「連続減少」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2017年7月20日東京商工リサーチフィードバック数:0ビジネス

2017年上半期(1-6月)の全国企業倒産4,267件

倒産件数が4,267件 上半期としては27年ぶりの低水準 2017年(平成29年)上半期(1-6月)の全国企業倒産(負債額1,000万円以上)は、件数が4,267件、負債総額が2兆2,104億3,800万円だった。は、前年同期比0.1%減(6件減)。上半期としては8年連続で前年同期を下回り、1990年(2,948件)以来の低水準にとどまった。金融機関が中小企業のリスケ要請に柔軟に応じていることに加えて、国内景気の緩やかな拡大も影響しているとみられる。一方、は前年同期比178.5%増(1兆4,16

2017年7月3日帝国データバンクフィードバック数:0社会/政治

道路貨物運送業者の経営実態調査

2017/6/22道路貨物運送業者の経営実態調査2011年以降、6年連続増収〜 ネット通販がけん引、課題は人手不足 〜はじめに道路貨物運送業者の2016年の倒産件数は176件で前年比17.0%の減少となった。2013年から3年連続減少、2017年も前年同月を下回る数値で推移している。背景には、ネット通販の拡大によって宅配便取扱個数が増加し道路貨物運送業者の需要が増加したことなどがある。こうしたなか、帝国データバンクは、企業概要データベース「COSMOS2」(147万社収録)の中から、2016年(

2017年6月21日東京商工リサーチフィードバック数:0ビジネス

2017年5月の全国企業倒産802件

倒産件数が802件 前年同月比19.5%増で1年11カ月ぶりの800件超え 2017年(平成29年)5月度の全国企業倒産(負債額1,000万円以上)は、件数が802件、負債総額は1,069億1,700万円だった。は、前年同月比19.5%増(131件増)で2カ月ぶりに前年同月を上回った。月次で800件を上回ったのは、2015年6月(824件)以来1年11カ月ぶり。依然として低水準な基調に変化はない。一方、は、前年同月比7.7%減(89億3,500万円減)で、2カ月ぶりに前年同月を下回った。負債額別

2017年6月2日MM総研フィードバック数:0デジタル家電

2016年度通期国内タブレット端末出荷概況

2016年度通期国内タブレット端末出荷概況――Wi-Fiタブレット苦戦で2年連続減 2017年05月25日■ 2016年度通期タブレット端末出荷台数は841万台(前年度比6.9%減)で2年連続減少■ Appleは335.6台で7%減少も、7年連続シェア1位(シェア39.9%)■ OS別台数シェアはAndroid 409.6万台(48.7%)が4年連続1位■ 2017年度は880万台(前年度比4.6%増)でV字回復と予測  MM総研(東京都・港区、所長・中島 洋)は5月25日、2016年度通期(

2017年4月18日東京商工リサーチフィードバック数:0ビジネス

2016年度(平成28年度)の全国企業倒産8,381件

倒産件数が8,381件 年度としては26年ぶりの低水準 2016年度(2016年4月-2017年3月)の全国企業倒産(負債総額1,000万円以上)は8,381件、負債総額が1兆9,508億9,900万円だった。は前年度比3.4%減(303件減)、年度としては8年連続で前年を下回った。1990年度(7,157件)以来の26年ぶりの低水準で、2年連続で9,000件を割り込んだ。金融機関が中小企業のリスケ要請に柔軟に対応していることに加え、国内景気の緩やかな回復を背景に、財務内容に改善がみられる企業へ

2017年3月3日MM総研フィードバック数:0デジタル家電

2016年国内タブレット端末出荷概況

2016年国内タブレット端末出荷概況暦年出荷台数として初の前年割れ 2017年02月27日■ 2016年1-12月期のタブレット端末出荷台数は851万台(9.8%減)と初の前年割れ■ Appleがシェア42.3%で7年連続1位を維持するも台数は2年連続減少■ 携帯キャリア主導のAndroidセルラータブレット好調、セルラー比率58%で過去最高■ 2017年V字回復のポイントはキャリア販売施策の継続とWindowsタブレットの拡大  MM総研(東京都・港区、所長・中島 洋)は2月27日、2016

2016年11月29日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成27年度(2015年度)エネルギー需給実績(速報)

平成27年度(2015年度)エネルギー需給実績を取りまとめました(速報) 資源エネルギー庁は、各種エネルギー関係統計等を基に、平成27年度の総合エネルギー統計速報を作成し、エネルギー需給実績として取りまとめました。1.エネルギー需給実績(速報)のポイント (1)需要動向 最終エネルギー消費は、前年度比1.8%減となり5年連続で減少。 減少は、省エネの進展や前年度以上の冷夏・暖冬等が要因。・部門別に見ると、企業・事業所他部門が同1.5%減(その内業務他部門は同5.6%減)、家庭部門が同3.3%

2016年10月18日帝国データバンクフィードバック数:0社会/政治

全国企業倒産集計2016年9月報

2016年 9月報倒産件数は622件、2カ月連続の前年同月比増加 負債総額は931億4000万円、2000年以降最小を記録主要ポイント■倒産件数は622件で、前年同月比2.1%の増加となった。2カ月連続で前年同月を上回ったものの、前月比では3カ月連続して減少し、2016年では最少を記録した。負債総額は931億4000万円で、前月比で29.3%、前年同月比でも53.9%の大幅減少となった。3カ月ぶりの前年同月比減少となり、2000年以降最小を記録した■業種別に見ると、7業種中5業種で前年同月を上回

2016年10月18日帝国データバンク★★フィードバック数:0社会/政治

全国企業倒産集計2016年度上半期

2016年度上半期報倒産件数は4059件、リーマン・ショック後で最少 負債総額は6756億200万円、2000年度以降最小を記録主要ポイント■2016年度上半期の倒産件数は4059件(前年同期4217件、前年同期比3.7%減)と、7年連続で前年同期を下回り、リーマン・ショック後最少を更新。負債総額は6756億200万円(前年同期8485億8700万円)と、半期ベースでは2000年度以降最小■業種別に見ると、7業種中4業種で前年同期を下回った■「チャイナリスク関連倒産」は56件(前年同期41件)判

2016年4月14日東京商工リサーチフィードバック数:0社会/政治

2015年度(平成27年度)の全国企業倒産8,684件

件数が8,684件 年度としては25年ぶりの9,000件割れ 2015年度(2015年4月-2016年3月)の全国企業倒産(負債総額1,000万円以上)は8,684件、負債総額が2兆358億4,300万円だった。は、前年度比9.0%減(859件減)。年度としては7年連続で前年を下回り、1990年度(7,157件)以来、25年ぶりに9,000件を割り込んだ。要因としては、金融機関が中小企業のリスケ要請に柔軟に応じるなどの金融支援効果や、大手輸出企業を中心とした業績拡大に牽引される形での景気の底上げ

2016年4月11日ゆこゆこフィードバック数:0大型消費/投資

2015年 シニア層の国内旅行動向調査

【リリース】2015年 シニア層の国内旅行動向調査2016年4月1日ゆこゆこシニア調査レポートシニア向け宿泊予約サービスを提供する株式会社ゆこゆこ(本社:東京都中央区、代表取締役社長:萩原浩二)は、50~60代男女877人を対象に、国内旅行動向調査を実施いたしました。ゆこゆこでは、2010年から同内容の調査を実施し、シニア層の国内旅行動向の経年変化を追ってまいりました。2015年の調査では、以下のような結果がみられました。■旅行回数・宿泊日数増加。昨年の消費増税による落ち込みから回復傾向一回当た

2015年6月30日国土交通省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

建設工事受注動態統計調査(大手50社 平成27年5月分)について

建設工事受注動態統計調査(大手50社 平成27年5月分)について 平成27年6月30日 民間工事は、サービス業、不動産業、電気・ガス・熱供給・水道業等が増加したため、対前年同月比10.2%増加し、7ヶ月連続増加した。総計は、同7.4%減少し、2ヶ月連続減少した。 お問い合わせ先国土交通省総合政策局情報政策課建設経済統計調査室統計調整係  TEL:03-5253-8111 (内線28-611,28-613) PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Acrobat Rea

2015年4月27日マイナビ★フィードバック数:0キャリアとスキル

マイナビの調査です。

2015年マイナビ新入社員意識調査

ご覧になりたい「カテゴリー」と「年別ニュース」を選択すると、ソート表示することができます。カテゴリを選択年度を選択 2015年度の新入社員は、「社会人生活への期待」が4年連続減少し、調査開始以来初めて「仕事よりもプライベート優先」が5割を超える株式会社マイナビ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:中川信行)は、2015年4月入社の新入社員を対象とした『2015年マイナビ新入社員意識調査』を発表しました。本調査は、マイナビ実施の新入社員研修に参加した各企業の新入社員2,786名にアンケートを実施

2015年4月8日東京商工リサーチフィードバック数:0ビジネス

2014年度(平成26年度)の全国企業倒産9,543件

件数が9,543件 年度としては24年ぶりの1万件割れ 2014年度(2014年4月~2015年3月)の全国企業倒産(負債総額1,000万円以上)は9,543件、負債総額が1兆8,686億500万円だった。は、前年度比9.4%減(993件減)。年度としては6年連続で前年を下回り、1990年度(7,157件)以来、24年ぶりに1万件を割り込んだ。要因としては、金融機関が中小企業のリスケ要請に応じていることや、消費税率引き上げに対応して景気対策として実施された公共事業の前倒し発注の効果などが挙げられ

2014年12月21日国土交通省フィードバック数:0大型消費/投資

旅行・観光消費動向調査 平成26年7-9月期(速報)~国内旅行による消費額は前年同期比で2期連続減少~

旅行・観光消費動向調査 平成26年7-9月期(速報)~国内旅行による消費額は前年同期比で2期連続減少~ 最終更新日:2014年12月19日●平成26年7-9月期の日本人国内旅行の動向(速報)○国内旅行消費額は5.7兆で、前年同期比11.2%減。○国内旅行消費額のうち、宿泊旅行消費額が4.3兆円で、前年同期比13.3%減、日帰り旅行消費額が1.4兆円で、前年同期比3.6%減となった。観光庁観光戦略課 森(内線27-211)観光戦略課調査室 山本、岸本、紺野(内線27-219、27-215、27-2

2014年8月10日東京商工リサーチフィードバック数:0ビジネス

2014年7月の全国企業倒産882件 建設業倒産は今年最多

2014年7月の全国企業倒産882件 建設業倒産は今年最多倒産件数882件で3カ月連続減少 建設業倒産は今年最多 2014年(平成26年)7月度の全国企業倒産は、件数(負債額1,000万円以上)が882件、負債総額は1,294億9,200万円だった。は前年同月比13.9%減、3カ月連続で前年同月を下回った。また、7月度に1,000件を割ったのは1991年(874件)以来で、低水準に推移した。ただし、月次推移をみると、2013年12月(750件)を底にして減少傾向の下げ止まりが窺え、今後の推移が注

2014年7月9日東京商工リサーチフィードバック数:0ビジネス

2014年6月の全国企業倒産865件 建設業倒産が増加に転じる

2014年6月の全国企業倒産865件 建設業倒産が増加に転じる倒産件数865件で2カ月連続減少 建設業倒産は28カ月ぶりに前年同月を上回る 2014年(平成26年)6月度の全国企業倒産は、件数(負債額1,000万円以上)が865件、負債総額は1,920億3,700万円だった。は前年同月比3.5%減(32件減)。2カ月連続で前年同月を下回った。6月度としては過去20年間で最少だった。ただし、月次推移をみると、2013年12月(750件)を底にして減少傾向の下げ止まりも窺え、今後の推移が注目される。

2014年6月13日東京商工リサーチフィードバック数:0社会/政治

国内112銀行 リスク管理債権合計 3年ぶりに減少

国内112銀行 リスク管理債権合計 3年ぶりに減少 公開日付:2014.06.12 国内112銀行の2014年3月期の決算が出揃った。金融機関の不良債権を表す「リスク管理債権合計」は9兆7,002億円で、前年同期より13.8%減少し、3年ぶりに減少に転じた。また08年3月期以降、7年間で金額は最少となり、10兆円を下回った。業態別では、大手行(前年同期比20.8%減)、地方銀行(同8.1%減)、第二地銀(同11.2%減)の全業態で減少した。大手行は大企業への貸出が多く、業績改善や大型倒産の減少に

2014年6月5日住友不動産販売フィードバック数:0大型消費/投資

首都圏・近畿圏 不動産流通市場動向 2013年度(4月-3月)

新築マンション市場 2013年度(13年4月~14年3月)(Vol.118)- 不動産コラム 【Vol.118】 新築マンション市場 2013年度(13年4月~14年3月)Ⅰ.首都圏新築マンション市場 2013年度(13年4月~14年3月)2013年度の首都圏供給戸数は5万5243戸(前年度比+18.2%)。アベノミクスによる景気回復、および消費税増税前の駆け込み需要により、4年連続の増加となりました。5万戸を超える供給数は2007年度(5万8112戸)以来です。平均価格については5008万円(

2014年5月12日東京商工リサーチフィードバック数:0ビジネス

2014年4月の全国企業倒産914件 18カ月ぶりに前年同月を上回る

2014年4月の全国企業倒産914件 18カ月ぶりに前年同月を上回る倒産件数が前年同月比1.6%増 18カ月ぶりに前年同月を上回る 2014年(平成26年)4月度の全国企業倒産は、件数(負債額1,000万円以上)が914件、負債総額は1,410億8,700万円だった。は前年同月比1.6%増(15件増)で、2012年10月以来18カ月ぶりに前年同月を上回った。連続減少期間は過去5番目の17カ月でストップした。。ただし、4月度としては1995年以降の過去20年間では、2013年(899件)に次いで2

2014年4月8日東京商工リサーチフィードバック数:0ビジネス

2013年度(平成25年度)[2013.4-2014.3] 全国企業倒産状況

2013年度(平成25年度)の全国企業倒産1万536件件数が1万536件 年度としては23年ぶりに1万1,000件を下回る 2013年度(2013年4月~2014年3月)全国企業倒産件数(負債額1,000万円以上)は、1万536件、負債総額は2兆7,749億9,200万円だった。は、前年度比10.0%減(1,183件減)。年度としては5年連続の減少で、1990年度(7,157件)以来、23年ぶりに1万1,000件を下回る低水準になった。要因としては、「中小企業金融円滑化法」の期限切れに伴い実施さ

2014年4月8日東京商工リサーチフィードバック数:0ビジネス

2014年3月の全国企業倒産814件

倒産件数 3月としては1991年以来の低水準、17カ月連続で前年同月を下回る 2014年(平成26年)3月度の全国企業倒産は、件数(負債額1,000万円以上)が814件、負債総額は1,169億9,700万円だった。は前年同月比12.3%減(115件減)で、 3月度ではバブル期の1991年(772件)以来、23年ぶりに900件を下回った。前年同月比の減少は過去5番目の17カ月連続に延びた(過去最長は1985年1月-90年9月の69カ月連続減少、同4番目は2009年8月-11年4月の21カ月連続減少

2014年3月10日東京商工リサーチフィードバック数:0ビジネス

2014年2月の全国企業倒産782件

倒産件数 2月としては23年ぶり低水準、16カ月連続で前年同月を下回る 2014年(平成26年)2月度の全国企業倒産は、件数(負債額1,000万円以上)が782件、負債総額は1,161億9,500万円だった。。は、前年同月比14.6%減で、前年同月比の減少期間は過去6番目の16カ月連続に延びた(過去最長は1985年1月-90年9月の69カ月連続減少、過去5番目は1977年12月-79年4月の17カ月連続減少)。2月としてはバブル期の1991年(677件)以来、23年ぶりに900件を下回った。企業

2014年2月11日東京商工リサーチフィードバック数:0ビジネス

月次(全国企業倒産状況) 2014年1月の全国企業倒産864件

倒産件数が1月としては1991年以来の低水準 15カ月連続で前年同月を下回る 2014年(平成26年)1月度の全国企業倒産は、件数(負債額1,000万円以上)が864件、負債総額は3,151億4,900万円だった。は、前年同月比7.4%減(70件減)で、前年同月比の減少期間は、過去6番目の15カ月連続に延びた(過去最長は1985年1月-90年9月の69カ月連続減少、過去5番目は1977年12月-79年4月の17カ月連続減少)。また、1月度としてはバブル景気時の1991年(645件)以来23年ぶり

2014年1月14日東京商工リサーチフィードバック数:0ビジネス

2013年12月の全国企業倒産

倒産件数が月次としては22年9カ月ぶりに800件を下回る 2013年(平成25年)12月度の全国企業倒産は、件数(負債額1,000万円以上)が750件、負債総額は1,343億7,700万円だった。は、前年同月比15.7%減で、前年同月比の減少期間は、過去6番目の14カ月連続に延びた(過去最長は1985年1月-90年9月の69カ月連続減少、過去5番目は1977年12月-79年4月の17カ月連続減少)。また、月次件数が800件を下回ったのは、1991年3月(772件)以来の22年9カ月ぶりのことで、

2013年12月19日森ビル★フィードバック数:0ビジネス

オフィス需要についてのアンケートです。

2013年 東京23区オフィスニーズに関する調査

2013年12月18日森ビル株式会社 2013年 東京23区オフィスニーズに関する調査森ビル株式会社(東京都港区 代表取締役社長 辻 慎吾)は、オフィスマーケットの需要動向を把握することを目的に2003年より毎年「東京23区オフィスニーズに関する調査」を実施しております。当調査は、東京23区に本社が立地する企業で、資本金上位の1万社を対象に、今後の新規賃借予定等のオフィス需要に関するアンケートを行なっており、この度、2013年調査がまとまりましたので、結果をご報告致します。■ 新規賃借理由で5年

2013年12月9日東京商工リサーチフィードバック数:0ビジネス

2013年11月の全国企業倒産 862件 13カ月連続減少

倒産件数11月度では20年間で最少の862件、連続減少は13カ月連続で過去6番目 2013年(平成25年)11月度の全国企業倒産は、件数(負債額1,000万円以上)が862件、負債総額は1,378億8,400万円だった。 前年同月比10.5%減で、11月度としては1990年(633件)以来の低水準。また、前年同月比の減少期間は13カ月連続に延び、過去6番目の長さになった(過去最長は1985年1月-90年9月の69カ月連続減少、過去5番目は1977年12月-79年4月の17カ月連続減少)。企業倒産

2013年12月2日東京都★フィードバック数:0ライフスタイル

東京都の調査です。

都民生活に関する世論調査

「都民生活に関する世論調査」結果平成25年11月28日生活文化局 この度「都民生活に関する世論調査」(平成25年8月実施)の結果がまとまりましたので、お知らせします。この調査は、都民の日常生活にかかわる意識や、都政に何を望んでいるかなどを把握し、今後の都政運営に役立てることを目的として毎年実施しています。また、今回は随時テーマとして「あなたがイメージする東京の都市像」について調査しました。調査結果のポイント毎年テーマ都政への要望−「防災対策」が53%で3年連続第1位(昨年より2ポイント減)−第2

2013年11月12日東京商工リサーチフィードバック数:0ビジネス

2013年10月の全国企業倒産 959件 12カ月連続減少

(負債総額1,000万円以上の倒産を集計、%は小数点2位以下切捨)倒産件数は12カ月連続減 「円滑化法」関連が過去2番目の51件2013年(平成25年)10月度の全国企業倒産件数(負債額1,000万円以上)は959件、負債総額が1,553億4,500万円だった。 は、前年同月比7.3%減で、12カ月連続で前年同月を下回った。10月度としては、1991年以降のバブル崩壊後の23年間では最少になった。企業倒産は、4月以降も中小企業金融円滑化法の終了前の水準が続く中小企業のリスケ要請に金融機関が応じて

毎月勤労統計13年8月 ~2ヶ月連続の前年比減と、依然厳しい所得環境

毎月勤労統計13年8月 ~2ヶ月連続の前年比減と、依然厳しい所得環境 | ニッセイ基礎研究所 毎月勤労統計13年8月 ~2ヶ月連続の前年比減と、依然厳しい所得環境 押久保 直也基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・現金給与総額は前年比で2ヶ月連続減少・常用雇用者数は緩やかな増加基調が続く10月1日に厚生労働省から発表された2013年8月の毎月勤労統計によると、8月

2013年7月3日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0キャリアとスキル

毎月勤労統計13年5月 ~まだ遠い賃金の本格的な回復

毎月勤労統計13年5月 ~まだ遠い賃金の本格的な回復 | ニッセイ基礎研究所 毎月勤労統計13年5月 ~まだ遠い賃金の本格的な回復 押久保 直也基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・現金給与総額は2ヶ月連続で前年比横ばい・常用雇用者数は緩やかな増加基調が続く7月2日に厚生労働省から発表された2013年5月の毎月勤労統計によると、5月の現金給与総額は前年比0.0%(

2012年7月9日東京商工リサーチフィードバック数:6ビジネス

2012年(平成24年)上半期(1-6月) 全国企業倒産状況

企業情報、信用調査など与信管理をサポートする東京商工リサーチ 2012年(平成24年)上半期(1-6月) 全国企業倒産状況(負債総額1,000万円以上の倒産を集計、%は小数点2位以下切捨) 倒産件数が前年同期比3.2%減の6,311件 上半期としては3年連続減少 2012年(平成24年)上半期(1月-6月)の全国企業倒産件数(負債額1,000万円以上)は6,311件、負債総額が2兆76億6,700万円となった。 倒産件数は、前年同期比3.2%減で、上半期としては2005年(6,401件)に次

2012年5月2日国土交通省フィードバック数:7製造業/エレクトロニクス

建設工事受注動態統計調査(大手50社 平成24年3月分)

建設工事受注動態統計調査(大手50社 平成24年3月分)について 平成24年4月27日民間工事は、電気・ガス・熱供給・水道業、卸売業、小売業等が増加したが、サービス業、不動産業等が減少したため、対前年同月比9.6%減少し、2ヶ月連続減少した。 総計は、前年同月比0.3%減少し、2ヶ月連続減少した。 平成24年4月27日公表の「建設工事受注動態統計調査報告」(大手50社調査 平成24年3月分)におきまして、集計ミスがありましたため、同年5月11日に訂正いたしました。〔訂正資料〕○ 時系列表○ 

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 

お知らせ