調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 運用利回り

「運用利回り」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2015年3月9日東京商工リサーチフィードバック数:0ビジネス

2014年3月期決算「主要100信用金庫 総資金利ざや」調査

2014年3月期決算「主要100信用金庫 総資金利ざや」調査 公開日付:2015.03.09 金融機関では銀行は元より、地域に密着した信用金庫でも「総資金利ざや」の縮小に歯止めがかかっていないことがわかった。主要100信用金庫の2014年3月期決算では、過半数の52信金で「総資金利ざや」が前年同期より縮小した。金利低下が続く中、金融機関の貸出競争もあって、本業で収益を上げにくい状況が続いている。本調査は、総資産が上位の主要100信用金庫を対象に、2014年3月期決算での「総資金利ざや」を調査した

2015年1月16日タワーズワトソンフィードバック数:0大型消費/投資

日本の年金の2014年度 推計運用利回り

【年金】日本の年金の2014年度 推計運用利回り~ タワーズワトソン サーベイ・データから ~ 2014年度第3四半期まで(2014年4月~12月)の国内年金基金の推計運用利回りは、弊社集計で 8.4% となりました(第3四半期は3.9%)。第3四半期(2014年10月~12月)は、前四半期に引き続き、国内株式の上昇と円安の進行などにより、資産全体でプラスの結果となりました。推計運用利回りの算出は、約120社が参加している弊社サーベイ・データの直近の資産配分データを基に、市場指数を乗じて行ってい

2014年12月4日大和総研フィードバック数:0大型消費/投資

どうして地域金融機関の再編が進まないのか

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 コンサルティング重点テーマレポート 地域活性化・地方創生 どうして地域金融機関の再編が進まないのか預金金融機関の行動原理と地方創生の課題 2014年12月4日コンサルティング・ソリューション第三部 主任コンサルタント 鈴木 文彦◆預金金融機関の本質は決済機能である。預金、経済活動で生じる資金移動を自行らの決済ネットワークの帳簿上の付け替えで完結するように営業エリアを設定する。仕入・販売の範囲が比較的

中国保険市場の最新動向(10)理財関連商品への投資増加・・・の裏にあるもの

中国保険市場の最新動向(10)理財関連商品への投資増加・・・の裏にあるもの | ニッセイ基礎研究所 中国保険市場の最新動向(10)理財関連商品への投資増加・・・の裏にあるもの 保険研究部 准主任研究員 片山 ゆき中国の保険会社による理財関連商品へ投資が短期間で大幅に増加している。保監会の調査結果によると、2014年6月末において、信託商品に投資をしている保険会社は全体のおよそ6割にあたる78社、投資残高は前年末比のおよそ2倍にあたる2805億元となった。この残高は同期の保険会社の総資産の3%に

2014年9月16日大和総研フィードバック数:0社会/政治

年利2%で運用しても資産は目減りする?

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 年利2%で運用しても資産は目減りする?インフレ下で重要性を増す「非課税」の意義 総務省によると、消費者物価指数(生鮮食品除く総合)は、2013年6月以後、直近2014年7月まで14ヵ月連続で対前年同月比でプラスとなっており、いよいよデフレ脱却が近づいている。デフレの時代が終わりインフレが続くようになると、家計が持っている預貯金の実質的な価値が目減りする、とよく言われる。政府・日銀が目標とする年2%の物

2013年10月8日タワーズワトソンフィードバック数:0社会/政治

日本の年金の2013年度 推計運用利回り

【年金】日本の年金の2013年度 推計運用利回り~ タワーズワトソン サーベイ・データから ~ 2013年度第2四半期まで(2013年4月~9月)の国内年金基金の推計運用利回りは、弊社集計で 4.2% となりました(第2四半期は2.5 %)。第2四半期(2013年7月~9月)は、株式の上昇等により四半期で+2.5%と好調な利回りとなり、年度通期でも+4.2%とプラスの結果となりました。推計運用利回りの算出は、約120社が参加している弊社サーベイ・データの直近の資産配分データを基に、市場指数を乗じ

2013年5月15日東京都フィードバック数:3社会/政治

平成24年度資金管理実績(年間及び第4四半期)

平成24年度資金管理実績(年間及び第4四半期)について平成25年5月14日会計管理局 会計管理局では、平成24年度の年間及び第4四半期(1月1日から3月31日まで)の資金管理実績を取りまとめましたので、お知らせします。1 全体平均残高は上昇したものの、年間の運用利回りが低下したため、運用収入は前年度の約85億円から約13.5億円減少し、約71.5億円となりました。2 内訳(1) 歳計現金等法人二税の増加等により、平均残高は前年度より増加しました。また、利回りについては、横ばいで推移しました。(2

低運用利回りに対する取組み-更なる金融緩和強化の中で、運用者による創意工夫を

低運用利回りに対する取組み-更なる金融緩和強化の中で、運用者による創意工夫を | ニッセイ基礎研究所 低運用利回りに対する取組み-更なる金融緩和強化の中で、運用者による創意工夫を 金融研究部 年金総合リサーチセンター 年金研究部長 德島 勝幸新しい日銀執行部の導入した量的・質的金融緩和を受けて、債券市場では、更なる低金利が進み、同時に、金利水準の変動性が拡大する環境となっている。保険や年金のような、一定の利回りを運用で賄うことが期待されている業態にとっては、低金利の中で十分な利回り獲得を求めら

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
 

お知らせ