「進歩性」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2015年4月17日特許庁フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

日中韓特許庁における審査実務に関する比較研究

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。 ここから本文です。平成27年12月特許庁 調整課審査基準室日中韓特許審査専門家部会(Joint Experts Group of Patent Examination:JEGPE)は、JPO、KIPO、SIPO間の特許協力を促進する目的で2009年に設立されました。ユーザーが業務上の審査基準を深く理解し、質の高い特許出願書類を準備出来るように、三庁は、特許法

2014年9月10日経済産業研究所フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

発明者へのインセンティブ設計:理論と実証

発明者へのインセンティブ設計:理論と実証長岡 貞男(ファカルティフェロー) /大湾 秀雄(ファカルティフェロー) /大西 宏一郎(大阪工業大学) 概要現在、職務発明制度の改革が議論されており、特許法35条が大幅に改正される見通しとなっている。この結果、各企業が発明者へのインセンティブ制度を設計する自由度は高まると予想される。本稿では、発明への誘因の最適設計という理論的視点および国際的な発明者サーベイを活用した実証的な研究に基づいて、企業の今後の取り組みに参考となると考えられる示唆とデータを

2014年8月3日経済産業研究所★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

発明についての調査です。

発明の科学的源泉-発明者サーベイからの知見-

発明の科学的源泉-発明者サーベイからの知見-概要本研究では、日本の発明者を対象に、その発明の科学的な源泉についてアンケート調査を行った。調査結果によれば、約4分の1の発明において、過去15年程度の間に新たに利用可能となった科学技術文献や研究機器・試料が無ければ、研究開発自体の着想がなかったか、あっても実施が非常に困難であった。また、約3%の発明では大学や国公立研究機関との直接的な連携が、研究開発の実施に必須の役割を果たしていた。全体では約3分の2の発明において、科学的な成果が、発明の着想あるいは

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
 

お知らせ