「避難所」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

ペットのための防災対策に関する調査

2017年02月08日 【ペットのための防災対策に関する調査】 ペットの同行避難、正しく理解できている飼い主は6割に留まる アイペット損害保険株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:山村鉄平)は、犬・猫(以下「ペット」)飼育者の2,214名を対象に、ペットのための防災対策に関する調査を実施しました。 東日本大震災から6年、熊本大地震から1年が経とうとしていますが、防災への意識や関心を高める活動は各地で開催されています。ペット飼育者にとっては、大切なペットの命を守るためにご自身の万が一の備えに加え

2014年8月28日アニコム損害保険フィードバック数:0社会/政治

「ペットのための防災対策」に関する調査

ペット保険の加入は「アニコム損害保険株式会社」 プレスリリース≪報道関係者各位≫ 2014年8月28日アニコム損害保険株式会社ペットの防災対策実施率64.9%、過去5年上昇傾向 ■外出中に被災した場合、自宅にいるペットをケアできるかが一番の不安60.7%■避難所がペットを受入れてくれるかわからない79.0%■被災経験者が回答、「フード・飲み水」「トイレ用品」は常に備蓄を! 9月1日の「防災の日」にちなみ、アニコム損害保険株式会社(代表取締役社長:小森 伸昭)では、契約者に対してインターネットを通

2013年5月7日アイリスオーヤマフィードバック数:2ライフスタイル

地震とペットに関する調査

地震とペットに関する調査 結果発表 アンケート期間:2011年12月6日〜2012年1月19日回答者数(頭数):1,976名対象:アイリスペットどっとコム会員 2011年3月11日に発生した東日本大震災では、人だけではなく、たくさんの犬や猫も被災しました。犬や猫のためにどんな対策が有効だったのか、また地震の時の犬や猫の反応はどうだったのか、アイリスペットどっとコムの会員のみなさんにうかがいました。震災の時に困ったことは何か?などの結果を参考に、ぜひ愛犬・愛猫と『もしも』に備えてください。 Q

2012年3月14日ペットオフィスフィードバック数:35ライフスタイル

ペットと東日本大震災

当ブログ記事へのトラックバック、およびコメント(*コメントの受付は記事掲載より1週間単位で締め切らせていただきます)が反映されるのに、1〜2日程度、時間がかかる場合があります。また、内容が不適切な場合は掲載されない場合もありますので、予めご了承ください。 【アンケート実施期間】2012/1/11(水)〜2/7(火) 有効回答者数:798名(女性535名/男性263名)「ペット総研」では、東日本大震災発生から1年を迎えるにあたり、ペットオーナーのみなさんにご協力いただき「ペットと東日本大震災」に

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 

お知らせ