「都市政策」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2015年6月17日国土交通省★フィードバック数:0社会/政治

白書です。

「平成26年度首都圏整備に関する年次報告」(平成27年版首都圏白書)

「平成26年度首都圏整備に関する年次報告」(平成27年版首都圏白書)について 平成27年6月16日 平成27年6月16日(火)、「平成26年度首都圏整備に関する年次報告」(平成27年版首都圏白書)が閣議決定、国会報告されました。首都圏白書は、首都圏整備法(昭和31年法律第83号)第30条の2の規定に基づき、首都圏整備計画の策定及び実施に関する状況について、毎年国会に報告しているものです。概要等については、以下のとおりです。【概要】本白書は、第1章、第2章、資料編という構成になっています。第1章

2015年4月1日国土交通省★フィードバック数:0キャリアとスキル

国交省の調査です。

平成26年度テレワーク人口実態調査

「平成26年度テレワーク人口実態調査」について 平成27年3月31日国土交通省では、情報通信技術(ICT)を活用した場所にとらわれない柔軟な働き方であるテレワークの普及・促進に取り組んでいます。この度、テレワークの実施状況やテレワーカー数の実態について、別紙のとおり調査結果をまとめたので、お知らせします。 ■在宅型テレワーカー数(別紙P5、P6参照)◯約 550万人(前年比約170万人減)◯8.5%(前年比2.6ポイント減)■全労働者数に占める週1日以上終日在宅で就業する雇用型在宅型テレワー

都市政策研究(第16号)

都市政策研究(第16号)公益財団法人福岡アジア都市研究所編集委員副島 広巳 (公財)福岡アジア都市研究所副理事長岡田 允 (公財)福岡アジア都市研究所特別研究員唐 寅(公財)福岡アジア都市研究所主任研究員 博士(教育学)柳 基憲 (公財)福岡アジア都市研究所研究員 博士(人間環境学)査読委員樗木 武 九州大学名誉教授 工学博士野田 順康 (公財)福岡アジア都市研究所顧問 博士(人間環境学) 小川 全夫 (公財)福岡アジア都市研究所特別研究員 博士(文学)表紙には日本気象協会衛星画像を使用していま

2014年6月11日国土交通省★フィードバック数:0社会/政治

白書です。オリンピックもテーマになっています。

「平成25年度首都圏整備に関する年次報告」(首都圏白書)

「平成25年度首都圏整備に関する年次報告」(首都圏白書)について 平成26年6月10日 平成26年6月10日(火)、「平成25年度首都圏整備に関する年次報告」(首都圏白書)が閣議決定、国会報告されました。首都圏白書は、首都圏整備法(昭和31年法律第83号)第30条の2の規定に基づき、首都圏整備計画の策定及び実施に関する状況について、毎年国会に報告しているものです。概要等については、以下のとおりです。【概要】本白書は、第1章、第2章、資料編という構成になっています。第1章では、2020年オリンピ

2013年6月12日国土交通省★フィードバック数:6社会/政治

首都圏とその整備についての白書です。

平成24年度首都圏整備に関する年次報告(首都圏白書)

平成24年度首都圏整備に関する年次報告(首都圏白書)を策定しました。 平成25年6月11日 首都圏白書は、首都圏整備法(昭和31年法律第83号)第30条の2の規定に基づき、首都圏整備計画の策定及び実施に関する状況について、毎年国会に報告しているものです。【概要】本白書は、第1章、第2章、資料編という構成になっています。第1章では、東京圏の人口構成・ライフスタイルの変化に対応した施策のありかたについて記載しています。第2章では、様々な首都圏整備の状況について記載しています。なお、資料編では、人口

2012年6月18日国土交通省★フィードバック数:19社会/政治

国土交通省による首都圏の整備についての報告です。

平成23年度首都圏整備に関する年次報告(首都圏白書)

平成23年度首都圏整備に関する年次報告(首都圏白書)を策定しました 平成24年6月15日首都圏白書は、首都圏整備法(昭和31年法律第83号)第30条の2の規定に基づき、首都圏整備計画の策定及び実施に関する状況について毎年国会に報告しているものです。【概要】本白書は、第1章、第2章、資料編という構成になっています。第1章では、首都圏の経済活力と土地利用の動向について記載しています。第2章では、様々な首都圏整備の状況について記載しています。なお、資料編では、人口・産業・環境・住宅・社会資本整備等に

2012年3月29日国土交通省★フィードバック数:16キャリアとスキル

テレワークについてのまとまった調査結果です。

「平成23年度テレワーク人口実態調査」の調査結果の概要

「平成23年度テレワーク人口実態調査」の調査結果の概要 平成24年3月28日 国土交通省では、この度、テレワークの実施状況やテレワーカーの意識・実態などについて調査した「平成23年度テレワーク人口実態調査」の調査結果の概要をとりまとめました。 今回は、東日本大震災の影響や新しいICTツールの普及等を要因として、狭義テレワーカー率、在宅型テレワーカー数とも、ここ3年の横ばい状態から、大幅に増加しています。 調査結果の主なポイントは、以下のとおりであり、調査結果の概要は別添のとおりです。・ここ3年

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
 

お知らせ