調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 過剰流動性

「過剰流動性」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2015年6月1日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

米国金融政策の出口に向けた課題と展望

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 米国金融政策の出口に向けた課題と展望『大和総研調査季報』 2015年春季号(Vol.18)掲載 FRB(連邦準備制度理事会)による量的緩和の第3弾であるQE3は、2014年10月に終了した。FRBは市場にショックを与えないよう、FOMC(連邦公開市場委員会)の声明文を徐々に修正し、利上げに向けた環境整備を進めている。米国の労働市場の改善は進み、残る賃金上昇などの課題はばらつきがあって、さらなる改善には

2014年4月18日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

ステルス量的緩和再び ~1月末以来のSMPの完全不胎化失敗~

EU Trendsステルス量的緩和再び発表日:2014年4月16日(水)~1月末以来のSMPの完全不胎化失敗~第一生命経済研究所 経済調査部主席エコノミスト 田中 理03-5221-4527◇ 15日に行われたSMPの資金吸収オペでは、1月末以来となる完全不胎化に失敗した。イースター休暇を控え、銀行が手元資金を厚めに確保したことが影響したとみられるが、短期金利の水準が徐々に切り上がっており、市中銀行の資金需給がややタイトになっている可能性もある。◇ 今後も完全不胎化失敗が続いたり、ECBの過剰流

2014年4月1日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

欧州経済指標コメント:3月ユーロ圏消費者物価(速報) ~物価下振れも緩和カードは温存か?~

EU Indicators欧州経済指標コメント:3月ユーロ圏消費者物価(速報)発表日:2014年3月31日(月)~物価下振れも緩和カードは温存か?~第一生命経済研究所 経済調査部主席エコノミスト 田中 理03-5221-4527・ 3月のユーロ圏の消費者物価の速報値(EU統一基準)は前年比+0.5%と前月の同+0.7%から上昇率が一段と鈍化した。ECBが利下げを決断した昨年10月の同+0.7%を下回り、2009年11月(同+0.5%)以来の水準を記録(図表1)。公表済みの内訳は、エネルギー価格が

2014年3月11日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

そして何もやらなかった ~ユーロ高定着で追加緩和が必要に~

EU Trendsそして何もやらなかった発表日:2014年3月7日(金)~ユーロ高定着で追加緩和が必要に~第一生命経済研究所 経済調査部主席エコノミスト 田中 理03-5221-4527◇ 前回2月の会合で追加情報を待って3月に対応の是非を判断するとしたECBは、6日の理事会で結局、追加利下げもSMPの不胎化中止も見送った。ここ数ヶ月のインフレ率はECBの想定を下回っているが、景気指標が全般に上向いており、この程度の物価の下振れであれば中期的な物価安定を脅かすものではないと判断した。◇ ただ、追

2014年1月23日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

過剰流動性の縮小は一服しよう ~定例オペの利用増加が流動性縮小の安全弁~

EU Trends過剰流動性の縮小は一服しよう発表日:2014年1月22日(水)~定例オペの利用増加が流動性縮小の安全弁~第一生命経済研究所 経済調査部主席エコノミスト 田中 理03-5221-4527◇ このところ過剰流動性の急速な縮小を受けEONIAに上昇圧力が及んでいるが、目先は過剰流動性の縮小が一服する可能性が高く、EONIA上昇に歯止めが掛かりそうだ。◇ 22日の定例オペでは先週から差し引き215億ユーロ資金供給額が増加。同日の資金吸収オペではSMPの全額不胎化が出来ず、269億ユーロ

2014年1月22日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

EONIA上昇にどぎまぎ ~追加緩和の決定打にはならず~

EU TrendsEONIA上昇にどぎまぎ発表日:2014年1月20日(月)~追加緩和の決定打にはならず~第一生命経済研究所 経済調査部主席エコノミスト 田中 理03-5221-4527◇ 年明け後に過剰流動性が一段と縮小したことを受け、短期金利に再び上昇圧力が及んでいる。EONIAと主要政策金利が逆転するのは、月末の資金逼迫時を除いて稀。ドラギ総裁が追加緩和の条件に挙げた短期金融市場の正当化できない需給逼迫が生じている懸念がある。◇ このまま短期金利の上昇が定着すれば、主要政策金利の25bps

2013年9月9日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

ECBは過剰流動性縮小による金利上昇を警戒 ~必要に応じて適切な行動をとる~

ECBは過剰流動性縮小による金利上昇を警戒 ~必要に応じて適切な行動をとる~

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
 

お知らせ