「運用資産」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2015年4月16日J.D. Powerフィードバック数:0大型消費/投資海外

2015年米国個人投資フルサービス顧客満足度調査

このサイトはCookieを使用しています。サイトを引き続きご覧になる場合はCookieの使用を許可して下さい。詳しくは“Cookie ポリシー”をご覧下さいX シニア層の投資家には、資産移転の後押しが必須 米国の投資フルサービス満足度、エドワード・ジョーンズとフィデリティ・インベストメンツが1位 ※本報道資料は、日本時間4月9日午前2時に米国で発表された資料を翻訳したものです 米国カリフォルニア州ウェストレイク・ビレッジのCS(顧客満足度)に関する調査・コンサルティングの国

市場データです。

不動産私募ファンドに関する実態調査 2015年1月

不動産私募ファンドに関する実態調査 2015年1月 〜調査結果〜 株式会社三井住友トラスト基礎研究所では、2003年より不動産投資市場調査の一環として、「不動産私募ファンドに関する実態調査」を行っている。本調査は、今回で19回目となり、56社の不動産運用会社から回答を得た。- 調査対象:国内不動産を対象に不動産私募ファンドを組成・運用している不動産運用会社- アンケート送付先数:110社- 回答社数:56社(回収率:50.9%)- 調査時期:2015年1月- 調査方法:郵送およびEメールによる調

三井住友トラスト基礎研究所の調査です。

不動産私募ファンドに関する実態調査 2014年7月 ~調査結果~

不動産私募ファンドに関する実態調査 2014年7月 〜調査結果〜 株式会社三井住友トラスト基礎研究所では、2003年より不動産投資市場調査の一環として、「不動産私募ファンドに関する実態調査」を行っている。本調査は、今回で18回目となり、56社の不動産運用会社から回答を得た。- 調査対象:国内不動産を対象に不動産私募ファンドを組成・運用している不動産運用会社- アンケート送付先数:111社- 回答社数:56社(回収率:50.5%)- 調査時期:2014年7月- 調査方法:郵送およびEメールによる調

2013年4月15日大和総研フィードバック数:4社会/政治

大株主になりつつある公的機関

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 日本銀行(以下、日銀)は2013年4月の金融政策決定会合においてETFの買入れ拡大を決定した。保有残高を年間約1兆円に相当するペースで増加するよう買入れを行うことで、2012年末には約1.5兆円であった保有残高は、2014年末までに約3.5兆円になる見込みである。金融政策とは別に、日銀は過去に買入れた国内株式を約1.2兆円(2012年9月末簿価)保有している(図表参照)。金融政策の一環として行われるE

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
 

お知らせ