調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 週刊東洋経済

「週刊東洋経済」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2017年3月23日東洋経済新報社フィードバック数:0ビジネス

最高益を久しぶりに更新した会社ランキング

最高益を久しぶりに更新した会社ランキング29期ぶりに最高益を達成したのは? 緒方 欽一『週刊東洋経済』編集部記者。消費者金融業界の業界紙、『週刊エコノミスト』編集部を経て現職。株式や為替などマーケット関連の取材の一方で、仕組み債やデリバティブなどの「危ない金融商品」についても継続取材中。好物はお好み焼きと丸ぼうろ 「何期ぶりの更新となるか」という年数の長さでランキングします(写真 : TOSHI / PIXTA) 最高益とはしばらく無縁だった企業が久々に更新するときは、株式市場の注目度が高

2016年7月19日東洋経済新報社★フィードバック数:0社会/政治

英国EU離脱でも株価上昇!202社ランキング

英国EU離脱でも株価上昇!202社ランキング下がる日経平均を尻目に逆行高した銘柄は? 藤尾 明彦2014年10月からニュース編集部。小売り業界を中心に、『週刊東洋経済』や「東洋経済オンライン」のニュース記事の執筆・編集を担当。『週刊東洋経済』、『株式ウイークリー』の編集を経験。健康オタクでランニングが趣味 Brexitの余波で日経平均は急落に見舞われたが、個別では株価が上昇している銘柄もある(撮影:今井康一) 英国のEU離脱(Brexit)に、日本を含む世界の金融市場が動揺した。離脱派の勝

2016年5月11日東洋経済新報社フィードバック数:0ビジネス

要注意!業績下方修正"常習犯"ランキング

要注意!業績下方修正"常習犯"ランキング3年で8回も約束を破った会社は? 藤尾 明彦2014年10月からニュース編集部。小売り業界を中心に、『週刊東洋経済』や「東洋経済オンライン」のニュース記事の執筆・編集を担当。『週刊東洋経済』、『株式ウイークリー』の編集を経験。健康オタクでランニングが趣味 業績の下方修正は株価下落に直結する。決算説明会での経営陣の表情は厳しい(撮影:梅谷秀司) 3月決算企業の本決算発表が4月下旬から本格化する。上場企業は、経常利益や純利益の前期実績、あるいは直前に公表

2015年1月4日東洋経済新報社★フィードバック数:0大型消費/投資

東洋経済のランキングです。

2014年「株価上昇率」ランキング、トップ300

2014年「株価上昇率」ランキング、トップ300600%以上株価が上がった会社はどこ? 藤尾 明彦2014年10月からニュース編集部。小売り業界を中心に、『週刊東洋経済』や「東洋経済オンライン」のニュース記事の執筆・編集を担当。『週刊東洋経済』、『株式ウイークリー』の編集を経験。健康オタクでランニングが趣味 2014年の国内株式市場は秋までもたついたが、日銀の追加金融緩和で息を吹き返した(写真:Taka / Imasia) 2014年の国内株式市場の売買最終日である大納会(12月30日)の

2014年9月4日ファーストロジックフィードバック数:0大型消費/投資

2014年8月期投資用不動産の市場動向調査

2016.11.14[週刊住宅]全種別で利回り上昇、物件価格下落基調に(物件統計レポート) 2016.11.14[週刊ビル経営]全物件種別で利回りが上昇(物件統計レポート) 2016.11.10[日本経済新聞]投資用集合住宅、10月利回り上昇(物件統計レポート) 2016.10.18[週刊東洋経済]特集記事 不動産投資 勝つ人 負ける人(物件統計レポート) 2016.09.12[全国賃貸住宅新聞]区分価格2ヶ月連続過去最高更新(物件統計レポート) 株式会社ファーストロジック証券コード:60

2013年11月17日東洋経済新報社フィードバック数:0ビジネス

東証の新株価指数から外れた100社

東証の新株価指数から外れた100社この企業が当選し、あの企業は落選した 井下 健悟『週刊東洋経済』編集部記者。食品、自動車、通信、電力、金融業界の担当、「東洋経済オンライン」と『週刊東洋経済』向けの企業記事を編成するニュース編集部を経て現職 「どうしてウチの会社がこの中に入っていないんだ!」――。経営者はこんな不満を口にし、担当者は慌てて東証に理由を問い合わせるのかもしれない。日本取引所グループと傘下の東京証券取引所(以下、JPXグループ)、日本経済新聞社が、新たな「株価指数」の共同開発で合

2013年2月18日東洋経済新報社★フィードバック数:715社会/政治

東大、京大、慶応の順です。

2013年版「大学ランキング」トップ300

2013年版「大学ランキング」トップ300東大が連覇。続くは京大、慶応、豊田工業 ※最新の大学関連ランキングはこちら財政的な基盤を背景に、充実した教育を実践し、就職の実績もある、「本当に強い大学」はどこか――。その問いに答えるべく「週刊東洋経済」が毎年行ってきたのが「独自ランキング日本の大学」だ。今回は、ランキングの対象大学を拡大。掲載大学も300位まで増やしている。対象は、東洋経済が約750の大学に対して2012年8~9月に行ったアンケートに回答し、かつ11年度の財務諸表が入手できた大学。な

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
 

お知らせ