「郵送調査」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2016年2月23日新潟県フィードバック数:0社会/政治

平成27年度 第7回県民アンケート調査

平成27年度 第7回県民アンケート調査結果 (調査目的)新潟県では「輝いて暮らせる健康長寿の新潟県づくり」を目指して、平成18年に新潟県健康福祉ビジョンを策定し、県民のみなさまが「自分らしい満足度の高い人生」を送ることを目標に、さまざまな施策を推進しています。このアンケートでは、県民のみなさまの「福祉の満足度」を把握し、その結果を今後の取り組みのための基礎資料として活用します。 (調査期間) 平成27年10月28日(水)~11月25日(火) (調査方法) 郵送調査 (調査対象者) 県民アンケート

2015年9月18日大分県フィードバック数:0企業情報システム

「大分県中小企業等IT利活用状況調査」報告書

「大分県中小企業等IT利活用状況調査」報告書 「大分県中小企業等IT利活用状況調査」報告書県内中小企業等のIT利活用状況について正確に把握することにより、IT活用に対する中小企業等の具体的な課題を明確にし、諸政策へ反映させるため、本年度、「大分県中小企業等IT利活用状況調査」を実施しました。【調査対象】県内中小企業(医療法人及び社会福祉法人含む)【調査方法】郵送調査【調査期間】平成27年6月~7月【回収数】384社(回収率50.5%) PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提

2015年4月24日茨城県★フィードバック数:0キャリアとスキル

茨城県の調査です。

男女共同参画社会県民意識調査

ここから本文です。男女共同参画社会県民意識調査茨城県男女共同参画社会県民意識調査の結果について本調査は,男女共同参画に関する県民の意識と実態などを把握し,その結果を広く公表することにより,県民全体の男女共同参画社会への理解と意識の醸成を図るとともに,男女共同参画行政の推進を図るうえで必要な基礎資料を得るため実施しました。調査結果の概要は下記のとおりです。1調査概要(1)調査時期平成27年2月1日から2月20日(20日間)(2)調査対象県内在住の20歳以上の男女計4,000人(男女各2,000人)

2014年5月22日大和総研フィードバック数:0モバイル

スマホの正確な普及率は?

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 関心の高まりを反映してか、最近スマホの普及率の数字をよく見かけるが、いろいろなものがある。どれが正確なのだろうか。最近一番大きく報道されたのは、内閣府「消費動向調査」の54.7%だろうか。しかし、これは二人以上一般世帯が対象の数字である。世帯主が保有していなくても子が保有していれば、保有世帯にカウントされる。また、1,678万の単身世帯を除くのは問題であろう。この調査は本来テレビや洗濯機など世帯全体で

2013年7月7日日本銀行フィードバック数:60社会/政治

生活意識に関するアンケート調査 第54回調査

2 0 1 3 年7 月5 日日本銀行情報サービス局本件の対外公表時刻は7月5日(金) 14時00分「生活意識に関するアンケート調査」(第54回)の結果―― 2013年6月調査 ――<はじめに>日本銀行では、政策・業務運営の参考とするため、本支店や事務所を通じた広報活動のなかで、国民各層の意見や要望を幅広く聴取するよう努めており、その一環として、1993年以降、全国の満20歳以上の個人4,000人を対象に「生活意識に関するアンケート調査」を実施しています。この調査は、日本銀行が別途行っている「企

2013年6月5日中央調査社フィードバック数:81キャリアとスキル

「働き方とライフスタイルの変化に関する全国調査(JLPS)2012」にみる「不安社会」日本と「大人になること」の難しさ

トップページ > 中央調査報 > 「働き方とライフスタイルの変化に関する全国調査(JLPS)2012」にみる「不安社会」日本と「大人になること」の難しさ■「中央調査報(No.667)」より ■ 「働き方とライフスタイルの変化に関する全国調査(JLPS)2012」にみる「不安社会」日本と「大人になること」の難しさ石田浩(東京大学社会科学研究所・教授)有田伸(東京大学社会科学研究所・教授)田辺 俊介(早稲田大学文学学術院・准教授)大島 真夫(東京理科大学理工学部教養・専任講師)東京大学社会科学研究所

2013年1月15日日本銀行★フィードバック数:26社会/政治

定期・継続的に実施されている個人を対象とした景況感調査です。

「生活意識に関するアンケート調査」(第52回)の結果

2013年1月11日日本銀行情報サービス局本件の対外公表時刻は1月11日(金) 14時00分「生活意識に関するアンケート調査」(第52回)の結果―― 2012年12月調査 ――<はじめに>日本銀行では、政策・業務運営の参考とするため、本支店や事務所を通じた広報活動のなかで、国民各層の意見や要望を幅広く聴取するよう努めており、その一環として、1993年以降、全国の満20歳以上の個人4,000人を対象に「生活意識に関するアンケート調査」を実施しています。この調査は、日本銀行が別途行っている「企業短期

2012年7月5日日本銀行★フィードバック数:16社会/政治

日銀による定期調査です。

「生活意識に関するアンケート調査」(第50回)の結果

2 0 1 2 年7 月4 日日本銀行情報サービス局本件の対外公表時刻は7月4日(水) 14時00分「生活意識に関するアンケート調査」(第50回)の結果―― 2012年6月調査 ――<はじめに>日本銀行では、政策・業務運営の参考とするため、本支店や事務所を通じた広報活動のなかで、国民各層の意見や要望を幅広く聴取するよう努めており、その一環として、1993年以降、全国の満20歳以上の個人4,000人を対象に「生活意識に関するアンケート調査」を実施しています。この調査は、日本銀行が別途行っている「企

2012年4月18日D2C★★フィードバック数:111モバイル

スマートフォンの所有状況についてのデータです。

スマートフォン普及動向調査(郵送調査)

プレスリリース 2012.04.18 スマートフォン普及動向調査(郵送調査) 株式会社ディーツー コミュニケーションズ(本社:東京都港区、代表取締役社長:宝珠山 卓志、以下)では、年月、スマートフォンの普及動向に関する調査を実施した。本調査では、より実態に近い普及率を把握するため郵送調査を実施し、全国~歳の一般生活者を対象とし、エリア×性年代別の人口構成比に合わせて回収・集計した。調査結果より、以下のつのポイントを確認した。※本リリースに記載されております「年調査」とは、年月に実施したもので

2011年4月27日D2C★フィードバック数:70モバイル

D2Cによるスマートフォン調査2です。

スマートフォン普及動向調査

プレスリリース 2011.04.27 スマートフォン普及動向調査 株式会社ディーツー コミュニケーションズ(本社:東京都港区、代表取締役社長:宝珠山 卓志、以下D2C)では、2011年1月、スマートフォンの普及動向に関する調査を実施した。より実態に近い普及率を把握するため郵送調査を実施した。全国15~69歳の一般生活者を対象とし、エリア×性年代別の人口構成比に合わせて回収・集計した。調査結果より、以下の3つのポイントを確認した。「スマートフォン普及動向調査」の3つのポイント 【ポイント①】 

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
 

お知らせ