気に深刻さを増した。○ ウクライナでは、ドルとのペッグにより固定為替レートが維持されてきたため、国際収支危機への脆弱性が存在。2012年以降は、EUとロ

2013年9月2日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治

QE3縮小と新興国からの資金流出 ~耐久力、リスク、実体経済への影響

QE3縮小と新興国からの資金流出 ~耐久力、リスク、実体経済への影響 | ニッセイ基礎研究所 QE3縮小と新興国からの資金流出 ~耐久力、リスク、実体経済への影響 研究員 高山 武士基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 今年5月22日、FRBのバーナンキ議長が量的緩和策の縮小について言及したことを引き金に、新興国・地域では資金流出の動きが加速した。量的緩和策と新興国

2013年8月19日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

新興国減速第一弾、内憂外患のブラジル経済

リサーチ TODAY2013 年 8 月 19 日新興国減速第一弾、内憂外患のブラジル経済常務執行役員 チーフエコノミスト 高田 創英国の主要経済誌『The Economist』は2013年7月27日のカバーに“The great deceleration”を掲げ、新興国の「減速」を特集している。みずほ総合研究所が今月発表した『内外経済見通し』でも新興国の減速が大きなテーマであり、新興国経済の減速への転換に注目し、各地域を担当するエコノミストが分析を加えている。今回はその第一弾としてブラジル経済

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
 

お知らせ