「運輸業」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2017年8月17日東京商工リサーチフィードバック数:0ビジネス

2017年7月の全国企業倒産714件

倒産件数が714件 2カ月ぶりの増加で一進一退の推移が続く 2017年(平成29年)7月度の全国企業倒産(負債額1,000万円以上)は、件数が714件、負債総額は1,098億8,500万円だった。は、前年同月比0.2%増(2件増)で、微増ながら2カ月ぶりに前年同月を上回った。低水準な推移に変わりがない中で、7月としては2011年7月(1,081件)以来6年ぶりに前年を上回った。また、3月以降は前年同月比増加(3月、5月、7月)と減少(4月、6月)を繰り返す一進一退の推移で、倒産減少の「底打ち」を

2017年7月12日日本商工会議所フィードバック数:0キャリアとスキル

人手不足等への対応に関する調査

ニュース「人手不足等への対応に関する調査」集計結果について2017年7月 3日 13:00 日本商工会議所(三村明夫会頭)はこのほど、「人手不足等への対応に関する調査」を取りまとめました。 調査結果では、人員の過不足状況について、全体の6割以上の企業で「不足している」と回答しており、昨年度調査と比較して5ポイント不足の割合が上昇しました。業種別に見ると「宿泊・飲食業」「運輸業」「建設業」で人手不足感が強い結果となりました。 また、今年度は「同一労働同一賃金制度導入の影響」についても調査をしており

2017年4月11日国土交通省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

建設工事受注動態統計調査(大手50社 平成29年2月分)

建設工事受注動態統計調査(大手50社 平成29年2月分)について 平成29年3月31日民間工事は、金融業,保険業、サービス業、運輸業,郵便業等が減少したため、対前年同月比1.5%減少し、 5ヶ月ぶりに減少した。 総計は、同5.7%増加し、3ヶ月連続で増加した。 お問い合わせ先国土交通省総合政策局情報政策課建設経済統計調査室  TEL:03-5253-8111 (内線28-611、28-613) PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Acrobat Readerが必要

2016年12月18日東京商工リサーチフィードバック数:0ビジネス

2016年11月の全国企業倒産693件

倒産件数が693件 11月としては26年ぶりに700件を下回る 2016年(平成28年)11月度の全国企業倒産(負債額1,000万円以上)は、件数が693件、負債総額は5,944億8,400万円だった。は、前年同月比2.5%減(18件減)で、3カ月連続で前年同月を下回った。11月としては1990年(633件)以来、26年ぶりに700件を下回る低水準。依然として、金融機関が中小企業のリスケ要請に対応しているほか、財務内容に改善の兆しがみえる企業への貸出増も影響しているとみられる。一方、は、前年同月

2016年11月8日国土交通省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

建設工事受注動態統計調査(大手50社 平成28年9月分)

建設工事受注動態統計調査(大手50社 平成28年9月分)について 平成28年10月31日 民間工事は、不動産業、運輸業,郵便業、卸売業,小売業等が減少したため、対前年同月比9.2%減少し、先月の増加から再び減少した。総計は、同16.3%増加し、2ヶ月連続で増加した。 お問い合わせ先国土交通省総合政策局情報政策課建設経済統計調査室  TEL:03-5253-8111 (内線28-611、28-613) PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Acrobat Reader

2016年8月8日国土交通省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

建設工事受注動態統計調査(大手50社 平成28年6月分)

建設工事受注動態統計調査(大手50社 平成28年6月分)について 平成28年7月29日民間工事は、製造業、運輸業,郵便業、不動産業等が増加したため、対前年同月比1.9%増加し、2ヶ月連続で増加した。総計は、同2.4%減少し、先月の増加から再び減少した。 お問い合わせ先国土交通省総合政策局情報政策課建設経済統計調査室  TEL:03-5253-8111 (内線28-611、28-613) PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Acrobat Readerが必要です。左

2016年7月6日国土交通省フィードバック数:0社会/政治

建設工事受注動態統計調査(大手50社 平成28年5月分)について

建設工事受注動態統計調査(大手50社 平成28年5月分)について 平成28年6月30日 民間工事は、卸売業,小売業、不動産業、運輸業,郵便業等が増加したため、対前年同月比51.9%増加し、先月の減少から再び増加した。総計は、同34.5%増加し、先月の減少から再び増加した。 国土交通省総合政策局情報政策課建設経済統計調査室  TEL:(03)5253-8111 (内線28-611,28-613) PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Acrobat Readerが必要

2016年7月5日日本商工会議所★★フィードバック数:0キャリアとスキル

人手不足等への対応に関する調査

日商ニュース「人手不足等への対応に関する調査結果」について2016年6月29日 11:35日本商工会議所(三村明夫会頭)はこのほど、「人手不足等への対応に関する調査結果」を取りまとめました。 毎年、「最低賃金引き上げの影響に関する調査」を行っており、その付帯調査として、昨年に引き続き人手不足等についての影響を把握するために、全国の調査結果では、人員の過不足状況について、全体の半数以上の企業で「不足している」と回答しており、昨年調査と比較して5ポイント以上不足の割合が上昇しました。業種別に見ると「

2016年5月11日国土交通省フィードバック数:0社会/政治

建設工事受注動態統計調査(大手50社 平成27年度計)

建設工事受注動態統計調査(大手50社 平成27年度計)について 平成28年4月28日 民間工事は、不動産業、製造業、運輸業,郵便業等が増加したため、前年度 比7.9%増加し、5年連続で増加した。総計は、前年度比0.9%減少し、5年ぶりに減少した。 お問い合わせ先国土交通省総合政策局情報政策課建設経済統計調査室統計調整係  TEL:(03)5253-8111 (内線28-611、28-613) PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Acrobat Readerが必要で

2016年2月11日産業能率大学★フィードバック数:0ビジネス

2016年の中小企業の経営施策

学校法人産業能率大学(東京都世田谷区)は、中小企業(※)の経営者を対象に経営環境認識や経営方針・施策などを尋ねる調査を実施した。調査はインターネット調査会社を通じて実施し、従業員数6人以上300人以下の企業経営者(経営トップ)731人から回答を得た。 結果概要経営活動に影響しそうな要因 「人材の不足」今年(2016年)の経営活動に大きな影響を与えると想定される要因を複数回答で尋ねたところ、「人材の不足」が最も多く34.7%となった。業種別に見ると、運輸業(58.8%)、飲食店・宿泊業(47.1

2015年11月5日国土交通省フィードバック数:0社会/政治

建設工事受注動態統計調査(大手50社 平成27年9月分)

建設工事受注動態統計調査(大手50社 平成27年9月分)について 平成27年10月30日 民間工事は、不動産業、運輸業,郵便業、サービス業等が増加したため、対前年同月比13.4%増加し、11ヶ月連続増加した。総計は、同6.7%増加し、3ヶ月ぶりに増加した。 国土交通省総合政策局情報政策課建設経済統計調査室統計調整係  TEL:(03)5253-8111 (内線28-611,28-613) PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Acrobat Readerが必要です。

2015年9月30日東京商工リサーチフィードバック数:0ビジネス

「第一中央汽船グループ国内取引状況」調査

「第一中央汽船グループ国内取引状況」調査 公開日付:2015.09.29 第一中央汽船(株)(TSR企業コード:291084648、東証1部、東京都中央区)が9月29日、東京地裁に民事再生法の適用を申請した。負債総額は1,196億800万円(保証債務含む)で、海運業者の倒産としては、2012年7月の三光汽船(株)(TSR企業コード:290448557、東京都港区、会社更生法、負債総額1,558億円)に次ぐ、歴代3番目の大型倒産となった。今回、東京商工リサーチは、保有する国内最大級の企業データベー

2015年8月27日日本商工会議所フィードバック数:0キャリアとスキル

人手不足への対応に関する調査

調査・研究「人手不足への対応に関する調査結果」について2015年8月27日 09:55日本商工会議所(三村明夫会頭)はこのほど、「人手不足への対応に関する調査結果」を取りまとめました。毎年6月に「最低賃金引き上げの影響に関する調査」を行っており、今年度は人手不足についての影響を把握するために、全国の2,625事業者にヒアリング調査を行いました。人員の過不足状況については、全体の半数以上の企業で「不足している」と回答しています。業種別に見ると「介護・看護」「運輸業」「建設業」で人手不足感が強く、ま

2015年8月11日東京商工リサーチフィードバック数:0社会/政治

2014年「全国新設法人動向」調査

公開日付:2015.08.10 2014年の1年間に全国で新しく設立された法人(新設法人)は11万9,552社で、5年連続で増加した。地区別では復興需要が一巡した東北を除く8地区で前年を上回った。産業別では、公共事業拡大、株高、不動産市場の活況などを背景に、建設業、金融・保険業、不動産業などの伸びが目立ったのに対し、円安に伴う燃料高が影響した運輸業は唯一前年を下回った。本調査は、東京商工リサーチの企業データベース(対象398万社)から、2014年に新しく設立された法人データを抽出し、分析した。 

2015年6月7日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

第8回「円安関連倒産」の動向調査

2015/6/5第8回 「円安関連倒産」の動向調査円安倒産、17カ月連続の前年同月比増加〜 12年半ぶりの125円台突破で、今後のさらなる増加を懸念 〜はじめに6月2日の円相場は一時、約12年半ぶりに1ドル=125円台となり、5月下旬から10日あまりで5円も円安が進んだ。3日以降、こうした急激な動きは一服しているが、短期間で急速に円相場が変動したことで、昨年末から続く円安の影響を受けた関連倒産のさらなる増加が懸念される。帝国データバンクは、2013年1月から2015年5月までの倒産企業(負債10

2015年6月4日東京都フィードバック数:0ビジネス

第3次産業活動指数・全産業活動指数(27年3月分)

「東京都第3次産業活動指数」「東京都全産業活動指数」(平成27年3月分)平成27年6月3日総務局 都内の第3次産業及び産業全体の活動状況を総合的にとらえることを目的とした「東京都第3次産業活動指数」及び「東京都全産業活動指数」の平成27年3月分を公表します。平成27年3月の動向は、以下のとおりです。第3次産業活動指数(平成17年平均=100.0) 第3次産業活動指数は前年同月比1.5%の上昇 3月の第3次産業活動指数は、前年同月比で1.5%上昇し、120.6となった。上昇した業種(大分類) 運輸

2015年5月8日東京都フィードバック数:0ビジネス

第3次産業活動指数・全産業活動指数(27年2月分)

「東京都第3次産業活動指数」「東京都全産業活動指数」(平成27年2月分)平成27年5月7日総務局 都内の第3次産業及び産業全体の活動状況を総合的にとらえることを目的とした「東京都第3次産業活動指数」及び「東京都全産業活動指数」の平成27年2月分を公表します。平成27年2月の動向は、以下のとおりです。第3次産業活動指数(平成17年平均=100.0) 第3次産業活動指数は前年同月比4.1%の上昇 2月の第3次産業活動指数は、前年同月比で4.1%上昇し、102.1となった。上昇した業種(大分類) 運輸

2015年5月1日国土交通省★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

年度のまとめです。

建設工事受注動態統計調査(大手50社 平成26年度計)

建設工事受注動態統計調査(大手50社 平成26年度計)について 平成27年4月30日 民間工事は、不動産業、製造業、運輸業,郵便業等が増加したため、前年度 比4.8%増加し、4年連続で増加した。総計は、前年度比8.2%増加し、4年連続で増加した。 お問い合わせ先国土交通省総合政策局情報政策課建設経済統計調査室統計調整係  TEL:(03)5253-8111 (内線内線28-611、28-613) PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Acrobat Readerが必

2015年4月9日日本自動車工業会★★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

市場調査です。

2014年度普通トラック市場動向調査

ニュースリリース- 2015年04月09日2014年度普通トラック市場動向調査について一般社団法人 日本自動車工業会(会長:池 史彦)は、2014年度に実施した『普通トラック市場動向調査』の結果をまとめた。この調査は、普通トラックの保有・購入・使用実態、輸送ニーズの変化と対応や、物流を取巻く市場環境の変化を時系列的に捉え、隔年でアンケートを実施しているものである。今回はユーザー・荷主双方の視点により実施し、また以下の把握も併せて行った。燃料費の節減への取り組みドライバー確保状況と今後の見込み安全

2015年4月8日東京都フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

第3次産業活動指数・全産業活動指数(27年1月分)

第3次産業活動指数・全産業活動指数(27年1月分)平成27年4月6日総務局 都内の第3次産業及び産業全体の活動状況を総合的にとらえることを目的とした「東京都第3次産業活動指数」及び「東京都全産業活動指数」の平成27年1月分を公表します。平成27年1月の動向は、以下のとおりです。第3次産業活動指数(平成17年平均=100.0) 第3次産業活動指数は前年同月比2.0%の上昇 1月の第3次産業活動指数は、前年同月比で2.0%上昇し、101.6となった。上昇した業種(大分類) 運輸業,郵便業、医療,福祉

2015年4月1日国土交通省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

建設工事受注動態統計調査(大手50社 平成27年2月分)について

建設工事受注動態統計調査(大手50社 平成27年2月分)について 平成27年3月31日 民間工事は、サービス業、不動産業、運輸業,郵便業等が増加したため、対前年同月比49.6%増加し、4ヶ月連続増加した。総計は、同1.0%増加し、5ヶ月連続増加した。 お問い合わせ先国土交通省総合政策局情報政策課建設経済統計調査室統計調整係  TEL:(03)5253-8111 (内線28-611,28-613) PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Acrobat Readerが必

2015年3月20日日本政策金融公庫フィードバック数:0社会/政治

全国小企業月次動向調査(2015年2月実績、3月見通し)

ニュースリリース2 0 1 5 年 3 月 1 9 日株式会社日本政策金融公庫総合研究所全国小企業月次動向調査(2015年2月実績、3月見通し)[概況] 小企業の売上 DI は、マイナス幅が縮小~製造業、非製造業ともにマイナス幅が縮小 ~」1 売 上2015 年 2 月の売 上 DI は、1 月(▲19.7)からマイナス幅が 11.1 ポイント縮小し、▲8.6 となった。3 月の見通 しは、▲18.8(DIは前年同月 比の数値 。昨年 3 月の DI はプラス 4.0)。業種別にみると、製造 業

2015年2月20日日本政策金融公庫フィードバック数:0社会/政治

全国小企業月次動向調査(2015年1月実績、2月見通し)

ニュースリリース2 0 1 5 年 2 月 1 9 日株式会社日本政策金融公庫総合研究所全国小企業月次動向調査(2015年1月実績、2月見通し)[概況] 小企業の売上 DI は、マイナス幅が拡大~2 月はマイナス幅が縮小する見通し~」1 売 上2015 年 1 月の売上 DI は、2014 年 12 月(▲13.0)からマイナス幅が 6.7 ポイント拡大し、▲19.7 となった。2 月は、▲16.0 とマイナス幅が縮小する見通しとなっている。業種別にみると、製造業 (▲15.0→▲8.7)ではマ

2015年1月29日大分県フィードバック数:0キャリアとスキル

平成26年年末一時金状況(最終)

平成26年 年末一時金要求・回答・妥結状況(最終)  平成26年 年末一時金要求・回答・妥結状況の最終集計(12月25日現在)がまとまりましたので、お知らせします。  12月25日現在、調査対象174事業所のうち要求を把握できたのは127事業所で、全体の73.0%である。そのうち妥結した事業所は127事業所で、要求を把握できた事業所の100%である。〔表1〕なお、前年同期では、174事業所のうち要求を把握できたのは152事業所(87.3%)。そのうち妥結を把握できた事業所は149事業所(85.6

2015年1月22日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

国内主要111行の業種別貸出金残高調査

2015/1/22国内主要111行の業種別貸出金残高調査「情報通信業」向けの増加が顕著に 〜 建設業向け融資は大手銀、地銀、第二地銀すべてで減少 〜はじめに地方の活性化、人口減少に歯止めをかけることなどを目的として、安倍政権下で進められている地方創生。今後の具体的な取り組みに伴い、新規参入分野・市場動向とともに、それぞれの事業を支援する立場となる各金融機関の動向も注目される。 帝国データバンクは、国内主要111行(大手銀行7行(※1)、地方銀行64行、第二地方銀行40行(※2))の2014年9月

2015年1月8日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

第3回:「円安関連倒産」の動向調査

2015年1月7日特別企画 : 第3回 : 「円安関連倒産」の動向調査 2014年は前年の2.7倍に急増〜 12月は4カ月連続で最多、全国46都道府県で判明、円高倒産の4倍 〜 1月5日の円相場は一時1ドル=120円台後半をつけるなど、昨年末以降、120円前後で推移。今年もさらに円安が進むとの見方もあるなか、食品関係を中心に各種商品で値上げの動きがはじまっている。しかし、こうした価格転嫁ができるのは一部の大企業のみ。ギリギリの経営を続ける中小・零細企業にとっては、円安による一段の収益悪化が“

2014年12月25日大分県フィードバック数:0キャリアとスキル

平成26年年末一時金状況(第一回)

平成26年 年末一時金要求・回答・妥結状況(最終)  平成26年 年末一時金要求・回答・妥結状況の最終集計(12月25日現在)がまとまりましたので、お知らせします。  12月25日現在、調査対象174事業所のうち要求を把握できたのは127事業所で、全体の73.0%である。そのうち妥結した事業所は127事業所で、要求を把握できた事業所の100%である。〔表1〕なお、前年同期では、174事業所のうち要求を把握できたのは152事業所(87.3%)。そのうち妥結を把握できた事業所は149事業所(85.6

2014年12月16日日本政策金融公庫フィードバック数:0社会/政治

全国小企業月次動向調査(2014年11月実績、12月見通し)

ニュースリリース2 0 1 4 年 1 2 月 1 5 日株式会社日本政策金融公庫総合研究所全国小企業月次動向調査(2014年11月実績、12月見通し)[概況] 小企業の売上 DI は、製造業、非製造業ともにマイナス幅が拡大~12 月はマイナス幅が縮小する見通し~」1 売 上2014 年 11 月 の売上 DI は、10 月(▲10.7)から 8.1 ポイントマイナス幅が拡大 し、▲18.8 となった。12 月は、▲13.5 とマイナス幅 が縮 小する見通 しとなっている。業種 別にみると、製

2014年9月17日日本政策金融公庫フィードバック数:0社会/政治

全国小企業月次動向調査(2014年8月実績、9月見通し)

ニュースリリース2 0 1 4 年 9 月 1 6 日株式会社日本政策金融公庫総合研究所全国小企業月次動向調査(2014年8月実績、9月見通し)[概況] 小企業の売上 DI は、マイナス幅が拡大~9 月はマイナス幅が縮小する見通し~」1 売 上2014 年 8 月の売 上 DI(全 業種 計 、季 節 調整 値)は、7 月(▲13.7)からマイナス幅が 4.6 ポイント拡大 し、▲18.3 となった。9 月は、▲7.1 とマイナス幅が縮 小する見 通 しとなっている。業 種 別にみると、製 造業

2014年8月22日日本政策金融公庫フィードバック数:0社会/政治

全国小企業月次動向調査(2014年7月実績、8月見通し)

ニュースリリース2 0 1 4 年 8 月 2 1 日株式会社日本政策金融公庫総合研究所全国小企業月次動向調査(2014年7月実績、8月見通し)[概況] 小企業の売上 DI は、実績、見通しともにマイナス幅が縮小」1 売 上2014 年 7 月の売上 DI(全業種計、季節調整値)は、6 月(▲17.0)からマイナス幅が 3.3 ポイント縮小 し、▲13.7 となった。8 月は、▲13.2 とさらにマイナス幅が縮小する見通しとなっている。業種別にみると、製造業はほぼ横ばい(▲11.2→▲11.4)

2014年8月1日国土交通省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

建設工事受注動態統計調査(大手50社 平成26年6月分)

建設工事受注動態統計調査(大手50社 平成26年6月分)について 平成26年7月31日 民間工事は、運輸業,郵便業、製造業、情報通信業等が増加したため、対前年同月比3.6%増加し、2ヶ月ぶりに増加した。総計は、同9.3%増加し、3ヶ月連続増加した。 お問い合わせ先国土交通省総合政策局情報政策課建設経済統計調査室統計調整係 TEL:(03)5253-8111 (内線28-611,28-613) PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Acrobat Readerが必要で

2014年5月22日日本政策金融公庫フィードバック数:0社会/政治

全国小企業月次動向調査(2014年4月実績、5月見通し)

ニュースリリース2 0 1 4 年 5 月 2 1 日株式会社日本政策金融公庫総合研究所全国小企業月次動向調査(2014年4月実績、5月見通し)[概況] 小企業の売上 DI はマイナスに~前回調査の「4 月見通し」からはマイナス幅が大幅に縮小 ~」1 売 上2014 年 4 月の売 上 DI(全 業種 計 、季 節 調整 値)は、3 月(4.0)から 18.7 ポイント低 下し、▲14.7 となった。低下 幅は過 去3 番目 の大 きさだが、前回 調 査における 4 月 の見 通し(▲26.4)

2014年4月30日国土交通省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

建設工事受注動態統計調査(大手50社 平成26年3月分)

建設工事受注動態統計調査(大手50社 平成26年3月分)について 平成26年4月30日 民間工事は、電気・ガス・熱供給・水道業、運輸業,郵便業が増加したがサービス業、不動産業、製造業等が減少したため、対前年同月比27.4%減少し、2ヶ月連続で減少した。総計は、前年同月比8.8%減少し、12ヶ月ぶりに減少した。 お問い合わせ先国土交通省総合政策局 情報政策課 建設経済統計調査室 統計調整係  TEL:(03)5253-8111 (内線28-611、28-613) PDF形式のファイルを

2014年4月16日東京都★フィードバック数:0キャリアとスキル

中小企業の給与や労働の状況です。

平成25年「中小企業の賃金事情」調査

平成25年「中小企業の賃金事情」調査結果がまとまりました平成26年4月15日産業労働局 東京都では、中小企業における賃金制度を整備・充実するため、中小企業労使の方等に御活用いただく資料として、毎年、都内中小企業(従業員10〜299人)における賃金等の実態を調査しています。このたび、平成25年の調査結果がまとまりました。今年は、毎年調査している「賃金」「賞与」等に加え、隔年調査項目として「労働時間」「休日・休暇」の状況をお知らせします。調査結果の概要所定時間内賃金は334,535円、所定時間外賃金

2014年4月1日国土交通省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

建設工事受注動態統計調査(大手50社 平成26年2月分)

建設工事受注動態統計調査(大手50社 平成26年2月分)について 平成26年3月31日民間工事は、製造業、電気・ガス・熱供給・水道業、情報通信業等が増加したが、サービス業、不動産業、運輸業,郵便業等が減少したため、対前年同月比18.4%減少し、2ヶ月ぶりに減少した。 総計は、前年同月比12.3%増加し、11ヶ月連続で増加した。 お問い合わせ先国土交通省総合政策局情報政策課建設統計室統計調整係  TEL:(03)5253-8111 (内線28613) PDF形式のファイルをご覧いただく

2014年3月3日国土交通省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

建設工事受注動態統計調査(大手50社 平成26年1月分)

建設工事受注動態統計調査(大手50社 平成26年1月分)について 平成26年2月28日民間工事は、不動産業、鉱業,採石業,砂利採取業,建設業、金融業,保険業等が減少したが、運輸業,郵便業、サービス業、製造業等が増加したため、対前年同月比6.2%増加し、3ヶ月ぶりに増加した。 総計は、前年同月比15.2%増加し、10ヶ月連続で増加した。 お問い合わせ先国土交通省総合政策局情報政策課建設統計室統計調整係  TEL:(03)5253-8111 (内線28613) PDF形式のファイルをご覧

2014年2月3日国土交通省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

建設工事受注動態統計調査(大手50社 平成25年12月分)

建設工事受注動態統計調査(大手50社 平成25年12月分)について 平成26年1月31日民間工事は、不動産業、運輸業,郵便業、電気・ガス・熱供給・水道業等が増加したが、サービス業、卸売業,小売業、鉱業,採石業,砂利採取業,建設業等が減少したため、対前年同月比3.5%減少し、2ヶ月連続で減少した。 総計は、前年同月比4.9%増加し、9ヶ月連続で増加した。 お問い合わせ先国土交通省総合政策局情報政策課建設統計室統計調整係  TEL:(03)5253-8111 (内線28613) PDF形

2014年2月3日国土交通省★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

年間のまとめです。

建設工事受注動態統計調査(大手50社調査 平成25年計)

建設工事受注動態統計調査(大手50社調査 平成25年計)について 平成26年1月31日民間工事は、サービス業、運輸業,郵便業等が増加したため、 前年比20.5%増加し、4年連続増加した。 総計は、前年比20.1%増加し、4年連続増加した。 お問い合わせ先国土交通省総合政策局情報政策課建設統計室  TEL:(03)5253-8111 (内線28613) PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Acrobat Readerが必要です。左のアイコンをクリックしてAdobe

2014年1月29日日本政策金融公庫フィードバック数:0社会/政治

全国小企業月次動向調査結果(2013年12月実績、2014年1月見通し)

ニュースリリース2 0 1 4 年 1 月 2 8 日株式会社日本政策金融公庫総合研究所全国小企業月次動向調査(2013年12月実績、2014年1月見通し)[概況] 小企業の売上 DI は、5 カ月ぶりにマイナス幅が拡大~製造業ではプラスに転じるも、非製造業では 3 カ月ぶりにマイナス幅が拡大~1 売 上2013 年 12 月の売上 DI(全業種計、季節調整値)は、11 月(▲4.4)からマイナス幅が拡大し、▲8.6 となった。マイナス幅の拡大は 5 カ月ぶりである。2014 年 1 月は、▲5

2013年12月27日国土交通省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

建設工事受注動態統計調査(大手50社 平成25年11月分)

建設工事受注動態統計調査(大手50社 平成25年11月分)について 平成25年12月26日民間工事は、情報通信業、金融業,保険業、運輸業,郵便業等が増加したが、不動産業、サービス業、卸売業,小売業等が減少したため、対前年同月比14.7%減少し、8ヶ月ぶりに減少した。 総計は、前年同月比2.2%増加し、8ヶ月連続で増加した。 お問い合わせ先国土交通省総合政策局情報政策課建設統計室統計調整係  TEL:(03)5253-8111 (内線28613) PDF形式のファイルをご覧いただくため

2013年12月9日東京商工リサーチフィードバック数:0ビジネス

「金融円滑化法」関連倒産 11月は29件

公開日付:2013.12.09 2013年11月の「中小企業金融円滑化法」に基づく貸付条件変更後の倒産は29件だった。全体の倒産が抑制されていることを反映して、3カ月ぶりに30件を割り込んだが、前年同月比では14カ月にわたり増加が続いている。2013年1-11月累計は、433件(前年同期230件)で、前年同期より約9割増で推移している。11月の負債総額 3カ月ぶりに前年同月比減少  11月の負債総額は91億7,700万円(前年同月比67.6%減)で、3カ月ぶりに前年同月を下回った。内訳は、100

2013年10月1日国土交通省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

建設工事受注動態統計調査(大手50社 平成25年8月分)

建設工事受注動態統計調査(大手50社 平成25年8月分)について 平成25年9月30日民間工事は、不動産業、卸売業,小売業、鉱業,採石業,砂利採取業,建設業等が減少したが、金融業,保険業、サービス業、運輸業,郵便業等が増加したため、対前年同月比23.0%増加し、5ヶ月連続で増加した。 総計は、前年同月比21.4%増加し、5ヶ月連続で増加した。 お問い合わせ先国土交通省総合政策局情報政策課建設統計室統計調整係  TEL:(03)5253-8111 (内線28613) PDF形式のファイ

2013年9月2日国土交通省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

建設工事受注動態統計調査(大手50社 平成25年7月分)

建設工事受注動態統計調査(大手50社 平成25年7月分)について 平成25年8月30日民間工事は、情報通信業、製造業、不動産業等が減少したが、サービス業、卸売業,小売業、運輸業,郵便業等が増加したため、対前年同月比1.6%増加し、4ヶ月連続で増加した。 総計は、前年同月比13.7%増加し、4ヶ月連続で増加した。 お問い合わせ先国土交通省総合政策局情報政策課建設統計室統計調整係  TEL:(03)5253-8111 (内線28613) PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Ado

2013年8月1日国土交通省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

建設工事受注動態統計調査(大手50社 平成25年6月分)

建設工事受注動態統計調査(大手50社 平成25年6月分)について 平成25年7月31日民間工事は、製造業、情報通信業、卸売業,小売業等が減少したが、サービス業、電気・ガス・熱供給・水道業、運輸業,郵便業等が増加したため、対前年同月比12.4%増加し、3ヶ月連続で増加した。 総計は、前年同月比21.9%増加し、3ヶ月連続で増加した。 お問い合わせ先国土交通省総合政策局情報政策課建設統計室統計調整係  TEL:(03)5253-8111 (内線28613) PDF形式のファイルをご覧いた

2013年7月9日東京商工リサーチフィードバック数:4ビジネス

2011年度の倒産発生率0.40% 3年連続で前年水準を下回る

2011年度の倒産発生率0.40% 3年連続で前年水準を下回る 公開日付:2013.07.082013年6月公表の国税庁統計年報(平成23年度版)に基づく普通法人の2011年度の全国倒産発生率は0.40%だった。2011年度は東日本大震災が発生したが、リーマン・ショック後の世界同時不況に対応した中小企業金融円滑化法に加え、各種の震災復興支援策などで倒産が抑制された。このため2011年度の普通法人の倒産発生率は、全国平均で0.40%(前年度比0.01ポイント低下)にとどまり、3年連続で前年を下回っ

2013年4月8日東京商工リサーチフィードバック数:7ビジネス

2012年度(平成24年度)[2012.4-2013.3] 全国企業倒産状況

2012年度(平成24年度)の全国企業倒産1万1,719件(負債総額1,000万円以上の倒産を集計、%は小数点2位以下切捨)倒産件数が1万1,719件 年度としては21年ぶりに1万2,000件を下回る2012年度(2012年4月~2013年3月)全国企業倒産件数(負債額1,000万円以上)は、1万1,719件、負債総額は3兆757億1,000万円となった。 は、前年度比7.7%減。年度としては4年連続の減少で、1991年度(1万1,557件)以来、21年ぶりに1万2,000件を下回る低水準となっ

2013年4月1日国土交通省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

建設工事受注動態統計調査(大手50社 平成25年2月分)

建設工事受注動態統計調査(大手50社 平成25年2月分)について 平成25年3月29日民間工事は、運輸業,郵便業、電気・ガス・熱供給・水道業、製造業等が減少したが、サービス業、不動産業、金融業,保険業等が増加したため、対前年同月比18.7%増加し、2ヶ月ぶりに増加した。 総計は、前年同月比16.3%増加し、2ヶ月ぶりに増加した。 お問い合わせ先国土交通省総合政策局情報政策課建設統計室統計調整係  TEL:(03)5253-8111 (内線28613) PDF形式のファイルをご覧いただ

2013年2月8日東京商工リサーチフィードバック数:7ビジネス

2013年(平成25年)1月度 全国企業倒産状況

(負債総額1,000万円以上の倒産を集計、%は小数点2位以下切捨)倒産件数が1月としては過去20年間で最少 「金融円滑化法」関連倒産が25件2013年(平成25年)1月度の全国企業倒産件数(負債額1,000万円以上)は934件、負債総額が2,246億1,500万円だった。倒産件数は、前年同月比5.1%減で3カ月連続で前年同月を下回った。また、1月としては、1994年以降の過去20年間では、1999年(976件)を下回り最少件数となった。依然として「中小企業金融円滑化法」などの各種金融支援効果倒産

2013年1月16日東京商工リサーチフィードバック数:18ビジネス

2012年(平成24年)[1-12月] 全国企業倒産状況

(負債総額1,000万円以上の倒産を集計、%は小数点2位以下切捨)件数が過去20年間で最少の1万2,124件 円滑化法などの金融支援で抑制続く2012年(平成24年)の全国企業倒産(負債総額1,000万円以上)は1万2,124件、負債総額が3兆8,345億6,300万円となった。倒産件数は、前年比4.7%減。4年連続で前年を下回り、1993年以降の過去20年間で最少件数となり、水準としては戦後34番目だった。減少要因としては、「中小企業金融円滑化法」や「セーフティネット保証(5号)」、「東日本大

2012年12月28日国土交通省フィードバック数:6製造業/エレクトロニクス

建設工事受注動態統計調査(大手50社 平成24年11月分)

建設工事受注動態統計調査(大手50社 平成24年11月分)について 平成24年12月27日民間工事は、運輸業,郵便業、情報通信業、製造業等で減少したが、不動産業、電気・ガス・熱供給・水道業、卸売業,小売業等が増加したため、対前年同月比7.9%増加し、2ヶ月ぶりに増加した。 総計は、前年同月比2.1%減少し、2ヶ月連続で減少した。 お問い合わせ先国土交通省総合政策局情報政策課建設統計室統計調整係  TEL:(03)5253-8111 (内線28613) PDF形式のファイルをご覧いただ

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
 

特集データ

特集INDEXへ

お知らせ