調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 過剰流動性

「過剰流動性」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2015年6月1日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

米国金融政策の出口に向けた課題と展望

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 米国金融政策の出口に向けた課題と展望『大和総研調査季報』 2015年春季号(Vol.18)掲載 FRB(連邦準備制度理事会)による量的緩和の第3弾であるQE3は、2014年10月に終了した。FRBは市場にショックを与えないよう、FOMC(連邦公開市場委員会)の声明文を徐々に修正し、利上げに向けた環境整備を進めている。米国の労働市場の改善は進み、残る賃金上昇などの課題はばらつきがあって、さらなる改善には

2014年1月31日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

ステルス緩和の功罪 ~資金吸収オペの目標未達でECBは量的緩和に近づく~

EU Trendsステルス緩和の功罪発表日:2014年1月30日(木)~資金吸収オペの目標未達でECBは量的緩和に近づく~第一生命経済研究所 経済調査部主席エコノミスト 田中 理03-5221-4527◇ SMPの不胎化失敗と3ヶ月物オペの利用拡大で、過剰流動性の縮小は一服が続きそうだ。FRBによるQE追加減額決定もユーロ圏の短期金融市場への影響は皆無。EONIA金利は落ち着きを取り戻しており、追加緩和の引き金となる「短期金融市場の正当化できない引き締まり」は起きていない。◇ 31日発表のユーロ

2014年1月23日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

過剰流動性の縮小は一服しよう ~定例オペの利用増加が流動性縮小の安全弁~

過剰流動性の縮小は一服しよう ~定例オペの利用増加が流動性縮小の安全弁~

2013年12月18日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

銀行の包括査定とユーロ高圧力 ~評価対象の年末に向けてLTRO返済や資産圧縮が活発化~

EU Trends銀行の包括査定とユーロ高圧力発表日:2013年12月17日(火)~評価対象の年末に向けてLTRO返済や資産圧縮が活発化~第一生命経済研究所 経済調査部主席エコノミスト 田中 理03-5221-4527◇ EONIA金利が再び上昇傾向にある。ECBが銀行の包括査定で国債保有のリスク評価を厳格化する可能性が意識され、LTROの繰り上げ返済額が増加している。年内最後となる来週の前倒し返済では、さらに多くの銀行が手を挙げることも予想される。ECBの過剰流動性は目先一段と縮小する可能性が

2013年9月9日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

ECBは過剰流動性縮小による金利上昇を警戒 ~必要に応じて適切な行動をとる~

EU TrendsECBは過剰流動性縮小による金利上昇を警戒発表日:2013年9月6日(金)~必要に応じて適切な行動をとる~第一生命経済研究所 経済調査部主席エコノミスト 田中 理03-5221-4527◇ ECBは政策金利を据え置いた。声明文はハト派色の強い内容。先行きの景気のリスクが下振れ方向、物価のリスクが中立方向にあるとの従来の判断を踏襲。ECBスタッフ見通しも、2013年の成長率を上方修正する一方、2014年を下方修正した。足許の景気指標の改善は予想の範疇で、低金利の長期継続を約束する

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
 

お知らせ