「選挙権」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2017年1月13日総務省フィードバック数:0社会/政治

主権者教育等に関する調査及び18歳選挙権に関する意識調査

報道資料主権者教育等に関する調査及び18歳選挙権に関する意識調査の結果 今後の主権者教育推進の参考資料とするため、全国の選挙管理委員会に対して、選挙出前授業などの取組状況について調査を実施し、「主権者教育等に関する調査」をとりまとめました。また、18歳から20歳までの有権者に対して、投票や主権者教育受講の状況などに関してインターネット調査を実施し、「18歳選挙権に関する意識調査」をとりまとめました。これら調査の結果は、今後の主権者教育推進のための資料として活用していくこととします。○主権者教育等

2017年1月13日ライオンフィードバック数:0大型消費/投資

『ストッパ』受験生実態調査

【『ストッパ』受験生実態調査】初めて“選挙権を持つ10代”が受験生に。時事問題対策はバッチリ?ストレスやプレッシャーには弱いが、チャレンジ志向が高い一面も ライオン株式会社(代表取締役社長・濱 逸夫)は、大学受験シーズンに先駆け、受験生実態調査を2015年から継続的に実施しています。2017年は、選挙権が18歳以上に引き下げられて以降初めて、選挙権を持つ受験生が試験に臨みます。新たに選挙権を得た10代の受験生のうち、約9割が投票に行っており、半数以上が「以前と比べてニュースに興味を持つようになっ

2016年5月30日GMOメディアフィードバック数:0社会/政治

プリキャンティーンズラボ 選挙に関する調査

10代女子のhappyを研究する「プリキャンティーンズラボ」 「選挙に関する調査」を実施 〜ティーンの有権者約半数が選挙へ行くことに前向き〜GMOインターネットグループのGMOメディア株式会社(代表取締役社長:森 輝幸 以下、GMOメディア)が運営する、10代の女の子に関する研究機関「プリキャンティーンズラボ()」は、10代の女の子を対象に「選挙に関する調査」を実施いたしました。<調査概要>■ 調査テーマ 選挙に関する調査■ 調査対象10代女子■ 調査期間2016年4月28日〜2016年5月9日

2016年5月10日インテリジェンスフィードバック数:0社会/政治

1000人に聞く18歳選挙権

18歳選挙権は「いいこと」37.0%選挙権は「20歳以上が適正」45.2%2016年6月、選挙権が「20歳以上」から「18歳以上」に引き下げられた改正公職選挙法が施行されます。 全国の18歳から24歳までのバイト経験者1000人に「18歳選挙権」についてを聞いた特別バージョンです!2016年から選挙権が18歳以上に引き下げられました。 このことについてどんな感想を持ちましたか? 直球質問での3択回答では「いいこと」が37.0%で1番の回答数も、全体的にバランスが取れているみたい。男女別で見ると男

2016年5月5日パイプドビッツフィードバック数:0社会/政治

『選挙ポスター』に関する意識調査

2016年7月に実施される予定の参院選に向けて、18歳選挙権や主権者教育、期日前投票所の運用拡大など、投票率向上の取り組みが急ピッチで進められています。有権者が投票先を選ぶ際に重視する情報は、昨年の統一地方選挙の際の政治山調査では「選挙公報」28.1%がもっとも多く、「政策チラシやパンフレット」21.8%、「新聞報道」16.5%、「街頭演説」14.9%、「テレビ報道」14.4%、「選挙ポスター」13.7%と続きました(グラフ1)。 しかし実際には、選挙公報は公示日から1週間ほどで各世帯に届くケー

2016年1月15日ライフメディア★フィードバック数:0マーケティング

どんなときに大人になったと感じましたか?

アンケートモニターとお得情報でお小遣い稼ぎならライフメディア 大人に関するアンケート2016-01-11公開どんなときに大人になったと感じましたか? 今年は1月11日が成人の日。 「おとなになったことを自覚し、みずから生き抜こうとする青年を祝いはげます」ことを趣旨とした、祝日です。 成人式に参加することで、大人になったと自覚した方も多いのではないでしょうか? そこで今回は、大人についてアンケートをしました。 テーマ:大人について有効回答数:1000サンプル調査期間:2015年12月12日 -

18歳・19歳・20歳への意識調査

ニュースリリース『18歳・19歳・20歳への意識調査』 「投票行く」18歳は50.0%、19歳は48.0%、20歳は39.3% カルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社2016年01月06日 18歳選挙権の実施で、今年初めて投票を経験するのは18歳・19歳・20歳に。 ~18歳・19歳・20歳の今、最も悩んでる事は1位:今後の未来、2位:お金、3位:勉強~カルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社は、Tカードを利用している18~20歳の男女601名のT会員を対象に、インターネット上での意識調査

2015年12月15日イーオンフィードバック数:0マーケティング

日本の世相を表す英単語2015

ニュースリリース|インフォメーション|英会話スクール・教室ならAEON イーオン ニュースリリース2015.12.11イーオンの外国人教師が選ぶ「日本の世相を表す英単語2015」「Change」《変化》が初の1位〜日本社会の政治的な“変化”に注目が集まる結果に〜 英会話教室を運営する株式会社イーオン(本社:東京都新宿区、代表取締役:三宅義和、以下「イーオン」)では、同社に在籍中の外国人教師535名を対象に、「2015年の日本の世相を表す英単語」について調査を実施しました。■日本の「変化」を表す「

選挙、参加してる? 働く女性が1票に込める“立派過ぎる”思い

選挙、参加してる? 働く女性が1票に込める“立派過ぎる”思いタグ: 2016年の夏から、選挙権が18歳に引き下げられることが決定しました。投票率の低さが問題になることも多いですが、働く女性たちはどのくらい選挙に関心を持っているのでしょう?そこで「選挙に参加する頻度はどれくらいですか?」と聞いてみたところ、一番多かったのは「必ず参加している」という頼もしい答え。「ほとんど参加している」人と合わせると、働く女性の半数以上が積極的に選挙に参加していることが分かりました。一方、「ほとんど参加したことがな

2015年7月6日パイプドビッツフィードバック数:0社会/政治

若者の政治参加に関する意識調査-未成年から見た『18歳選挙権』

「若者の政治参加に関する意識調査-未成年から見た『18歳選挙権』」を公開|情報資産プラットフォームを活用したソリューション提供のパイプドビッツ2015年7月1日 政治山、「若者の政治参加に関する意識調査-未成年から見た『18歳選挙権』」を公開~ 議員向け「第2回政治山調査レビュー会」の開催も決定 ~ 株式会社パイプドビッツ(本社 東京都港区、代表取締役社長 CEO 佐谷宣昭、証券コード3831、以下「パイプドビッツ」)が運営する、政治・選挙情報サイト「政治山(せいじやま)」は、2015年6月

2015年6月25日エフエム東京フィードバック数:0社会/政治

今、10代のキミに選挙権があったら選挙に行く?

今、10代のキミに選挙権があったら選挙に行く?

2015年2月9日JX通信社フィードバック数:0社会/政治

「18歳選挙権」緊急オンライン調査

プレスリリース弊社が過去に発信したプレスリリースを掲載しています。 未成年者の7割が「選挙に行く」と回答―「18歳選挙権」緊急オンライン調査2015年2月9日 株式会社JX通信社(東京都千代田区/代表取締役 米重 克洋)は、公職選挙法改正で「18歳選挙権」が実現する見込みとなったことを受けて、2月7日・8日の両日、未成年者を対象に緊急のオンライン調査を実施しました。その結果、7割が「選挙に行く」と回答するなど政治への高い関心や重視する政策課題が明らかになりました。未成年者の7割が「選挙に行く

出馬表明乱立、東京都知事選の行方

2月9日に開票される、東京都知事選挙。猪瀬直樹氏の5000万円問題での辞任から端を発し、様々な出馬表明者が名乗りをあげている。メキシコ1カ国分の経済規模をもつと言われるメガ自治体「東京都」。そのトップを決める重要なこの選挙の今を見える化エンジンで分析する。12月14日から1月14日までの1ヶ月間で、「東京都知事選」を含むつぶやきは、112,725件。一緒につぶやかれた名詞をランキングしてみると、ベスト10は下記のようになった。脱原発の日弁連前会長の宇都宮健児氏に関するツイートが1位。続いて2位が

2013年4月25日マイボイスコムフィードバック数:0社会/政治

マイボイスコム 選挙での投票

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへ「選挙のときはほぼ毎回投票する」が6割、「毎回ではないが行くことが多い」が2割。投票に行かない理由は「投票したい候補者がいない」が最も多く「どの政党・政治家でも同じ」「だれに投票したらいいかわからない」「投票に行くのが面倒、時間がない」「自分の一票で政治(生活)が変わるとは思えない」「政治に関心がない」などが続く 投票する政党・候補者決定時の参考情報源は「テレビ番組・CM」「新聞記事・広告」が上位2位、以下「選挙ポスター、街頭ポスター」「テ

2009年6月8日アイシェアフィードバック数:0社会/政治

「選挙権」「税理士資格」はOK!飲酒・喫煙はダメ!~適切だと思う成人年齢「18歳」男性の3割半

もし成人が18歳になったら許されるのはどこまで? 成人年齢に関する意識調査(2回目) 「選挙権」「税理士資格」はOK!飲酒・喫煙はダメ!~適切だと思う成人年齢「18歳」男性の3割半法制審議会が民法の成人年齢(20歳)を18歳に引き下げることが適当だとする最終報告書の原案をまとめ、早ければ来年の通常国会に民法改正案を提出することになると発表されたが、ネットユーザーは成人年齢についてどのように考えているのだろうか。20代から40代の男女に調査を実施し、517名の回答を集計した。以下、問いは仮に成人年

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
 

お知らせ