「過労死」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2017年3月29日エン・ジャパンフィードバック数:0キャリアとスキル

「過重労働」に関する実態調査

「人」、そして「企業」の縁を考える。人材採用・入社後活躍のエン・ジャパンメニュー エン・ジャパン株式会社TOPニュースリリース「過重労働」に関する実態調査 過去1年間で過労死ライン(月間80時間)を超える 残業をした社員がいた企業は40%。 過重労働防止の取り組みとして多いのは、 「業務分担やフローの見直し」「管理職への教育」「残業の事前申請」。-人事担当者向け 中途採用支援サイト『エン 人事のミカタ』アンケート-「過重労働」に関する実態調査過去1年間で過労死ライン(月間80時間)を超える残業を

2016年10月14日厚生労働省★★フィードバック数:0社会/政治

平成28年版過労死等防止対策白書

平成28年版過労死等防止対策白書(本文) 第3章 過労死等の防止のための対策に関する大綱の策定 第4章 過労死等の防止のための対策の実施状況 PDFファイルを見るためには、Adobe Readerというソフトが必要です。Adobe Readerは無料で配布されていますので、左記のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。 〒100-8916 東京都千代田区霞が関1-2-2 電話:03-5253-1111(代表)Copyright © Ministry of Health, Labo

2015年6月25日厚生労働省★フィードバック数:0キャリアとスキル

労災補償の統計です。

平成26年度「過労死等の労災補償状況」

平成27年6月25日【照会先】労働基準局 補償課 職業病認定対策室室長 西井 裕樹室長補佐 児屋野(こやの)文男(代表番号) 03(5253)1111(内線5569、5573)(直通電話) 03(3502)6750 報道関係者各位平成26年度「過労死等の労災補償状況」を公表 〜精神障害の労災請求件数1,456件、支給決定件数497件、ともに過去最多〜 厚生労働省は25日、平成26年度の「過労死等(※1)の労災補償状況」を取りまとめましたので、公表します。厚生労働省では、過重な仕事が原因で

2009年5月11日産経デジタルフィードバック数:0社会/政治

景気・暮らし インターネットアンケート

総合経済情報サイト:SankeiBizスーパー大手「いなげや」の志木柏町店(埼玉県志木市)でチーフをしていた男性社員=当時(42)=が平成26年6月に脳梗塞で死亡し、28年6月にさいたま労働基準監督署に過労死と認定されていたことを17日、遺族側弁護士が公表した。いなげやでは15年にも別店舗のチーフをしていた20代男性が過労自殺しており、遺族は「過労死は私たちの家族が最後であってほしい」と会社側に慰謝料など1億5千万円と再発防止を求めた。【記事詳細】 フジサンケイビジネスアイから フジサンケイビジ

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
 

お知らせ